ダイアナロス(Diana Ross) チケット
ダイアナロス「マホガニーのテーマ」はファッション界でも評判!?

「マホガニーのテーマ(Theme from Mahogany (Do You Know Where You’re Going To)」は、このタイトル通り、この曲は本来1975年のアメリカ映画『マホガニー物語』からのナンバー。この映画にダイアナ・ロスは主演、さらに衣装デザインも手がけ、さらにこの大ヒットナンバーを手がけたという 八面六臂の大活躍を遂げていました。

当時はもう音楽シーンの頂点に上り詰めていた彼女だけに、映画もヒットしたのだが、後年にまで残る名作とまではならなかったんですねー。

モータウンレコードの税金対策との疑いも……(?!)

無名のファッションデザイナーが孤軍奮闘、紆余曲折を経て、結局はスーパーモデルとして成功するというあらすじのこの映画。

ヴォーカリストとしてモータウンレコードをけん引する稼ぎ頭であった彼女をだしにして映画を撮ったと言われがちなのは、監督がベリー・ゴーディー(ジュニア)だったから。ゴーディーといえばそもそものモータウンレコード創業者。さながら税金対策? と勘ぐっても仕方ないお世辞にもすごいとは言いにくい仕上がりの映画だった。もちろん、主題歌は最高だけど。

ベリー・ゴーディー(ジュニア)はこれ。

自分探しテーマの珠玉の名曲バラード作品

ではいったい歌詞はどんな内容なのでしょうか。訳詞で見てみるとこうなります。

もう問いかけの嵐。説教されてるのかと思うくらい聞かれます、この後もえんえんと…(笑)つまり自分探しがテーマなんですね、この曲。

「マホガニーのテーマ(Theme from Mahogany (Do You Know Where You’re Going To)」


(出典:YouTube)

ファッションリーダーとしても君臨した女王

ベスト・オブ・ダイアナ・ロス(来日記念盤)をAmazonでチェック!

ダイアナ・ロスはよくも悪くも当時の黒人R&Bシーンで 女王の名をほしいままにしたカリスマ歌姫。そしてその影響力は実に強大なもので、ファッションシーンにもたくさんの影響を与えたのです。

なので『マホガニー物語』の方も、つまるつまらないの話ではなくて、当時のファッションを知るための文献としては今でも人気はあるのです。そしてそのファッションプロデュースをしたのがダイアナ本人だったんですから、相当才能がみなぎってたんですよね。

ベスト・オブ・ダイアナ・ロス(来日記念盤)をAmazonでチェック!

ダイアナ・ロスのオススメ記事はこちら

チケットキャンプではダイアナ・ロスのチケットを取扱中!

もちろんチケットキャンプではダイアナ・ロスのチケットを取扱中。ファッションも素敵なその魅力に触れるために、ぜひ見にいってみましょう!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。