FAT WRECK CHORDSの所属アーティストと25年の歴史

1990年にメロコアの草分け的存在であったパンク・ロック・バンドNOFXファット・マイクと、当時の妻によって設立されたインディー・レコードレーベル「FAT WRECK CHORDS」。

設立して以来「ラグワゴン」や「レス・ザン・ジェイク」そして「ランシド」などの他、日本の人気が高いパンク・ロックバンド「ハイ・スタンダード」など、実力を持った有名アーティストを数多く輩出したことで知られています。

そんなFAT WRECK CHORDSが今年設立25周年を迎えることを記念し、11/23(月・祝)に幕張メッセにて「FAT WRECKED FOR 25 YEARS ~ FAT WRECK CHORDS 25th Anniversary ~」を開催することになりました!パンク&ロックファンとしては見逃せないイベントになること必至ですよね!そこで今回は、FAT WRECK CHORDSに所属している有名アーティストをピックアップし、25年の輝かしい歴史を振り返っていきたいと思います!

FAT WRECK CHORDS所属アーティストの歴史:NOFX(1990~現在)


(出典:You Tube)

1983年にファット・マイク、エリック・サンディン、エリック・メルヴィンの3人によって結成されメロコアブームの走り的存在であるNOFX。

FAT WRECK CHORDSの創設者であるファット・マイクが所属していることから、FAT WRECK CHORDSの原点であると言っても過言ではありません。

彼らは非常にテンポが良くスピーディーなパンクロックを得意としていて、そこが彼ら最大の魅力であるといって間違いないのではないでしょうか。そのテンションの高い楽曲は、ライブやフェスで大いに盛り上がり観客を楽しませています。日本でも有名なフー・ファイターズ、グリーンデイ、SUM41なども、彼らから影響を受けていますね。

FAT WRECK CHORDS所属アーティストの歴史:Lagwagon(1990~現在)


(出典:You Tube)

アメリカ・カルフォルニア州で1990年に結成され、FAT WRECK CHORDSと一番最初に契約したアーティストであり、看板バンドでもあるパンクロックバンドのラグワゴン。

日本でもPUNKSPRINGなどで来日しており、パンクロックファンの間では否応なしに知られた存在でファンも多いですよね。彼らは初期のハードなパンクロックと違って、近年メロディアスでスピーディーな聴きやすいパンクロックの傾向になってきています。

パンクロックファンの中には「癒やしのパンクロック」と彼らの音楽を評価する人もいるくらいなので、初心者にもオススメしたいバンドですね。

FAT WRECK CHORDS所属アーティストの歴史:Less Than Jake(1992~現在)


(出典:You Tube)

1992年にアメリカで結成されたスカコア・バンドのレス・ザン・ジェイク。

彼らの疾走感溢れるスカコア・パンク・ロックな音楽は、ポップで爽やかで聴いているだけで気持ち良いですよね!パンクとスカの融合というのも珍しいですよね。やっぱり日本でも高い人気を獲得していて、PUNKSPRINGやフジロックなど日本を代表するロックフェスに参加を果たしています。

フジロックで観客が創り上げたサークル・ピットはレス・ザン・ジェイクのメンバーも驚いたそうですし、フジロックの伝説の一部となっていますよね!また来日した際はあのようなサークルが出現するかもしれません。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。