Dragon Ash (ドラゴンアッシュ) チケット
Dragon Ashのライブ動画まとめ!数々の名曲を作り上げた彼らの魅力を一挙ご紹介!!

メディア露出こそ少ないものの、不動の人気を誇りロック、メタル、パンク、ヒップホップ、エレクトロニカ、ラテン、レゲエなど、様々なジャンルの音楽で魅了してくれるミクスチャー・ロック・バンドDragon Ash

CDの総売上が1500万枚以上というのも頷ける程数々の名曲を作り上げてきた彼らの活躍を、動画とともにご紹介していきます。

Dragon Ash 動画 名曲 ライブ
(出典:NAVERまとめ)

Dragon Ashといえばコレ!言わずと知れた名曲

『Grateful Days』(1999年5月1日発売)

ドラゴンアッシュを知らなくてもこの曲は知っている、という方も多いのではないのでしょうか。また、超有名ヒップホップMCのZEEBRAが客演し、

『東京生まれ HIPHOP育ち 悪そうなヤツは大体友達』

という一節は世代でない人間でも認知されている、とても有名なものとなりました。

CMソングにも起用されたDragon Ashの名曲

『Life goes on』(2002年1月23日発売)

J-PHONE(現:SoftBank)の「写メール」CMソングとして一躍有名となったこの曲、前述のGrateful Daysに次いでヒットソングとなりました。夏の夕暮れのような独特の雰囲気に、思わず口ずさみたくなってきますね。

映画の主題歌にもDragon Ash!

『静かな日々の階段を』(2000年11月29日発売)

興行収入30億円を超えるヒット作となった『バトル・ロワイアル』の主題歌として作られたこの曲。衝撃的な映画のエンディングにこの曲が流れ、思わず涙した方も少なくないようです。また、疲れた時に聴くと心がほっこりと暖まる曲です。

Dragon Ashの元気を与えてくれる名曲

『TIME OF YOUR LIFE』(2010年11月3日発売)

レゲエ調のこちらの曲は2010年に解散した盟友バンドSBKに捧げた渾身のナンバーとなっています。新しい一歩を踏み出す勇気を与えてくれるようなこの曲も名曲と呼べるでしょう。朝に聴くと、今日も頑張ろうと思えてきます。

未だ色褪せぬDragon Ashの名曲

『Viva la revolution』(1999年7月23日発売)

アルバムのタイトルナンバーはTin StarのVivaのサンプリング曲です。耳あたりの良いメロディに元気を分けてくれるようなリリックは十年以上経った今でも色褪せません。

また、被災地での復興支援ライブはニュース番組でも紹介されました。個々での支援活動もさることながら、希望の言葉を歌詞に乗せて届ける彼らのその姿は心を動かされます。

Dragon Ash 動画 名曲 ライブ
(出典:minpまとめ)

Dragon Ashのオススメ記事

Dragon Ashのチケットならチケットキャンプ

チケットキャンプではDragon Ashのチケットを取扱中です。チケットが手に入らなかった人も、欲しい条件を入力してリクエストしてDragon Ashのチケットを譲ってもらうリクエスト機能がありますので、もしよかったらチェックしてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。