エゴラッピンのドラマ主題歌に使われた楽曲の魅力について

EGO-WRAPPIN’の2015年初となるワンマンライブの開催決定ということで、ファンのみなさんにとっては待ちに待ったEGO-WRAPPIN’ライブでしょう。最近気になった、もしくは好きだったEGO-WRAPPIN’の活動はなんですか?

原作が大好きなのでいつか実写化をと楽しみにしていた「大川端探偵事務所」がTVドラマになり、主演はオダギリージョー、そして!楽曲はすべてEGO-WRAPPIN’と聞いたときには、完璧だ!という言葉しかなかったです。みなさんもそうですよね。あのドラマ、楽しみましたか?

EGO-WRAPPIN’が楽曲を担当したTVドラマ「大川端探偵事務所」の主題歌について、改めてご紹介したいと思います

エゴラッピン「Neon Sign Stomp」は主題歌に

BRIGHT TIMEをAmazonでチェック!

主演のオダギリジョーのコメントにもあるように、このオープニングは、EGO-WRAPPIN’らしい、妖しく、ムーディーな、最高にかっこいいオープニングで体の芯からゾクゾクするという表現がぴったりの楽曲です。オープニングで出てくるエゴラッピンの映像にもハマりました!

「リバースエッジ 大川端探偵社」の世界にEGO-WRAPPIN’が入りこんだはずなのに、その逆のようにも感じられるくらいのハマリ具合はさすがとしか言いようがありません。

▶︎ BRIGHT TIMEをAmazonでチェック!

エゴラッピン「サニーサイドメロディー」はエンディングに

ま~ったりとしたドラマが終わって、このエンディングになると、今日もイイ内容だった・・・と振り返る時間になっていました。ギターの音がいいんです。ちょっと切なく物悲しい感じがハマります。

このオープニングもエンディングも、少し大人にならないと本当の「良さ」というのはわからないのではないかな~というくらい「哀愁」のようなものを感じますね。「サニーサイドで待っている」っていう歌い出しからたまりません!楽曲もどこか温かみがあっていいのですが、歌詞がさらに惹かれます

時々「濱マイク」を思い出しながら聴いてしまっていました。探偵ドラマといえば・・・といった感じで、残っていく楽曲だなという感じがしましたが、みなさんはどのように感じましたか?

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。