12/30&31『COUNTDOWN JAPAN 14/15』注目の出演アーティスト5組をご紹介!

千葉市・幕張メッセでの開催となる「COUNTDOWN JAPAN 14/15」のアーティスト発表の時期がやってきました。

今年は昨年よりもさらに使用するホール数が増え、幕張メッセ全体を使っての開催で規模がバージョンアップ!といった感じ、内容の充実にさらなる期待が高まるばかりです。

ここでは、開催日程の4日のうち、後半の30、31日に登場予定のアーティストから注目の5組をピックアップしたいと思います。31日を含む後半戦ではメインイベントの年越しライブがあります。これは見逃せないですね。

30日に出演!『くるり』の「ハイウェイ」


(出典:youtube)

くるりの12thシングルで、映画「ジョゼと虎と魚たち」の主題歌です。

魅力的なのは何と言っても歌詞です。なんか息が詰まったなと思った時に思い切って旅をする、そんな気分にさせてくれます。なんだかリフレッシュして明日から頑張ろうと思える曲なので、年末のライブでこの曲を聴いて、また来年から新しい自分で頑張るぞ!ってそんな気分にさせてくれるかもしれませんね。

アコースティックギターが印象的なイントロもぜひ、生で聴きたい思う、おススメナンバーのひとつです。今宵の月が僕を誘っていることとあるので、夜に聴きたいなって思ってます。

30日に出演!『SCANDAL』の「HARUKAZE」


(出典:youtube)

こちらはSCANDALの12thシングルとなった「HARUKAZE」。テレビ東京系アニメの「BLEACH」のオープニングテーマとして知られていますね。

エモーショナルなロックナンバーにのせて、”新たな道への決意”がこもった等身大の歌詞が印象的です。

元気あふれるパワフルなガールズバンドパワーを見たい!と期待している人は多いと思います。かっこいい女性のバンドってなかなか少ないので、彼女たちの生ライブは大注目です。

31日に出演!『グループ魂』の「モテる努力をしないでモテたい節」


(出典:youtube)

ジャンルはコントパンクバンドという部類になります。こんなジャンルがあるとはといった感じですよね。グループ名だけではピンと来る人もまだ少ないかもしれませんが、メンバーの名前を聞いたら興味を持たずにはいられないはずです。

ボーカルは破壊こと阿部サダヲ、作詞作曲を手掛けるのは暴動こと宮藤官九郎、松尾スズキが主催する劇団大人計画の俳優によって結成されたバンドです。

実は、紅白歌合戦にも出場経験があるというから驚きです。とにかくそのハチャメチャ加減は、ライブで体感してみたいものです。本業の俳優で見せる姿とはまた違った一面が見られるはずです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。