Fear, and loathing in Las VegasのボーカルのSoの魅力に迫る!

ハードコアのサウンドを軸にトランスなどを導入し、個性的な音楽を聴かせてくれるバンド、Fear, and loathing in Las Vegas

すでに多くのフォロワーを生んでいるバンドとしても有名ですよね。

ここではFear, and loathing in Las Vegasのボーカル・プログラミングを担当するSoをご紹介します。バンドのフロントマンとして活躍するSoの魅力、ぜひ参考にしてくださいね。

Fear, and loathing in Las Vegasのボーカル・So

Fear, and loathing in Las Vegasのボーカル・プログラミングを担当するSo。

誕生日や血液型など詳細なプロフィールは公開されていません。バンドの中ではクリーンボーカルと言われるボーカルを担当しています。

また、Fear, and loathing in Las Vegasのサウンドの要とも言えるプログラミングも担当。あのシーケンスフレーズはSoが作ったものと言っても過言ではありません。

Fear, and loathing in Las Vegasの作品に見る魅力

ここではFear,and Loathing in Las Vegasの作品に出てくる歌詞を引用して、彼らの気持ちを覗いてみましょう。

ご紹介するのは「Just Awake」の歌詞です。Fear,and Loathing in Las Vegasの歌詞はクレジットがバンド名義になっているため、誰がメインで書いているか分かりませんが、ボーカルのSoも加わっているはず。

彼らの憂鬱な時代というのを垣間見れる作品に仕上がっています。

「Just Awake」

こんな日常の憂鬱さえ
ため息も出ずに無感情な僕ら

Fear, and loathing in Las Vegasの「Thunderclap」の動画を見てみよう

ここからはFear,and Loathing in Las Vegasの魅力を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのは「Thunderclap」のミュージックビデオです。ヘヴィなギターリフで幕開ける「Thunderclap」。

スラップなども交えたスタイルがカッコ良いですよね。Auto-TuneをかけたSoのボーカルが楽曲に色を与えています。

Fear, and loathing in Las Vegasの「Swing It!!」の動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、Fear,and Loathing in Las Vegasの「Swing It!!」のミュージックビデオ。

カラフルなシンセサイザーが散りばめられた中、Fear,and Loathing in Las Vegas流のポップスが展開されていきます。SoのAuto-Tuneをかけたボーカル、一度聴くと癖になりますよね。

スクリームとの相性も抜群、まさに彼らにしか出すことができないサウンドと言えるでしょう。

Fear, and loathing in Las Vegasのライブに行こう!

Fear,and Loathing in Las Vegasのボーカル、Soのご紹介、いかがでしたでしょうか。まだプロフィールが明かされていないこともあり謎に包まれているところも魅力があります。チケットキャンプではFear, and loathing in Las Vegasのチケットを取扱中です。勢いに乗る彼らのライブにぜひ行ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。