映画の主題歌も手がけるDAOKO(だをこ)の人気おすすめ曲ランキングTOP5!

DAOKO(だをこ)は、女性アーティストでは珍しいラッパーです。15歳からラップ動画をニコニコ動画にアップし始めた少女は、今やアニメ音楽では、アメリカでも活躍する存在に!今回はDAOKO(だをこ)の人気おすすめ曲をランキング形式でお届けします。そして、メジャーデビュー前から映画挿入歌等に採用されてきたDAOKO(だをこ)の曲はついに話題の映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌に!今大人気のDAOKO(だをこ)の人気おすすめ曲ランキングをチェックして彼女の魅力に触れてみてください!

日本では数少ない女性ラッパーDAOKO(だをこ)

Line interview Photo by @yamaguchimayu5

A post shared by DAOKO (@daoko_official) on

日本で有名なラッパーて言えば?
Hip-Hopに詳しくない方でも誰もが知っていそうなのは、草分け的には、スチャダラパー?
その後はDragon AshにZeebra、KICK THE CAN CREW(Kreva)、Rip Slyme、Soul’d Out 辺りでしょうか。
いずれも男性アーティストばかりですね。
そんな中、今注目を集める女性ラッパーがDAOKO(だをこ)です!
一昨年メジャーデビューしたばかりの若干20歳のDAOKO(だをこ)。
彼女の才能は今、様々なフィールドで、恐ろしい程に開花しているのです!

アニメ?映画?ゲーム?DAOKOのフィールドは拡大し続ける

きみをジャックしてしまいたーい 🌕 #tempalay #drawing #photo

A post shared by DAOKO (@daoko_official) on

映画では、16歳にして2013年m-flo + daoko による楽曲『IRONY』が映画「鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用されたDAOKO(だをこ)。
その後も、2014年公開映画「渇き。」で「Fog」が挿入歌に抜擢されたりと、親和性の高い動きがありましたが、今年満を持しての映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌に選ばれました!

アニメの世界でも、メジャーデビュー前から「日本アニメ( ーター) 見本市」で名を轟かせ、世界でも通用するようになり、今年はアトランタで開催される「Anime Weekend Atlanta」への主演が決定!
ゲームの世界では、既にテレビCMにも起用されているという人気ぶり!
色々な業界で大人気となってきたDAOKO(だをこ)。
早速、そのおすすめ曲を厳選してTOP5形式で紹介いたします。

TOP 5 「ShibuyaK」

2015年10月にリリースされた、Double A Sideのメジャーデビューシングルの内の1曲です。
同年3月には既にアルバムを発売し、ワンマンライブも行ってきましたが、このシングルまでは、彼女の様々な情報はベールに包まれていました。
この曲のリリースと共に満を持して情報解禁、そしてMV(Music Video)で彼女の魅力を全開にしました。
タイトル同様、渋谷系を思い起こさせる音楽、そこにDAOKO(だをこ)の気だるい雰囲気と透明な声が、すごくマッチしています!

TOP 4 「さみしいかみさま」

「ShibuyaK」のカップリング曲。
つまり、こちらもファーストシングルなんですね。
こちらは、ガラリと趣向を変えて、前年に「日本アニメ( ーター) 見本市」の第3話の音楽を担当し、話題を呼んだ彼女の才能を生かし、吉崎響 × DAOKO として、再度「日本アニメ( ーター) 見本市」の第31話に公開されました。
アニメでもあり、雰囲気は違う物の「ShibuyaK」との繋がりを見る人に連想させます。
渋谷を思わせる風景・DAOKO(だをこ)本人がモデルなのか?と思わせる長いストレートの髪の女の子。
POPで浮遊感のある、かわいらしい曲です。

TOP 3 「拝啓グッバイさようなら」
*TVアニメ「神撃のバハムートVIRGIN SOUL」のエンディングテーマ

今年の4月から公開されたTVアニメ「神撃のバハムートVIRGIN SOUL」のエンディングテーマ曲です。
なんだか、「ShibuyaK」のリリースから2年も経過していないと言うのに、急に大人の雰囲気を醸し出せるようになりました。
20歳になり、MVもちょっとドキッとするようなお色気なシーンもありますが、この見た目大人の雰囲気と、でも声はウィスパーボイスの少女っぽい声と言うギャップ感!
これが彼女慣れではの魅力なのかもしれませんね。
これからの変化に期待しちゃいます。

TOP 2 「もしも僕らがGAMEの主役で」*TV CM曲

2016年にリリースされた2ndシングルの内の1曲です。
2ndシングルは、トリプルAsideで発売されました。
この曲はゲーム会社のテレビCMにも採用された為、「聞いたことあるかも」と言う方もいらっしゃるかもしれませんね。
POPな音楽に、所々ゲームの効果音が絶妙に挿入され、そこに彼女の可愛い歌声。
すべてが揃って、完成されている気がします。
アニメーションのバックで歌う時の浮遊した歌声とは少し変えて、元気に弾んだ声になっているのも曲に似合っていますね!

TOP1 「かけてあげる」

2015年に発売されたファーストアルバム「DAOKO」 に収録されている1曲です。
このMVに彼女の可能性が、すごく詰まっているように思えます。
男性ラッパーでは絶対にありえない、ラップなのになんとも可愛く、癒される声、この曲の歌詞の少女っぽさと、映像の中の女子高生ぽい服装、でもどこか、色気を感じる要素があります。

女子高生が終る間際のこの時期だからこそ取れた映像なのでしょう!
こんなの見せられたら、それは、色々な業界の方々が、その魅力を見出すのも理解できると言う物です。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌 DAOKO × 米津玄師

お待たせしました!
こちらが、今話題のアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌「打上花火」の一部です!!
未だ公開前の為、曲も一部のみとなりますが、原作実写版の映画を見られた方も、そうでない方も、この映像と音楽で、楽しみになって来たのではないでしょうか。
映画は2017年7月18日(金)に公開しています。

DAOKO(だをこ)のライブを見に行こう!

映画やアニメもですが、勿論音楽!今年DAOKO(だをこ)はメジャーフェスにも出演が決まっています。
さあ、早速スケジュールをチェックしましょう。

  • 【ROCK’IN JAPAN FESTIVAL2017】
    日程:8月11日(金・祝)・8月12日(土) 場所:国営ひたち海浜公園
    時間:DAOKOは8月12日(土) 15:25- BUZZ STAGEにて出演となります。

※DAOKOの出演日は8月20日(日)となります!

  • 【神宮前花火大会】スペシャルアフターライブ
    日程:2017年8月20日(日) 場所:東京・明治神宮外苑
  • 【BAY CAMP2017】
    日程:2017年9月9日(土) オールナイト 場所:神奈川県・川崎市東扇島東公園・特設会場
  • 【ボロフェスタ2017】
    日程:2017年10月20日(金)、21日(土)、22日(日) 場所:京都KBSホール
    ※DAOKOの出演日は10月22日(日)となります!

関連のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。