エレファントカシマシ チケット
もうすぐデビュー25周年!エレファントカシマシがファンを魅了する厳選ライブ動画+最新PV!

2014年にデビュー25周年を迎えるエレファントカシマシは、日本を代表するロックバンドとして多くのファンを魅了しています。1990年から毎年開催されている日比谷野外音楽堂でのエレカシのライブは、ファンの間では定例行事となっています。2012年10月からは、ボーカルの宮本浩次の突然の難聴発症のため、コンサートの開催は無期延期となっていました。しかし、2014年1月に、ファンが待ち望んだ復活ライブが開催されることとなったのです。エレファントカシマシのライブ動画を観て、エレカシの魅力を改めて堪能してみて下さい。

エレファントカシマシライブ動画「悲しみの果て」

「悲しみの果て」は、エレファントカシマシの代表曲のひとつです。エレカシの楽曲は、曲のテンポはもちろんのこと、その歌詞の内容にも心打たれるファンが多いのが特徴です。「悲しみの果て」は、1996年に発表されたエレファントカシマシの10枚目のシングル曲ですが、同じ年に収録内容を変えて再発売されています。「悲しみの果て」のリリースは、エレカシの再デビュー曲となっているのです。その分、エレカシにとっては、思い入れの強い曲となっているようです。エレカシのライブでは、最初にリリースした「悲しみの果て」のカップリング曲「四月の風」も、定番曲として歌われています。「悲しみの果て」は、エレファントカシマシが、大ブレークするきっかけを作った曲と言えるのです。

エレファントカシマシの日比谷音楽堂での定例ライブ動画

エレファントカシマシが1990年から毎年開催している日比谷野外音楽堂でのライブは、ファンにとって待ち遠しいライブ公演です。エレカシのライブで必ず歌われる「風に吹かれて」は、1997年にリリースされたエレカシの16枚目のシングル曲です。ファンなら誰でも知っているエレカシの代表曲ですよね。「風に吹かれて」は、グリコアーモンドチョコや富士フイルムのCF曲としても使われ、ファンならずとも一度は聴いたことのあるメロディです。この曲がかかると、日比谷野外音楽堂に詰め掛けた多くのファンは大いに盛り上がります。日比谷野外音楽堂のエレカシのライブは、エレファントカシマシの魅力を最大限に発揮できる最高のライブなのです。

エレファントカシマシの最新曲「ズレてるほうがいい」

エレファントカシマシの最新曲としては、映画「のぼうの城」の主題歌としてリリースされた「ズレてるほうがいい」があります。「ズレてるほうがいい」は、2012年10月31日に発表されたエレカシの最新曲です。リリース直前には、ライブコンサートの開催の無期延期が発表されたばかりで、ファンにとっては貴重なPV映像となりました。エレカシらしい、力強い演奏が魅力のPVです。この「ズレてるほうがいい」を実際のライブで是非聴きたいものです。

エレファントカシマシのオススメ記事

エレファントカシマシのライブチケットを手に入れるにはチケットキャンプが最適!

待ちに待ったエレファントカシマシのライブチケットを手に入れるには、チケットキャップを利用してみて下さい。リクエスト機能を活用すると、希望通りのライブチケットをすぐに手に入れることができます。入手困難なエレカシのライブチケットを、確実に購入することが可能なのです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。