クリープハイプ「身も蓋もない水槽」は、ハードな曲に遊び心のある詞が乗せられている。

クリープハイプ「身も蓋もない水槽」。

咳払いに始まり、叫ぶような、セリフを語るような、そんな歌い方が特徴的なあの曲です。

今回は、「身も蓋もない水槽」の魅力を紹介していきます!

クリープハイプらしいカッコいい曲調に遊び心のある歌詞

身も蓋もない水槽が収録された「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」(初回限定盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

「身も蓋もない水槽」は、2012年に発売されたアルバム「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」に収録されている一曲!

ハードな曲調、叫ぶような歌い方、カッコいいですよね。

そんなハードな曲であるにも関わらず、歌詞の中には遊び心がたくさん含まれた一曲なんです。

▶︎身も蓋もない水槽が収録された「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」(初回限定盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

「身も蓋もない水槽」には、雑誌の揶揄があったり、歌われない歌詞もあったりする

「女子の本音がなんとかだってどうだって良いんだけど××××ってそういう意味の××××なのかな」

サビ前の歌詞ですね。歌詞カードを見ると「××××」と表記されています。曲を聴いてみると「あーっ」と叫んでいるだけのようにも聞こえますが「アンアン」と言っているようにも聞こえますね。これは雑誌の「an・an」を揶揄しているものだと言われています。

2番の最後の方には「家では一人で飼ってる熱帯魚に向かってどうしても最後のピースがはまらないんだとか言ってるんだろうね」と歌っている部分がありますね。実はここには隠された歌詞があります。

声に出して歌われてはいないのですが、歌詞カードを見てみるとこう書いてあります。

「家では一人で飼ってる熱帯魚(ハムスターでも可)に向かって」

歌われない歌詞があるなんて、すごい遊び心ですよね。

「身も蓋もない水槽」にはエレファントカシマシのオマージュも

動画は、エレファントカシマシのガストロンジャーという曲です。どうして急にこの記事にこの動画を載せたのかというと、実は「身も蓋もない水槽」には「ガストロンジャー 」のオマージュが含まれているからです。

歌詞カードには載っていませんが、1番のサビの直前、尾崎さんが何か呟いています。それをよーく聞くと、「ていうかこれガストロンジャーみたいだな」と言っているのが分かるはずです。

曲を聴いてみると、確かに似ていますね。

「アレに似てるとか誰に似てるとかなんでも何にでも当てはめたがる」

という歌詞があるにも関わらず、この曲自体がエレファントカシマシのオマージュであると曲中で公言してしまう尾崎世界観さん。遊び心を感じませんか?

クリープハイプの他のオススメ記事

クリープハイプを生で聴こう!

クリープハイプ
(出典:全日本CDショップ店員組合)

クリープハイプの「身も蓋もない水槽」いかがでしたでしょうか。この曲、ライブで聴いたら凄そうだなとすぐに想像できたと思います。そうなんですよ、ライブで聴くとすごいんです!チケットキャンプではクリープハイプのチケットを取扱い中♪みなさんでぜひライブに足を運んでみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。