ドリカムの名曲「何度でも」の歌詞意味に迫る

ドリカムには沢山の名曲があって一つだけ選べと言われたら中々選べませんよね。しかし、その中で候補として間違いなく上がるであろう名曲が「何度でも」ではないでしょうか?今回はドリカムの名曲「何度でも」の歌詞意味について考察を加えながら改めて良さを再確認出来るようにフル動画も用意しました。

【ドリカムの名曲 何度でも】

ドリカムには沢山の名曲があって一つだけ選べと言われたら中々選べませんよね。しかし、その中で候補として間違いなく上がるであろう名曲が「何度でも」ではないでしょうか?

今回はドリカムの名曲「何度でも」の歌詞意味について考察を加えながら改めて良さを再確認。考察を知った後に改めて聞くと歌詞意味が深く入りますのでファンは要チェックです。

【「何度でも」はドリカムの名曲の中でも人気大】

ドリカムは1988年から活動を続けているバンドで、途中にメンバーの脱退なども経て現在のメンバーは吉田美和(ボーカル)と中村正人(ベース)となります。平成の初期から活躍し続けていて、数多くのCD、CMやテレビドラマ他にも沢山のメディアに向けて本当に沢山の楽曲を提供しています。

CDではオリコンランキングで何度も1位を獲得し、2015年に発表した完全ベストアルバムは90万枚以上を記録、他にもドリカムはアルバム「The Swinging Star」では300万枚を超えるメガヒットを出しています。そんなドリカムの中でも名曲「何度でも」は多くのファンが名曲を挙げろと言われたら候補に挙がる曲とされています。今回は「何度でも」の歌詞の意味に迫ります。

【恋愛の歌として認識】

「何度でも」の歌詞意味として多くの人が認識しているのは恋愛の歌となっています。これはTwitter等の声を見てみたところ多くの人が呟かれていました。

サビの部分では最後の最後で何かが変わるかもしれない。と応援している様子はまるで、101回目のプロポーズではないですが、ひょっとしたら振り向いてくれない相手でも、何度でもアプローチすることで何かが変わるかもしれない。と希望を胸に抱いていると推測されます。

他にも自分と「きみ」との葛藤なども歌詞から随所に感じられる所が恋愛、主に片思いの部分にフォーカスされている所として「何度でも」の歌詞意味の認識とされています。

ファンの感想

【タイアップから予測できる「何度でも」の歌詞意味】

「何度でも」は実はドラマのタイアップに使われていました。救命病棟24時の第3シリーズにてタイアップ曲として使われていました。ドラマの内容を簡単に紹介すると、災害医療の現場を舞台にしていて東京に大地震が来た場合、医療の現場ではどのような出来事が起こりえるのだろうか?医師としての責務、一人の父としての想い、葛藤、凄惨な現場での試される意志力をまとめた内容となっています。

ドリカムはこのドラマを想定して「何度でも」を作ったと予想してもおかしくはないです。そう考えるとこのような歌詞意味にもなるのではないでしょうか?サビの部分での最後の最後まで何が起こるかわからない、この内容は医療現場で起こるイレギュラーな出来事に諦めてしまうこともあるかもしれないが、最後の最後までやりきることで何かが見えてくると捉えられます。

他にも悔しい、苦しい、逃げたいという歌詞がありますがこれも医療現場、特にドラマでの内容と合わさる部分が多いです。つまり挫折や苦悩、それらを乗り越えるための応援の歌としてもあることが推測されます。

ドリカムの他のオススメ記事

【聴く人により印象が変わる多くの人に愛される名曲】

b5d5ce2ebcb22787fe79ac16fba97a52_s

(出典:photoACより)

ドリカムの名曲の「何度でも」は恋愛の歌として、挫折や苦悩を乗り越えるための応援の歌のどちらの認識でも良いと個人的には思っています。感想は人それぞれですし、聴く人にとって良い方向に行くように作られたのかも知れません。youtube動画を何度でもフル視聴したらひょっとしたらまた別のメッセージが見えるかもしれません。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。