[徹底解説]フジロック2015に行く前に知りたい4つのこと(服装・持ち物等)

サマーソニック、ロック・イン・ジャパンなどと並んで、夏フェスの代表格として知られる大規模ロック・フェス「FUJI ROCK FESTIVAL(フジ・ロック・フェスティバル)」。

フジロック
(出典:INSIDE Japan)

今年も2015/7/24(金)~2015/7/26(日)の3日間の日程で新潟県 湯沢町 苗場スキー場にてフジロック2015が開催されます!

「フー・ファイターズ」や「ミューズ」「椎名林檎」など見逃せないラインナップが次々発表されていて、最終的にどれだけ豪華な出演者が出揃うのか期待感がこみ上げてきますよね。

そこで今回はフジロック2015に行く前に知りたいことを4つのカテゴリーに分けてご紹介させていただきます!是非見ていってくださいね!

フジロック2015 知りたいことその1:会場・アクセス方法

フジロック
(出典 :越後湯沢 Active&Relax)

それではまずフジロック2015の会場となる「新潟県 湯沢町 苗場スキー場」へのアクセスについてご案内させていただきます。

まず電車で行かれる方ですが、上越新幹線「越後湯沢駅」で下車して下さい。フジロック2015開催期間中のみ越後湯沢駅から会場へ向かうための往復シャトルバスが運行していて、フジロック2015のチケットをお持ちの方なら無料で乗車することができます。他には越後湯沢・田代地区、みつまた地区にご宿泊の方も利用可能。駅から会場までの所要時間は約40分となっています。

お車で行かれる場合は関越自動車道「湯沢IC」で降りて国道17号線を利用して会場に向かって下さい。もしくは関越自動車道「月夜野IC」で降りて国道17号線を利用する方法もあります。

特設駐車場ですが、フジロックの入場券とセット売りになっており単体での販売はございませんので、お車で行かれる場合は必ず事前に駐車券をセットで購入しておきましょう。

またフジロックと言えばキャンプ。オートキャンプ場を利用したい時にはムーンキャラバンチケットも一緒に購入しておきましょう。こちらも単体販売はありませんのでご注意下さい。

フジロック2015 知りたいことその2:持ち物

フジロック
(出典 : FUJI ROCK INFO)

ここではフジロック2015に持って行きたい必要な持ち物をご紹介します。

  • チケット

一にも二にもチケットがないと始まりません!フジロックには遠方から行く方も多いと思いますので、自宅から出発する前にはかならずチケットを持っているかどうか確認するようにしましょうね。会場入口ではリストバンドに交換してもらえます。

  • 現金

会場内では食べ物を買ったりグッズを買ったりと、現金が必要な場面が沢山出てくるかと思います。できれば事前に1万円札などは千円札・500円玉・100円玉に両替しておいたほうが、会場内では使い勝手が良いですよ。そして必要以上の大金などは持ち歩かないようにしましょう。

  • 携帯電話・スマホ
  • フジロックの会場は結構な山奥なので、携帯電波はかなり入りにくいという実情がありましたが、最近は改善傾向にある模様です。一緒に行った友人と連絡をとったりするのに役立ちますよね。特にキャンプなどで数日間滞在する方は、モバイルバッテリーなどの充電器を持っていったほうが良いでしょう。

    • タオル

    汗を拭いたり日よけに使ったり、何かと使う機会が多いタオルは必須!会場内ではタワレコなどがタオルを配ったりしているので、それでも良いかもしれません。オフィシャルグッズのタオルを購入して使うのも気分が盛り上がりますよね。

    • 日焼け止め

    やっぱりフジロック2015が開催されるのは7月なので、一日中外にいると日焼けします。場所によっては全く日陰がないエリアもありますし、日焼け止め無しで過ごしてしまうと後日火傷のような症状が出ることも。男性女性問わず塗っておいたほうが良いです。

    • ジップロック

    雨がつきものとなっているフジロックですから、突然の雨にも対応できるジップロックがあると便利です。特に携帯電話などは濡れると壊れてしまうものが多いので、雨が降ったらすぐにジップロックに入れられるように持っておきましょう。

    • 帽子

    晴れていると日中は日差しが強いので、帽子は必ず持って行きましょう。熱中症対策としても必要です。フジロックの場合は、アウトドア用の帽子をかぶっている方が多いです。

    • 腕時計

    お目当てアーティストが出てくるタイムテーブルなどを確認するのに必要です。雨などが降っても大丈夫な、耐水・防水加工がされているものが良いでしょう。

    • サングラス

    山の日差しは強く感じるのでサングラスを持っていきましょう。まぶし過ぎてステージが見られないなんてことにはならないように注意したいですね。

    • レジャーシート・折りたたみ椅子

    雨が降った時に地面に座れなくなってしまうと疲れますので、レジャーシートや小さな折りたたみ椅子などを持って行くと便利です。

    • 虫よけグッズ

    できれば持っていったほうが良いものです。というのもやっぱり会場が山で、時期が夏なので虫が多いため。ヤマダニなどに刺されると痒くて痛いですから、事前に対策しましょう。今はスプレーだけでなくリングタイプなどもありますので、お好きなものを選ぶと良いのではないかと思います。

    • バッグ

    できるだけ小さく身体に密着したもののほうが身軽なので、ウエストポーチやボディバッグなどが適していると思います。リュックなどは周囲の邪魔になってしまうので避けたいですね。事前にバッグ全体に防水スプレーをふりかけておくと、雨対策になります。

    友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。