エレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」がNHK Eテレ「みんなのうた」で放送!CD収録曲から放送日、意外な番組とバンドの関係まで!

エレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」の概要や魅力をまとめます!NHK Eテレの音楽番組「みんなのうた」。長年子供たちを中心に愛されてきた「みんなのうた」で、エレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」が放送されることが決定しました。今回は「風と共に」の概要と魅力を紹介するとともに、「みんなのうた」の番組情報もまとめています。番組情報もしっかりチェックして聴き逃さないようにしましょう!

エレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」がNHK Eテレ「みんなのうた」で放送!放送日や宮本浩二さんと「みんなのうた」の関係って?

日本の音楽シーンの中で、ひたすらに自身の道をまっすぐに行くバンド・エレファントカシマシ(エレカシ)

デビューから30周年を迎えてもなお止まることないその姿勢と、悩んだり迷ったりしたとき常に背中を押してくれるパワフルな楽曲たちはいつでもロックファンの心に勇気を与えてくれます。

そんなエレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」がNHK Eテレの番組「みんなのうた」内で放送されることが決定しました!「風と共に」は番組のためにボーカルの宮本浩次さんが書き下ろした新曲です。

今回はエレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」の概要や魅力、「みんなのうた」の番組情報をまとめてみました。

また、7月26日にはエレファントカシマシ(カシマシ)の30周年記念第1弾シングルとなる「風と共に」の発売が決まり、新たに公開されたCDジャケットや収録曲の情報までを詰め込んだ、盛りだくさんな内容でお送りします!

さらに、意外に思える!?宮本浩次さんと「みんなのうた」の意外なつながりについても、ご紹介していきます。

エレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」の概要と「みんなのうた」番組情報

(出典:flickr・王 明源より)

楽曲タイトル

「風と共に」

作詞・作曲

宮本浩次

編曲

宮本浩次
村山☆潤

アニメーション

加藤久仁生

「みんなのうた」番組情報 初回放送月

2017年6月~7月

放送予定

NHK Eテレ
2017年7月14(金)午前10時55分〜
ラジオ第二
2017年7月14日(金)午後11時55分〜

NHK Eテレで放映中の音楽番組「みんなのうた」とは?

「みんなのうた」は、NHK Eテレで1961年にスタートした、5分間の音楽番組です。
「おお牧場はみどり」や「手のひらを太陽に」などの、子供たちが一緒に歌える可愛らしい童謡や唱歌を、たくさん家庭に届けてきました。子どものころ、よく見ていたという方も多いでしょう。

平井堅さんがカバーして国民的大ヒットとなった「大きな古時計」は「みんなのうた」で放送したものを、平井さんが子供時代に聴いたことから始まった、というエピソードもあります。

また、最近では日本を代表する歌姫・宇多田ヒカルさんの「ぼくはくま」や、若い世代を中心として人気を集めるガールズバンドSHISHAMOの「音楽室は秘密基地」など、J-popシーンで活躍するアーティストたちの楽曲も多数放送しており、子供向けだけでなく大人も楽しめる音楽番組となっています

エレファントカシマシ(エレカシ)新曲「風と共に」のCD発売が決定!

30周年を迎え、新たに「みんなのうた」に新曲「風と共に」を書き下ろしたエレファントカシマシ(エレカシ)。6月の放送開始からしばらくCD発売の知らせがなかったものの、このたび7月26日に待望のCD発売が決定しました!!

30周年のアニバーサリーイヤーに発売される、エレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」のCDジャケットをはじめ、収録曲など、CDの概要情報をお伝えしていきます。

発売日

2017年7月26日(水)

収録曲

1.風と共に
2.ベイベー明日は俺の夢
3.風と共に(Instrumental)
4.ベイベー明日は俺の夢(Instrumental)

※初回限定盤にはこのほかに特典として、全12曲のライブCD「~新春ライブ2017セレクション日本武道館~」&「風と共に」ミュージックビデオ収録DVDとなり、3枚組の内容となります。

エレファントカシマシ(エレカシ)のシングル「風と共に」の収録曲には、タイトル曲の「風と共に」だけでなく、新たに書き下ろされた新曲「ベイベー明日は俺の夢」との2曲構成の内容。ファン待望の音源化に加えて、シングルでお目見えする新曲1曲にも期待が集まりますね!

