ドリカムが語る仲良し&解散危機のエピソード秘話が泣ける

【NEW!浅田真央さんとDREAMS COME TRUE(ドリカム)の「AGAIN」にまつわる意外な関係性とは?

………

1988年に結成して以来「何度でも」や「LOVE LOVE LOVE」など数多くの心に響く曲を世に送り出し、ファンの心を掴み続けている、ドリカムことDREAMS COME TRUE

ドリカムの魅力といえばその身近で共感してしまう素敵な歌詞とボーカル吉田美和のパワフルな歌声、そしてベースの中村正人が奏でる音楽とのパーフェクトな融合にあるのではないでしょうか?

彼らの音楽は聞いている人を励まして、勇気づけて、幸せな気分にさせてくれますよね。そこにはやっぱり吉田美和と中村正人の繋がりの深さや仲の良さなどの2人の関係性も大いに影響していると思います。そこで今回はドリカムが明かした解散危機や2人の仲の良さがわかるエピソードをご紹介させて頂きたいと思います。

ドリカムの秘話その1:毎日が解散危機と告白

DREAMS COME TRUE1
(出典:OK MUSIC)

2015年で結成26周年を迎えるドリカム。そのドリカムがTVの情報番組に2人揃って出演してインタビューに答えています。かなり深く突っ込んだ話まで答えてくれていて、その中で2人の喧嘩について触れています。これまでに大きな喧嘩をしたことがあるか聞かれた際に吉田美和は

“あります、しょっちゅう”
(引用:livedoor News)

と語り、中村正人も

“毎日がバンド解散の危機です。日常茶飯事なので、そんなに驚かないです”
(引用:livedoor News)

と答えています。中村は2人の喧嘩の原因について

“音楽って人イコールなので、お互いの信頼というのが一番大切なので。その信頼を裏切るようなことを私がやると、突き詰められる…と”
(引用:livedoor News)

と答えています。しかし、喧嘩するほど仲が良いともよく言いますよね。ここまで本気でぶつかり合える、言いたいことを言える2人の関係は、裏を返せば2人の仲の良さや絆の深さを感じさせます。

ドリカムの秘話その2:吉田美和の天才性には中村正人のサポートが必須!

DREAMS COME TRUE2
(出典:iFLYER.tv)

吉田美和には中村正人の存在が必要で、また逆も然りということは今までの2人の関係性を見ていると明白です。中村正人は、吉田美和と初めて会ったとき、その歌に衝撃を受けたといいます。そして、様々なインタビューにおいて全身全霊で吉田美和をサポートしていきたいという趣旨のコメントをしています。

喧嘩することもあるけれどその根底は変わらないようです。ドリカムの作詞を一手に引き受けている吉田美和の調子が悪く歌詞を書けない時は、中村正人が必至で歌詞を考えたりすることもあるそう。また作詞に限らず作曲においても、音楽を追求する天才肌の吉田美和に厳しくダメ出しを食らっても、吉田美和と共に音楽を作っているのは幸せなんだそうです。

また吉田美和も、そんな中村正人を信頼しきっていますよね。2人あってのドリカム。その関係性は純粋に尊敬し合いお互いを想いあう気持ちで満ちていると思います。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。