大人気バンド「コールドプレイ(Coldplay)」のボーカル「クリス・マーティン」と新アルバム制作のエピソード紹介

イギリス発の4人組バンド「コールドプレイ(Coldplay)」。今回は「コールドプレイ(Coldplay)」のボーカル、クリス・マーティンのプロフィールや性格などをご紹介します。さらに離婚などの数々の紆余曲折を経て完成させた、新作アルバム「A Head Full of Dreams」をご紹介します。

【コールドプレイ(Coldplay)の最新アルバムから、ボーカルクリス・マーティンを知ろう!】

イギリス発の人気バンド「コールドプレイ(Coldplay)」。その中心的人物となっているのは、ボーカルのクリス・マーティンです。

彼はボーカル以外でもバンドの作詞作曲を担当しており、バンドにはなくてはならない人物。今年約3年ぶりの来日公演をするとあって、再び「コールドプレイ(Coldplay)」とボーカルのクリス・マーティンに注目が集まっています。

今回は紆余曲折を経て完成された「コールドプレイ(Coldplay)」最新アルバム「A Head Full of Dreams」の情報のほか、彼自身についても紹介します。クリスマーティンの性格や離婚のエピソードなど、彼自身に迫った内容です。

【コールドプレイ(Coldplay)のボーカルクリス・マーティンのプロフィール】

「コールドプレイ(Coldplay)」の中心的存在である、ボーカルクリス・マーティン。まずはプロフィールからご紹介します。

1977年3月2日にイギリスのロンドンで生まれたクリス・マーティン。音楽教師だった母親の影響で、幼少期よりピアノに親しんでいました。ギターに興味を持ち、大学在学中の1997年にはバンド「コールドプレイ(Coldplay)」を結成。ボーカルとして音楽活動を開始します。

1999年にメジャーデビューし、2000年に発売されたデビューアルバムの「パラシューツ」が大ヒット!華々しいスタートを飾った「コールドプレイ(Coldplay)」。後に発売したアルバムやシングルは、アメリカの音楽賞であるグラミー賞を次々と受賞していき、バンドとしての地位を向上させてゆくこととなります。

バンドマンとして順風満帆な生活を送る「コールドプレイ(Coldplay)」と、そのボーカル、クリス・マーティン。2003年にはハリウッド女優のグウィネス・パルトローと結婚し、2004年には娘のアップル、2006年には息子のモーゼズと、2人の子供を設けました。

幸せに見えた結婚生活でしたがそう長くは続きません。結婚から約10年後の2014年に「意識的脱夫婦」とウェブサイトで宣言。離婚をすることが発表されました。2016年にクリス・マーティンが離婚届にサインし、離婚成立となりました。

【コールドプレイ(Coldplay)のボーカルクリス・マーティンの性格とは?】

世界的にも有名なロックバンドとして成功した「コールドプレイ(Coldplay)」のボーカル、クリス・マーティン。バンドの世界観を担う楽曲制作にも重要な役割を果たす彼の性格とは、どのようなものでしょうか。

妻に合わせてのベジタリアンだった過去

日本ではあまりなじみのないものですが、コールドプレイ(Coldplay)のクリス・マーティンは、肉などの食材は食べないベジタリアン。

ですが、実は妻であった「グウィネス・パルトロー」の影響だったそう。奥さんのために食事さえも変えられる、優しい性格だといえます。

人間関係が下手らしい

テレビのインタビューで「人とうまく付き合えない性格」であることを話したクリス・マーティン。

少しシャイな性格なのでしょうか、それとも自由人?ちなみにコールドプレイ(Coldplay)として共に活動している、ギターのジョニーも同じ性格であるとも語っています。

先輩バンド「U2」からは「うぬぼれや」扱い

コールドプレイ(Coldplay)の先輩にあたるロックバンド「U2」。クリス・マーティンも尊敬しているバンドです。ですがU2のボーカルボノには「無秩序な性格」と揶揄されたことがあったといいます。

デビューしてすぐにヒットを飛ばし、人気女優との結婚と、公私ともに幸せな生活をしていれば少し天狗になってしまうのは仕方のないことかもしれません。

U2のボノは決して彼を否定しただけではなく、同時にコールドプレイ(Coldplay)の音楽性を担うクリス・マーティンを高く評価しています。

性格は少し個性のあるコールドプレイ(Coldplay)のボーカル・クリスマーティン。ですが音楽に対しての才能はピカイチだといえます。

【コールドプレイ(Coldplay)のボーカルクリス・マーティンは離婚が原因で鬱に…】

人付き合いが苦手な性格のコールドプレイ(Coldplay)のボーカル、クリス・マーティン。

プロフィールでも紹介した通り、2003年に結婚をした相手、女優のグウィネス・パルトローと2014年に離婚を発表しました。

彼は妻であるグウィネス・パルトローが設立したウェブサイトで、離婚に関するコメントを発表。「意識的脱夫婦」という言葉を使った離婚宣言に注目が集まり、サイトは一時アクセス過多によるサーバーダウンをしたそうです。

この離婚が原因で、クリス・マーティンは、「約1年間の鬱に苦しめられた」と新聞社のインタビューで告白しています。鬱による落ち込みがちな気分を救ってくれたのは、数々の本でした。

<アウシュビッツ収容所での経験を記した男性の自伝『夜と霧』や、人生における全ての感情をゲストハウスに例えたルーミーの詩集『ゲストハウス』が鬱を抜け出す力になりました。離婚届のサインを拒否していたクリス・マーティンでしたが、2016年にはサインをし、離婚成立をしています。

【コールドプレイ(Coldplay)のボーカルクリス・マーティンが鬱を超えて発表したアルバム「A Head Full of Dreams」】

A Head Full of DreamsをAmazonでチェック!

約1年間にも及ぶ鬱状態を、本の力を借りて快復したコールドプレイ(Coldplay)のボーカルクリス・マーティン。

元気になった彼は再び楽曲制作を開始し、2015年に最新アルバム「A Head Full of Dreams」をリリースしました。11曲入りのアルバムですが、日本盤にはボーナストラックとして「Miracles」が収録されています。

ギターの旋律が印象的なトップナンバー「Adventure Of A Lifetime」や彼女の美しさを表現したラブソング「Miracles」など、名曲揃い!コールドプレイ(Coldplay)のボーカルのクリス・マーティンの完全復活が分かるアルバムとなっています。

そしてアルバム「Adventure Of A Lifetime」を引っ提げたコールドプレイ(Coldplay)の来日公演が、遂に2017年4月に開催決定!自身初の公演となる東京ドームに、ボーカルのクリス・マーティンの声が響き渡ることでしょう。

Coldplayのその他おすすめ記事

【困難を乗り越えた「コールドプレイ(Coldplay)」のボーカル、クリス・マーティンの新たな活躍!】

(出典:pixabayより)

バンドのデビューから大ヒットと、順風満帆な生活を送ってきた「コールドプレイ(Coldplay)」のボーカル、クリス・マーティン。周囲や自身の発言による彼の性格から、離婚の影響などをまとめてお伝えしました。4月にはバンド活動初の東京ドーム公演が予定されており、ファンは今から待ちきれない様子!「コールドプレイ(Coldplay)」のボーカル、クリス・マーティンを理解すると、さらに楽曲への理解が深まるのかもしれません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。