価格

初回限定盤:税抜2,200円
通常盤:税抜1,100円

CDジャケットは加藤久仁生書き下ろし!

「みんなのうた」で一足お先にお披露目されたエレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」。CDジャケットのイラストは「みんなのうた」でアニメーションを担当した、加藤久仁生さんによるもの!

みんなのうた「風と共に」のアニメーションと共にCDジャケットを担当した加藤久仁生さんは、2009年に「つみきのいえ」で第83回カデミー賞短編アニメーション部門を受賞した、アニメーション作家。

シングル「風と共に」のCDジャケットには、みんなのうたのアニメーションでも登場する鳥と風船と共に、上を見上げる少年少女の姿が淡い水彩タッチで描かれています。タイトルから連想されるイラストは、楽曲と合わせて優しく背中を押してくれるCDジャケットに仕上がっていますね。

エレファントカシマシ(エレカシ)の新曲「風と共に」の魅力


(出典:GATAGより)

「風と共に」は、エレファントカシマシ(エレカシ)のボーカルである、宮本浩次さんが自身の半生を振り返って書き下ろした楽曲とのこと。聴く人を励ましてくれるメッセージソングに仕上がっているそうです。

振り返ってみれば、エレファントカシマシ(エレカシ)は決して順風満帆な道のりを歩んできたバンドではありません。反骨精神が強く荒々しかったバンド初期やメジャーから遠のいた時期、移籍や宮本浩次さんの急性感音難聴など、様々な出来事を乗り越えてきました

そんなエレファントカシマシ(エレカシ)だからこそ、人を惹きつける魅力があるのかもしれませんね。新曲「風と共に」でも、そんなエレファントカシマシ(エレカシ)の魅力を感じることができるはずです。

エレファントカシマシ(エレカシ)宮本浩次さんと「みんなのうた」の意外なつながりとは?

30周年を記念したシングル「風と共に」を発売するエレファントカシマシ(エレカシ)。先行してみんなのうたで公開された新曲ですが、実はボーカルの宮本浩次さんと「みんなのうた」には、深いつながりがありました。

エレファントカシマシ(エレカシ)のボーカル・宮本浩次さんは、NHK東京放送児童合唱団に小学校3年生から5年生の期間、入団していました。

合唱団での歌唱力が認められ、実はバンドのデビューよりもかなり早い1976年に「はじめての僕デス」でソロ歌手としてデビューしていました。この歌は、当時「みんなのうた」でも流れており、10万枚のヒットを記録する作品となりました。

現在のロックなスタイルからすると意外な気もしますが、音楽的な才能は、このころから突出していたんですね。

エレファントカシマシ(エレカシ)は、山あり谷ありで辿り着いた30周年

たくさんのロックなエピソードを持つ、エレファントカシマシ(エレカシ)の「みんなのうた」で流れた新曲「風と共に」の情報をまとめてお伝えしました。波乱万丈な道のりを辿ってきたバンド活動も30周年を迎えたエレファントカシマシ(エレカシ)。

宮本浩二さんとつながりのある「みんなのうた」に、新曲「風と共に」を提供するなど、これまでになかった方向の活動もスタートし、バンドは新境地へと向かっています。新曲「風と共に」のCD発売も決定し、デビュー当時から見守ってきたファンにとっても、デビュー30周年への想いはひとしおですよね。

30周年記念シングル「風と共に」をはじめ、2017年もたくさんの名曲を生み出してくれること間違いなしのエレファントカシマシ(エレカシ)から、いっそう目が離せません!

エレファントカシマシ(エレカシ)のオススメ記事はこちら!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。