エドシーラン(Ed Sheeran)2017年来日決定♡日本公演を行う2会場の座席をチェック!

2011年のデビュー以来、一躍世界中にその名と楽曲が知れ渡った、イギリスのシンガーソングライターのエドシーラン(Ed Sheeran)。2014年以来の来日が決定しました!2017年10月に日本公演を行うエドシーラン(Ed Sheeran)の概要情報をはじめ、各会場の座席紹介をまとめてお伝えします!2017年の来日は、2014年のプロモーション以来2回目となるエドシーラン(Ed Sheeran)。今後さらなる人気が期待される日本公演なだけに、座席も注目したいところです!

エドシーラン(Ed Sheeran)10月の来日公演に向けて、会場&座席をチェック!

2011年にデビューした、イギリスのシンガーソングライターのエドシーラン(Ed Sheeran)。2016年には最高の音楽賞「グラミー賞」にて最優秀楽曲賞を獲得するなど、世界ではすでに名前を知らない人はいないほどの人気です!

さらにジャスティンビーバーに楽曲提供を行うなど、音楽家としての才能を開花させているエドシーラン(Ed Sheeran)。最新アルバム「÷」を引き下げた2017年の来日公演が10月に決定しています!

ここでは、彼が行うワールドツアー日本公演の日程や会場の概要をはじめ、2会場の座席情報をまとめてご紹介していきます。

エドシーラン(Ed Sheeran)2017年来日公演の概要

トレンドを巻き起こした女性お笑い芸人・ブルゾンちえみの一押しアーティストとしても紹介された、イギリス出身の歌手エドシーラン(Ed Sheeran)。単独での日本公演となる
2017年来日ツアーの日程や会場などの概要をまずはチェックしましょう。

公演名

「Ed Sheeran LIVE IN JAPAN 2017」

公演日程

    【大阪公演】

  • 2017年10月25日(水) 開場18:00/開演19:00予定
    【東京公演】

  • 2017年10月31日(火) 開場18:00/開演19:00予定
  • 2017年11月1日(水) 開場18:00/開演19:00予定

会場

【大阪公演】
大阪城ホール

【東京公演】
日本武道館

価格

  • SS席:税込20,000円
  • S席:税込12,000円
  • A席:税込10,000円
  • B席:税込8,000円

※未就学児入場不可

一般発売日

2017年7月20日(木)10:00開始予定

エドシーラン(Ed Sheeran)2017年来日公演!【大阪公演】会場&座席表は?

単独の日本公演となる、エドシーラン(Ed Sheeran)の2017年来日公演。初日を飾る大阪公演の会場は「大阪城ホール」です。ここでは会場の概要から、座席情報をお伝えしていきます!

会場概要

大阪府大阪市中央区大阪城3-1
TEL:066-941-0345

大阪城の敷地内に位置する会場の大阪城ホール。最寄駅からもアクセスしやすい立地も人気の会場です。

座席表

大阪城ホールは、ステージが設置されている1階にあたるアリーナ席と、2階にあたる全席固定席となるスタンド席の2種類に分かれています。アリーナ部分は通常座席がないため、ステージングによっても座席数やステージの位置が変わります。

エドシーラン(Ed Sheeran)の2017年来日公演での座席表はまだ不明ですが、スタンドの一方側にステージを作るステージパターンBが予想されます。その場合、アリーナ席は4,000人、スタンド席は6,500人程度のキャパシティとなりますね。

アリーナ席について

ステージと同じ場所に席が作られるアリーナ席。ステージパターンによって、近さなどが変化するため、座席の予想が難しい場所ですね。今回ステージパターンBで参考にすると、ステージは西側に設置されるため、東側に近いほどステージへの距離が遠くなります。

アリーナ席の座席は「アリーナ〇ブロック△列◇番」と記載されることがほとんどです。

〇は、アリーナ席を区分けするブロックのこと。過去の公演を参考にすると、横にアルファベットのA~E程度に分けられ、縦に数字の1~6程度に分けられます。
△は、ブロック内の横に分けられる列番号のこと。過去の公演を参考にすると、1ブロックは大体15列程度。番号が小さいほどステージに近くなります。
◇は、列の中での席を表す席番号のこと。過去の公演を参考にすると、1列は大体6~12席程度。番号は小さいほど、列番号が前となります。

スタンド席について

ステージを見下ろすような見え方となるスタンド席。アリーナを取り囲むようにして、楕円形の座席がA~Nまでの14ブロックで構成されています。ステージパターンBで予想をすると、ステージの見切れ席となるIとJ~Mブロックは使用されないことがほとんどです。

