世界最高峰のDJ、David Guetta来日公演決定!日程、幕張メッセの座席表、アクセスまとめ

世界のダンスミュージック界を牽引する、フランス出身のトップアーティスト「David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)」。そんなDavid Guettaの来日公演が2017年1月に決定しました!新年早々熱くなること間違いなし!ここでは改めて彼の魅力を振り返るとともに、公演の詳細と、会場の情報などをご紹介いたします!

世界的なEDMの先駆者、David Guetta。いわゆる「クラブミュージック」をディスコへ広め、現在では一般的となったクラブのスタイルを作ってきた功労者と言っても過言ではない彼ですが、EDMの他にも様々なアーティストと共演を果たしています。

そんなDavid Guettaの来日公演が2017年1月に決定しました。今回はその公演の詳細と、会場の情報などもまとめてご紹介していきます。

David Guettaとはどんなアーティスト?プロフィールの紹介

(出典:music-newsnetwork.comより)

クラブで流れる音楽はEDMが主流です。EDMとはエレクトロニックダンスミュージックと呼ばれる音楽ジャンルの一つで、その名の通り、エレクトロニック=電子音で構成されることが多い音楽です。

クラブのイメージとして、なんとなく薄暗いところで人が踊っていて、四つ打ちの音楽が鳴っているお酒を飲む場所、という光景を浮かべる人も多いと思います。ベースの効いた「ズン・ズン・ズン・ズン」という音が規則正しくリズムを刻み、それが強調されているように感じるBGM。まさにそれがEDMの代表的な特徴です。

David Guettaは、そんなEDMというジャンルの世界的な先駆者でもあります。1967年生まれの48歳。彼が音楽に目覚めたのは13歳のとき。ラジオのダンス放送に影響を受け、人生初めてのリミックスを作成しました。当時はまだEDMというジャンルが確立されておらず、しかも時代はディスコ全盛。そこで彼は、自身で作ったダンス用の音源をディスコに直接売り込んでいきました。

やがてあるディスコの専属DJとなったDavid Guettaは、他にも複数のディスコへの売り込みに成功し、彼がDJを務めるクラブには2,500人以上のファンが詰めかけるほどになりました。

アマチュアのバンドはライブハウスでライブを開催したり、オーディションやスカウトなどによってデビューすることが多いですが、クラブミュージックであるEDMを手がけるDavid Guettaは、ディスコという場所でプロの道を開拓していったのです。その後、着々とその知名度を広げていき、ピーク時には50以上のクラブでDJを務めるほどの人気を得ていきました。

現在はDJの他に音楽プロデューサーも務め、EDM以外にもポップスやヒップホップなどのアーティストと共演を果たしています。

David Guetta来日公演が決定!会場やチケットの種類などの詳細まとめ

(出典:iflyer.tvより)

2017年1月8日(日)、9日(祝)にDavid Guettaの来日公演が決定しました。1月8日(日)は幕張メッセ、9日(祝)は大阪城ホールでの公演となります。いずれも15時開場、16時開演の予定で、幕張メッセはオールスタンディング、大阪城ホールはアリーナ立ち見とスタンド指定席のいずれかとなり、入場の際にはドリンク代500円が必要となります。

スタンディング、指定席ともにチケット料金は同一ですが、通常のチケットの他に「GOLD TICKET」と呼ばれる特別なチケットが販売される予定です。では、そのGOLD TICKTについて詳しく解説していきましょう。

GOLD TICKETの特典は以下のとおりです。

・専用ビューイングエリア
・専用ラウンジ
・専用入場レーン
・クローク
・ウェルカムドリンク付き

サマーソニックへ行ったことのある人であればイメージしやすいと思いますが、サマソニの「プラチナチケット」に似たような特典が付いてきます。

幕張メッセは10,000〜15,000人ほどのキャパシティを誇る大規模な会場のため、併設されたコインロッカーの他にクロークが用意されます。1日あたり1,000円で出し入れ自由という場合が多いですが、GOLD TICKETにはクロークも無料で利用出来るという特典も付いています。ドリンク代+クローク代がついて、さらにラウンジや専用ビューイングエリアが用意されることを考えると、GOLD TICKETは非常にお得であるといえると思います。

また、専用ビューイングエリアは会場前方に設置されることが多く、特にスタンディング席を取ってできるだけ前で見たいという人にとっては、確実に場所を確保できるため非常におすすめです。

David Guetta来日公演、会場へのアクセス方法〜幕張メッセ〜

幕張メッセの最寄り駅はJR京葉線 海浜幕張駅。国際展示場ホールまでは徒歩で15〜20分程度かかります。さらに当日は駅周辺の混雑も予想されるため、時間には十分余裕を持って向かいましょう。

また、電車ではなく車で来場する場合は、幕張メッセ駐車場もしくは県営地下駐車場(第1)が最も近い駐車場です。県営地下駐車場は収容台数があまり多くないため、午後の時点で満車である可能性も高いです。


幕張メッセ駐車場は収容台数5,500台という規模なので満車になる可能性は少ないですが、やはり国際展示場に近い駐車スペースから埋まっていくので、こちらも早めに向かった方が良いでしょう。駐車料金はいずれも1日最大で1,000〜1,500円程度です。駐車場から国際展示場までは徒歩5分程度で到着します。

幕張メッセ周辺には、大規模ショッピングセンターや国際展示場内の他のホールでもイベントが同時開催されることもあるため、特に週末は大変な混雑となることが多いです。周辺道路への路上駐車はもちろん、周囲の迷惑にならないように注意しましょう。

