クセになる!クリープハイプのメンバーの魅力はここだ!

「LIVE HOUSE TOUR 2015」から、「HALL TOUR 2015」で今年の前半戦を駆け抜けている「クリープハイプ」。

その独特の世界観から、常に注目を浴びているバンドです。

何かとボーカルに注目が集まりがちですが、ほかのメンバーも結構個性的で楽しそうです。ということで、魅力あふれる「クリープハイプ」のメンバーについて改めてご紹介したいと思います。

クリープハイプってどんなバンド?メンバーは?

まずは、メンバー4人をご紹介します。ボーカル&ギター担当:尾崎世界観(おざきせかいかん)、ギター担当:小川幸慈(おがわゆきちか)、ベース担当:長谷川カオナシ(はせがわかおなし)、そしてドラム担当:小泉拓(こいずみたくや)からなるバンドです。

バンドが注目されたのは、「踊り場から愛を込めて」をリリースした頃からです。まず注目すべきなのはボーカルの尾崎世界観のハイトーンボイス。少年のような、女性のような・・・。

そんな彼の声は、好き嫌いが分かれるところかとは思いますが、ハマる人は一気に心をつかまれてしまい、そのままその魅力に深く、深くはまっていくことになります。尾崎世界観の声は、美しくありながら、中毒性を持つ声なのです。

クリープハイプのメンバーは世界観以外もヒトクセあり

お互いにアクが強いという印象を持っていたというメンバーたちですが、今ではお互いのバランスを見ながら、バンドが一番よく見えるところに持っていくことができるようになってきたと言っています。

例えば、ドラム担当の小泉さん。ミュージシャンとしての原点は、なんと夏祭りの和太鼓。和太鼓にはまって、学校のロッカーをどんどん叩いて先生にうるさい!としかられていた小泉さん。ガンガン叩くのが好きなので、このバンドでも最初はそんな風にと思っていたのですが、世界観と衝突もあったりしたことを経て、今の演奏スタイルに落ち着いたということ。バンドのために自分を変えたかっこいい人なんです。

ベースの小川さんはヒゲが印象的で優しい雰囲気を醸し出しています。バンドの中では縁の下の力持ち的存在。みんなのまとめ役といったポジションです。ここでも世界観とのやり取りの中で、いろいろ学んで悟ったという言葉がありました。世界観、って結果的にバンドをいい方向に持って行っているのでしょうね。自己主張と尊重のバランスにはこだわっていきたいとする小川さんがいてこそなわけなんです。

へんてこりんな名前の由来ですが・・・、もちろん由来はあのジブリ作品です。どうせならインパクトをということで、DQNネームにしたということなんです。そして、なんといっても面白いのはカオナシワークス。彼のブログです。発言も行動もちょっと面白いので、追ってみてください。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。