Dragon Ash (ドラゴンアッシュ) チケット
Dragon AshのFANTASISTA その勢いをライブ動画で体感せよ!

    kjを中心に結成されたミクスチャーバンド、Dragon Ash。その幅広い音楽性から、多くの音楽ファンを虜にしてきました。

    2012年にはベースを担当していたIKÜZÖNEが急死するという悲しい出来事もありましたが、現在はそれを乗り越え、精力的に活動を続けています。ここではそんなDragon Ashの楽曲の中から人気シングルである「FANTASISTA」に焦点を当ててみたいと思います。

    Dragon Ashのヒットシングル「FANTASISTA」

    人気ミクスチャーバンド、Dragon Ashのシングル「FANTASISTA」は2002年3月6日に発売されました。「2002FIFAワールドカップ」のテーマソングに起用されたこともあり、この楽曲を聴くと、あの頃のワールドカップを思い出すというファンの方も多いのではないでしょうか。

    オリコンシングルチャート、1位を獲得したヒットシングル。続いてはこの「FANTASISTA」はどのような楽曲なのか、もう少し掘り下げてみましょう。

    Dragon Ashのメンバーの個性が映える「FANTASISTA」

    「FANTASISTA」は張り詰めたテンションのイントロが特徴です。6度、4度、5度と王道とも言えるコード進行の中、切れのよいギターリフを聴くことができます。このギターリフが楽曲全体を引っ張っていく要となっていると言えるでしょう。

    リフに合わせたアクセントでリズムを作るドラムとベース、そして合間を縫うDJ。サビではリフを展開させたフレーズが出てきます。メロディらしいメロディはありませんが、Dragon Ashのミクスチャーは本当にカッコ良いですよね。

    Dragon Ashの「FANTASISTA」に描かれる歌詞の世界

    ここでは「FANTASISTA」の歌詞に注目してみましょう。ワールドカップのテーマソングに起用されたということもあり、歌詞の中にはところどころサッカーを連想させるワードが散りばめられています。いつでも熱いkjの綴る歌詞。この言葉に励まされたという方、多いと思います。

    「FANTASISTA」

    「FANTASISTA」の動画はもちろんDragon Ashのライブバージョン

    「FANTASISTA」はその勢いからライブでは定番の楽曲です。切れのよいナンバーはぜひライブで見てみたいですよね。ここでご紹介する動画はもちろんライブのときの映像。2011年に幕張メッセで行われたライブでは、DRI-V、ATSUSHIのダンスももちろん見ることができます。会場が一体となる「FANTASISTA」の動画、ぜひご覧ください。

    Dragon Ashの関連記事

    ミクスチャーバンド、Dragon Ashのライブに行こう

    Dragon Ashのヒットシングル「FANTASISTA」のご紹介、いかがだったでしょうか。ギターリフに酔いしれてしまいそうですよね。

    チケットキャンプではDragon Ashのチケットを取り扱い中です。ライブでももちろん演奏される「FANTASISTA」。ぜひライブにも行ってみてくださいね。

    友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。