David Guetta来日公演の座席情報〜幕張メッセ〜

(出典:幕張メッセ公式サイトより)

公式発表は「幕張メッセ」という表記のみで、会場についての詳細はまだ情報が出ていません。しかし、幕張公演はオールスタンディングとなっているので、幕張メッセ内の「国際展示場ホール」である可能性が高いです。

幕張メッセには「国際展示場ホール」と「幕張イベントホール」という2つの会場があるのですが、イベントホールの会場はスタンド席も完備されているため、今回のチケットに指定席が無くオールスタンディングとなっていることからも、スタンド席の無い国際展示場ホールでの公演であるという考えが自然でしょう。

国際展示場ホールは1〜8、9〜11のホールに分かれていますが、1ホールあたりの収容人数は約10,000人程度。最大で3ホール分を連結して使用できるため、物理的な最大収容人数は30,000人程度です。今回の来日公演について、ホールの情報はまだ未発表となっていますが、参考となりそうなのが1月に来日したZEDDの公演情報です。

国際展示場ホール9〜11の3ホールを使用して行われ、David Guettaと同様にGOLD TICKETも販売されていました。ZEDDの公演では1.5ホール分程度がライブエリアとして開放され、その後方1.5ホール分程度はグッズ売り場、飲食エリアとして開放されました。

(出典:creativeman.co.jpより)

 


また、マップを見ていただくとお分かりのように、GOLD TICKETの専用ビューイングエリアは会場前方のステージ両脇付近に位置しており、さらに通常のライブエリアよりも1段高い位置に設置されていたようです。幕張メッセは非常に広い会場ではありますが、高低差はなく完全なフラットな空間なので通常よりも高い位置から見られるというのは非常にありがたいのではないでしょうか。

今回のDavid Guetta来日公演と1月に開催されたZEDDの来日公演は、全く同じレイアウトとはならないかもしれませんがGOLD TICKETやゲストアーティストの出演など、共通する部分も多くあるため参考にしてみてはいかがでしょうか。

David Guetta来日公演にはゲストアーティストも出演予定

今回の来日公演の出演者欄にはDavid Guettaと「+Special Guest」という表記があります。過去に数多くのアーティストと共演を果たしてきたDavid Guetta。今回の公演では共演歴のあるアーティストが登場するのか、それとも新たなコラボを見ることができるのか、注目の集まるところです。

過去に共演歴のあるアーティストを幾つか挙げてみると、FergieNe-Yoクリス・ブラウンなど、錚々たる面々が顔を揃えています。ちなみに日本人では安室奈美恵と「What I Did For Love」という曲でコラボを果たしています。


中でも最も注目すべきは元Destiny’s ChildのKelly Rowland。「When Love Takes Over 」という曲で共演しましたが、この曲は東日本大震災のチャリティアルバム「Songs for Japan」にも収録されたことでも話題を呼びました。

日本でも人気の高い、ゆかりのあるKelly Rowlandは、誰もがDavid Guettaとの共演を期待するアーティストの一人です。ぜひ生で「When Love Takes Over 」の感動を味わい、チャリティに参加してくれた2人に感謝したいというファンも多いことでしょう。

スペシャルゲストはこれから発表される予定ですが、誰が共演するのか非常に注目の集まるところです。

David Guetta来日公演で気をつけること

89b4f371c1f7bc3e7c43dfba027df809_s

1月の公演ということもあり、会場の外と中では気温の差が非常に激しいことが予想されます。会場に着くまではコートなどを羽織って、中に入ったらTシャツ1枚にすぐに着替えられるような服装で行きましょう。そのため、クロークの利用はほぼ必須と考えられます。会場に着いたらグッズ売り場でTシャツを購入し、会場で着替えてしまうのも良いでしょう。

また、今回のライブはオールスタンディングであるため、手荷物用のバッグは両手の空くものがおすすめですが、リュックは周囲の人にぶつかってしまう危険もあるため避けましょう。荷物が多いようであればクロークに預けておき、ライブ中は現金やスマホなどの必要最低限のものだけを持ち運ぶようにしましょう。

EDM系のライブが初めての人にとっては、特に観客のテンションが高く気分も高揚しているため、通常のロックやポップス系のライブとは一味違った雰囲気に感じられるかもしれませんが、不安に感じることはありません。音楽に合わせて自由に踊るもよし、じっくり音楽に聴き入ってみるのもよし。

基本的なスタイルは音楽ジャンルを問わず共通なので、自分に合った楽しみ方で過ごしてみてください。特にDavid Guettaは様々なアーティストと共演しているという背景もあり、EDMファン以外にも様々な音楽ジャンルのファンが集まっているはずです。

2017年初ライブは、ぜひDavid Guetta来日公演で

(出典:music-newsnetwork.comより)

EDMの先駆者であり、世界的なDJであるDavid Guetta。その地位はもはや揺るぎないものとなっており、EDM音楽界で彼を知らない人はいないでしょう。そんな世界最高峰のEDMアーティストの来日公演が2017年1月に迫ってきています。

ファンの皆さんはもちろん、普段、ロックやポップスなどの音楽を中心に聴いているという人にとっても、EDMの王道を走り続けるDevid Guettaの音楽は心に響いてくると思います。ぜひライブ会場で、その重低音を体全体で感じてきてみてはいかがでしょうか。

David Guettaのオススメ記事はコチラ!

David Guettaを観に行こう!

年明けは是非David Guettaで盛り上がってはいかがでしょうか?チケットキャンプでは様々な公演のチケットも取り扱ってますので是非チェックしてみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。