世界中から注目されるメタルコアバンド!Crossfaith(クロスフェイス)のライブ見どころに迫る!

日本のメタルコアバンドCrossfaith(クロスフェイス)。アメリカやイギリスで大手レーベルとも契約し、現在世界的な人気を得ています。そんな彼らのJAPANツアーが2016年秋に開催されます。ということで本日はCrossfaithのライブの見どころについてご紹介します。

Crossfaith(クロスフェイス)というバンドをご存知でしょうか。2006年に大阪で結成されたメタルコアバンドで、日本にとどまらず海外からも高い人気を得ています。

その理由のひとつに、彼らはライブを積極的に行っていて、LOUD PARKSUMMER SONICなど大型フェスにも参加し人気バンドのひとつとなりました。

その後アメリカやイギリスで大手レーベルとも契約し、その世界的な人気の勢いはとどまるところを知りません!

代表曲のライブ映像を見ればわかるように、現在進行系で世界を席巻しているバンドであり、日本発で世界に名を轟かすモンスターバンドにもなるといわれています。

そんな彼らのJAPANツアーが2016年秋に開催されます!全国27公演にも及ぶCrossfaith(クロスフェイス)のライブの見どころについて、紹介します!

(出典:音楽ナタリーより)

Crossfaith(クロスフェイス)JAPANツアーライブ2016見どころその1:ライブパフォーマンスがすごい!

メタルバンドでのライブでは、そのライブパフォーマンスが大変重要視されます。その点、Crossfaith(クロスフェイス)のライブではパフォーマンスが他のバンドよりも抜きん出ていて、代表曲をはじめライブ中での観客の引きつけ方と魅せ方がとてもうまいです!

演奏のクオリティをしっかり保ちながら、これでもか!と思うくらいメンバーが動き回ったりヘッドバンキングし、ボーカルのKoieがどんどん煽ってくるため、聴いている側もいつの間にか彼らの空気感に飲み込まれライブ会場全体がひとつになっています。

2016年のJAPANツアーでぜひその一体感を肌で感じてみて下さい!

Crossfaith(クロスフェイス)JAPANツアーライブ2016見どころその2:ドラムがすごい!

もちろんCrossfaith(クロスフェイス)は演奏も評価が高いですが、中でもドラムがすごいと皆が口をそろえていっています。

ドラマーTatsuの華奢な体からは想像ができないほど凄まじくパワフルなドラミングは圧巻で、UKツアーでは野獣、サイボーグ、ターミネーター等とも称されていました。

基本技術はもちろんツインペダルを交えたフレージングがとてもうまい。そして何よりドラムパフォーマンスが魅力的で、これをライブで観たらテンションが上がらずにはいられません!

YouTubeなどでも代表曲のドラムパフォーマンスが見られますので、事前に予習しておくと2016年のJAPANツアーで盛り上がること間違いなしですね!

Crossfaith(クロスフェイス)JAPANツアーライブ2016見どころその3:語学・コミュケーション能力がすごい!

ロックやメタルのバンドは英語や言語よりも音楽で勝負だ!というところも多いですが、Crossfaith(クロスフェイス)は語学も堪能です。

中でもボーカルのKoieとベースのHiroは英語がペラペラで、バンド活動をしながらいつの間に勉強したのか、と思ってしまうほどです。

彼らはファンを大切にしていてライブ終了後は毎回フロアや物販でファンとのコミュニケーションをとろうとしています。

それは海外のファンでも例外でなく、英語で積極的にコミュニケーションをとろうとするところが日本だけでなく海外でも人気バンドとなったポイントのひとつといえます。

2016年のJAPANツアーでも変わることなくきっとファンとの交流を大事にしているはずですので、代表曲の演奏だけでなくそういった彼らの一面もチェックしてみて下さい!

Crossfaithの他のオススメ記事

いま勢いに乗っているCrossfaith(クロスフェイス)から目が離せない!

(出典:musicman-netより)

2016年秋のJAPANツアーではSiMHEY-SMITHThe BONEZWANIMAなどお馴染みのメンツに加えACIDMANTHE BACK HORNSUPER BEAVERTHE ORAL CIGARETTEStricotなど新たなゲストも迎え、さらに盛り上がること間違いなしです!

メタルファンなら必見のCrossfaith(クロスフェイス)、代表曲の映像だけではなくぜひライブでその勇姿を目に焼き付けて下さい!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。