ディズニーオンアイスどんな服装で行けばいいの? 会場は寒い?

2015年に30周年を迎えたディズニーの氷上ライブエンターテイメント『ディズニーオンアイス』。アイスショーとなると、気になるのが会場の気温。ここでは、『ディズニーオンアイス』の会場は寒い? 適切な服装は? など、気になる点をまとめてご紹介します。

幅広い世代から愛され続けるディズニーの氷上ライブエンターテイメント『ディズニーオンアイス』。1986年から日本公演がスタートし、2015年で30周年を迎えました。毎年、多くの方がこの公演を楽しみにしています。

気になる今年のストーリーは、感動の終わらない『アナと雪の女王』完全フルストーリーのアイスショー。アイスショーとなると、気になるのが会場の気温ですよね。

ここでは、『ディズニーオンアイス』の会場は寒いの? どのような服装で観戦すればいい? など、気になる点をまとめてみました。

2016年の『ディズニーオンアイス』 いつから開催されるの?

2016年の『ディズニーオンアイス』は、7月8日の金曜日より全国10都市にて開催。仙台から始まり、東京、名古屋、大阪、広島、愛媛など全国で『ディズニーオンアイス』を楽しむことができます。

7月から始まり、公演終了が9月。となると、季節は真夏ですが内容はアイスショー。会場内の気温はどうなのでしょうか。お子様と一緒に観戦するという方も多いので、会場内の気温や服装は事前にチェックしておきたいもの。

『ディズニーオンアイス』はどのような服装で臨めば良いのでしょうか?

『ディズニーオンアイス』会場は寒い? 服装は? 

『ディズニーオンアイス』の公式サイトによると、会場内の空調設定は「25度前後」だそうです。

寒いというより少し涼しい程度なので、普段通りの格好で良さそうですね。過去に観戦したことがあるという方も、「そんなに寒くない」と言っています。

とはいえ、リンク付近の席だと足元が冷えることもあるのでスカートやハーフパンツなど足元を冷やしてしまうような服装は避けた方が良いかもしれません。

また、サンダルも控え、スニーカーなどの着用をおすすめします。心配な方は上に羽織れるようなものを1枚持っておくと良いでしょう。

とくに、お子様と一緒に観戦される方などは、ブランケットがあると便利です。万が一会場が寒い場合に寒さ対策にもなり、クッション代わりとしても使えます。長時間座ってお尻が痛くなってしまうのを防げるでしょう 

『ディズニーオンアイス』「コスチューム・デー」に注目!

『ディズニーオンアイス』では、ディズニー・キャラクターのコスプレをするとプレゼントがもらえる「コスチューム・デー」という日が設定されています。そのため、多くのお子様がディズニーの仮装をしていて会場内が華やか。

もちろんお子様だけでなく、大人の方も気合の入ったコスプレをする方が多いよう。みんなでコスプレ合わせなどをすれば、もっと盛り上がれそう

ただし、入場料無料対象のお子様(3歳未満)は、プレゼント対象にならないのでご注意を。

また、会場には更衣室がない場合が多いので注意しましょう。電車で行くという方はあらかじめ駅内のトイレで、車で来られる方は車内でなど、工夫してみてはいかがでしょうか。そのさい、公共トイレや駐車場を汚したりポイ捨てしたりする行為は間違ってもしないでくださいね!

『ディズニーオンアイス』を観戦しにきた他の方や、会場の近所の方の迷惑にならないようにしましょう。

ディズニーオンアイスに行く前にチェック! オススメ記事

『ディズニーオンアイス』観戦は普段通りの服装で楽しむ!

今回は、『ディズニーオンアイス』観戦の会場内の寒さや服装についてまとめてみました。

服装はいつも通りでOKですが、万が一のためにも上に一枚羽織れるものやブランケットを用意していくと安心かもしれません。リンク付近の席の方や、お子様連れの方はとくに気を配ってくださいね。

また、「コスチューム・デー」も楽しめるポイントなので、これを機にぜひコスプレにもチャレンジしてみてください!

『ディズニーオンアイス』を観にいこう!

ディズニーオンアイスのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。