スタンド席の座席は「スタンド〇ブロック△列◇番」と記載されることがほとんどです。

〇は、スタンド席を区分けする14のブロックのこと。通常公演では、見切れ席となるIとJ~Mブロック以外のブロックが書かれます。
△は、ブロック内の横に分けられる列番号のこと。1ブロックごとに20~22列で構成されており、13列目からは通路後方の席となります。番号が小さいほどステージに近くなります。
◇は、列の中での席を表す席番号のこと。1列はブロックごとに異なりますが、大体1~48席で構成されています。

エドシーラン(Ed Sheeran)2017年来日公演!【東京公演】会場&座席表は?

単独の日本公演となる、エドシーラン(Ed Sheeran)の2017年来日公演。2日間開催の東京公演の会場は「日本武道館」です。ここでは会場の概要から、座席情報をお伝えしていきます!

会場概要

東京都千代田区北の丸公園2-3
TEL:033‐216‐5100

皇居を望む北の丸公園内にある日本武道館。もともとは剣道や柔道などの武術会場としてオープンしましたが、現在は多くの歌手がライブ開催を目指す会場としてメジャーになりましたね。

座席表

日本武道館は、ステージが設置されている1階にあたるアリーナ席と、2階にあたる全席固定席となるスタンド席の2種類に分かれています。アリーナ部分は通常座席がないため、ステージングによっても座席数やステージの位置が変わります。

エドシーラン(Ed Sheeran)の2017年来日公演での座席表はまだ不明ですが、一般的な公演では、北側にステージをつくるパターンが予想されます。最大で14,000人程度のキャパシティとなりますが、実際のステージングによって異なります。

アリーナ席について

ステージと同じ場所に席が作られるアリーナ席。ステージパターンによって、近さなどが変化するため、座席の予想が難しい場所ですね。通常の公演で使用されるパターンで予想すると、ステージは北側に設置されるため、南側に行くほどステージから遠くなります。

アリーナ席の座席は「アリーナ〇ブロック△列◇番」と記載されることがほとんどです。

〇は、アリーナ席を区分けするブロックのこと。過去の公演を参考にすると、アルファベットの通し番号かアルファベットと数字の組み合わせで表記されることが多く、縦3ブロック・横10ブロック(最後尾は6ブロック)で分けられます。

△は、ブロック内の横に分けられる列番号のこと。過去の公演を参考にすると、1ブロックは大体13列程度。番号が小さいほどステージに近くなります。
◇は、列の中での席を表す席番号のこと。過去の公演を参考にすると、1列は大体8~10席程度。番号は小さいほど、列番号が前となります。

スタンド席について

ステージを見下ろすような見え方となるスタンド席。1階と2階で構成されており、アリーナを取り囲むようにして、円形の座席が東西南北の8ブロックがあります。通常のステージングで予想をすると、ステージの見切れ席となる北の3ブロックは使用されないことがほとんどです。

スタンド席の座席は「スタンド1or2階〇ブロック△列◇番」と記載されることがほとんどです。

〇は、スタンド席を区分けする8つのブロックのこと。東西南北と、北と南をそれぞれ東西に分けた8ブロックで構成されており、通常公演では、見切れ席となる北西・北・北東ブロック以外のブロックが書かれます。
△は、ブロック内の横に分けられる列番号のこと。1階はA~Kで表記された全11列、2階はA~Xで表記された全22列で構成されており、アルファベット順がAに近いほど、ステージが近くなります。
◇は、列の中での席を表す席番号のこと。1列はブロックごとに異なりますが、1階は大体42~48席、2階は49~60番で構成されています。

来日で再注目!エドシーラン(Ed Sheeran)の2017年日本公演の座席紹介

(出典:Photo ACより)

世界中で大ヒットを記録しているイギリスのシンガーソングライターエドシーラン(Ed Sheeran)。2017年の日本公演の座席をまとめてお届けしました。2017年はプロモーション以来で2回目の来日となり、最新アルバムの曲目などの披露が予想されます。

2014年の来日公演以来、約3年ぶりとなる日本公演ですので、ファンの期待も最高潮!東京と大阪の2会場のみのプレミアムな公演は、ぜひ生でエドシーラン(Ed Sheeran)の歌声をチェックするチャンスです♪
参加予定の方は座席をチェックして、ライブに備えましょう!

エドシーラン(Ed Sheeran)のおすすめ記事はこちら!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。