幕張でLet’sパーリー♪ Electric Zoo beach Tokyo出演者まとめ

Electric Zoo beach Tokyo 1
(出典:IFLYER.tv)

2009年からニューヨークで開催されている世界最大級のEDMフェスティバル「Electric Zoo」の日本版として、今回初めて開催される「Electric Zoo beach Tokyo」。

「Electric Zoo beach Tokyo」は5/6(水)に、千葉・幕張海浜公園特設会場にて開催されます!日本のEDMファンの間では既に大きな話題となっていますので、注目されている方も多いのではないかと思います。

企画・制作・運営はサマソニの運営としても知られるクリエイティブマンプロダクションが行います。そのため、EDMの中でも世界中で知られている出演者の登場を期待できそう。早速第一弾出演アーティストが発表されています!

そこで今回は「Electric Zoo beach Tokyo」の出演者をピックアップして、動画とともにその魅力をご紹介させていただきます

Electric Zoo beach Tokyo出演者その1:STEVE AOKI

Electric Zoo beach Tokyo STEVE AOKI
(出典:EDM STYLE)

マイアミ生まれでカルフォルニア育ちという生粋のクラブ文化の中で、その才能を培ったセレブDJのSTEVE AOKI。長髪とひげが特徴的で、その顔と「AOKI」という名前から想像つくと思いますが、お父さんが日本人の日系アメリカ人です。

彼の激しく挑発的なサウンドとステージングは、彼の名を世界的な地位にまで押し上げ、今や世界的に見ても超有名なDJとして君臨しています。

それではSTEVE AOKIがレイドバック・ルーク、そしてリル・ジョンとタッグを組んで大ヒットを飛ばした「Turbulence」のPVを見ていただきましょう!視覚的にも聴覚的にもとってもアガる一曲になっています!


(出典:YouTube)

Electric Zoo beach Tokyo出演者その2:Cash Cash

Electric Zoo beach Tokyo Cash Cash
(出典:UNIVERSITY PRIMETIME)

2002年から活動をスタートさせたポップ・パンクバンド&ユニットのCash Cash。その独自のエレクトロ・サウンドのクリア感やキャッチーさが聴きやすく人気です。

ごりごりのロックでも、ごりごりのエレクトロでもなく両方が見事に融合して創りだされるCash Cashのサウンドは、ノリもテンポも良く非常にアガる曲が多いですね。

ライブやフェスなのでも引っ張りだこになっていて大人気なので、今回の「Electric Zoo beach Tokyo」でも必見のアーティストとしておすすめしたいところ。

それではCash Cashの代表曲として、彼らのEDM界での知名度をぐっと押し上げた名曲「Michael Jackson (The Beat Goes On)」のPVを御覧ください。


(出典:YouTube)

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。