新世代ガレージロックバンド・DYGL(デイグロー)の人気おすすめ曲ランキングTOP5!

若者を中心に大人気のバンド「DYGL(デイグロー)」を皆さんはご存知でしょうか?彼らは、あまりメディアに露出などはしていないのにも関わらず、口コミなどで今日本のインディーズシーンを盛り上げています!今回は、DYGL(デイグロー)の人気おすすめ曲ランキングTOP5を曲の感想と一緒にまとめました!是非、人気バンド・DYGL(デイグロー)のおすすめの楽曲をランキングから聴いてみて素晴らしさを知っていただければ幸いです。

大人気のバンド『DYGL(デイグロー)』オススメ曲ランキングTOP5!

Our best friends @dayglotheband 🤘 #dygl #fujirock2017

A post shared by Manic Sheep (@manicsheepband) on

若者を中心に大人気のバンド「DYGL(デイグロー)」を皆さんはご存知でしょうか?
彼らは、あまりメディアに露出などはしていないのにも関わらず、口コミなどで今日本のインディーズシーンを盛り上げています!
今回は、彼らのおすすめ曲TOP5を曲の感想と一緒にまとめました!
是非、彼らの楽曲を素晴らしさを知っていただければ幸いです。

こちらの記事もオススメ!

DYGL(デイグロー)ってどんなバンドなの?

『DYGL』は、2012年、大学のサークル内で結成された、4人組ロックバンドです。
これまでにCassie RamoneやJuan Wautersなどといった海外のミュージシャンとも共演しており、高い演奏能力だけでなく、楽曲のセンスの高さも伺えます。
2015年に『EP#1』という音源を自主リリースし、その年の秋にアメリカに渡米。
アメリカ長期滞在中に感性の近い現地のミュージシャンたちとコミュニケーションを交わすなか、LAの注目レーベル〈Lolipop Records〉のスタジオでレコーディングを決行しました。
現在は日本とアメリカ両方を行き来しながら音楽活動の幅を広げています。

メンバーは、

  • Yosuke Shimonaka(Gt.)
  • Nobuki Akiyama(Vo.Gt.)
  • Kohei Kamoto(Dr.)
  • Yotaro Kachi(Ba.)

の4人なんですか、実はこの内3人が現在活動休止中のバンド『Ykiki Beat』のメンバーなのです!

驚きなのは『Ykiki Beat』ではギターを弾いていたKohei Kamotoさんが『DYGL』ではドラムを叩いています!
非常にマルチな才能を感じました!
『Ykiki Beat』と同様に歌詞は一貫して英語で、『DYGL』でもその英語の発音の素晴らしさは健在です。
知らないと洋楽なのかなと勘違いしてしまうほどです。
『Ykiki Beat』に比べ『DYGL』の方がさらにオルタナティブ感やガレージロック感があり、メンバーがやりたかった音楽の方向性が聴き手にもより伝わりやすいと感じました。
今後、さらに人気を集めていくことでしょう。

おすすめ曲ランキングTOP5!

「SPRING BREEZE 2017」 海外にも活動の幅を広げている大注目の4ピースバンド、DYGL! #DYGL #SPRINGBREEZE #スペシャ

A post shared by スペースシャワーTV|SPACE SHOWER TV (@spaceshower) on

お待たせしました、それでは『DYGL』のおすすめ曲TOP5をご紹介させていただきます!

第5位『Nashville』

この時代にこのサウンド、古くさく感じる方もいるかと思いますが、ロックを育ててきた先人達へのリスペクトを感じます。
そして、そのリスペクトを現代に昇華して、新しさすら感じるメロディと絶妙なリバーブ感は何度聴いても飽きさせない、DYGLの世界観を確立させた1曲に仕上がっています。

第4位『Don’t Know Where It Is』

収録アルバム『Say Goodbye to Memory Den』
発売日 2017年4月19日

現代の作り込まれた音楽と対極を行くような、シンプルでストレートなロックチューン。
まだ少し荒削り感が残るものの、小難しいフレーズを使わずストレートなサウンドに魂を込めて「ロックってこういうもんだろ」というメッセージをぶつけてきます。
ロックというジャンルが曖昧な現代に、改めてロックというものを教えてくれる1曲です。

第3位『Just Say It Tonight』

曲の構成がとにかくシンプルで、古き良きオールドロックサウンドを継承している1曲。
繰り返されるギターのリフが何回でも聴きたくなるようなクセになるフレーズで、曲自体の尺も短いので、いい意味での物足りなさがヘビーリピートにつながってしまいます。

第2位『Let It Sway』

収録アルバム『Say Goodbye to Memory Den』
発売日 2017年4月19日

軽快な曲調とシンプルな曲構成が聴き手を飽きさせないDYGLの世界観を確立させている1曲です。
余談かもしれませんが、MVでタバコに火をつける際にマッチを使っていたり、ギターのポジションが少し高めだったり、ほとんどエフェクターを使っていないあたりが非常にオールドロックへのリスペクトを感じてしまいます。

第1位『Let It Out』

収録アルバム『Say Goodbye to Memory Den』
発売日 2017年4月19日

一歩間違えるとダサいと感じるようなフレーズも、DYGLがやるとこうもカッコよくなるものかと、思わず感動してしまいました。
特に、繰り返されるサビのメロディが素晴らしく、ロックの魂を感じます。ただ昔のロックをやってるわけじゃなく、新しいサウンドを作り上げる中でのひとつの選択肢として昇華させた彼らの楽曲は、まさに現代に足りない『ロック』の真髄です。

話題の新気鋭バンド『DYGL(デイグロー)』に会いに行こう!


(出典:PAKUTASO)

いかがでしたか?今回は人気バンド『DYGL(デイグロー)』のおすすめ曲のTOP5をまとめてみました!
『DYGL』は現在、日本とアメリカを拠点に精力的に活動を行なっています!
彼らのエネルギッシュなサウンドはライブでより一層パワーを発揮させます!
是非、ライブ会場で彼らのパフォーマンスをお楽しみください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。