あなたはもう聴いた? コールドプレイの人気・おすすめアルバムランキングTOP5を大公開!

数多くの人気楽曲を生み出し、世界中で愛され続けているコールドプレイ。本日はコールドプレイがこれまでリリースしてきた7枚のアルバムのなかから、ぜひおすすめしたいランキングTOP5を厳選してご紹介します。

コールドプレイの人気・おすすめアルバムランキングTOP5を大公開!

数多くの人気楽曲を生み出し、世界中で愛され続けているコールドプレイ。今回は、これまでにリリースされた7枚のアルバムのなかからコールドプレイの人気・おすすめ楽曲をランキングTOP5という形でご紹介していきます。

コールドプレイは魅力的なアルバムにも注目!

1997年にイギリス・ロンドンで結成されて以降、数多くの名曲を世に送り出しているコールドプレイ。彼らの奏でるサウンドは人の心をつかんで離さない魅力に溢れており、世界中で高い人気を誇っています。

今回は、コールドプレイのアルバムのなかから、ぜひおすすめしたいランキングTOP5を厳選してご紹介していきます。ファンになりたてで、「コールドプレイのどのアルバムから聴こうかな」と悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コールドプレイのおすすめ・人気アルバムランキングTOP5:第5位

『Mylo Xyloto / マイロ・ザイロト』

Mylo XylotoをAmazonでチェック!

2011年にリリースされたコールドプレイ5枚目のアルバム。アルバム全体が一つの物語として描かれたコンセプト・アルバムに仕上がっており、「音」と「色」を巡る争いや、物語の登場人物であるMylo(マイロ)とXyloto(ザイトロ)の恋がテーマとなっています。

英国シングルチャートやビルボードモダンロックチャートで1位を獲得した『Paradise』やファン人気の高い『Charlie Brown』が人気曲として挙げられますが、日本では、映画「宇宙兄弟」の主題歌に起用された『Every Teardrop Is a Waterfall / ウォーターフォール~一粒の涙は滝のごとく』も高い人気を誇っています。

収録曲

1 Mylo Xyloto / マイロ・ザイロト
2 Hurts Like Heaven / ハーツ・ライク・ヘヴン
3 Paradise / パラダイス
4 Charlie Brown / チャーリー・ブラウン
5 Us Against the World / アス・アゲンスト・ザ・ワールド
6 M.M.I.X. / M.M.I.X.
7 Every Teardrop Is a Waterfall / ウォーターフォール~一粒の涙は滝のごとく
8 Major Minus / メジャー・マイナス
9 U.F.O. / U.F.O.
10 Princess of China / プリンセス・オブ・チャイナ
11 Up in Flames / アップ・イン・フレイムス
12 A Hopeful Transmission / ホープフル・トランスミッション
13 Don’t Let It Break Your Heart / ドント・レット・イット・ブレイク・ユア・ハート
14 Up With the Birds / アップ・ウィズ・ザ・バーズ
15 Charlie Brown(Live from Glastonbury 2011) / チャーリー・ブラウン(Live from Glastonbury 2011)(* BONUS TRACK)
16 Life Is for Living(Live from Glastonbury 2011) / ライフ・イズ・フォー・リヴィング(Live from Glastonbury 2011)(* BONUS TRACK)
17 Every Teardrop Is a Waterfall(Live from Glastonbury 2011) / ウォーターフォール~一粒の涙は滝のごとく(Live from Glastonbury 2011)(* BONUS TRACK)

発売年月

2011年10月19日

コールドプレイのおすすめ・人気アルバムランキングTOP5:第4位

『A Head Full Of Dreams / ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』

(出典:Amazonより)

2015年にリリースされた7枚目のアルバム。2016年3月からは、このアルバムを引っ提げたツアーが世界中で行われており、2017年春には日本(東京ドーム)での公演も予定されています。

ビヨンセやノエル・ギャラガー、アメリカのオバマ大統領といった豪華メンバーとのコラボも話題となっており、前作とは対照的なプラスエネルギーに溢れた仕上がりとなっています。

リリースされてから日が浅いアルバムではありますが、ボーナストラックとして収録されている『Miracles』をはじめ、コールドプレイの代表曲と呼ばれるようになるであろう魅力的な楽曲がそろっています。

収録曲

1 A Head Full Of Dreams / ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ
2 Birds / バーズ
3 Hymn For The Weekend / ヒム・フォー・ザ・ウィークエンド
4 Everglow / エヴァーグロウ
5 Adventure Of A Lifetime / アドヴェンチャー・オブ・ア・ライフタイム
6 Fun / ファン
7 Kaleidoscope / カレイドスコープ
8 Army Of One / アーミー・オブ・ワン
9 Amazing Day / アメイジング・デイ
10 Colors Spectrum / カラー・スペクトラム
11 Up&Up / アップ&アップ
12 Miracles / ミラクルズ(* Bonus Track)

発売年月

2015年12月4日

コールドプレイのおすすめ・人気アルバムランキングTOP5:第3位

『X&Y/ エックス・アンド・ワイ』

(出典:Amazonより)

2005年にリリースされた3枚目のアルバムで、同年に全世界で最も売れたアルバムとしても知られています。「答えがないものに対する自分たちの答え」を表現したアルバムに仕上がっており、『Fix You』や『Speed Of Sound』といったコールドプレイの代表曲も多数収録されています。

「どのアルバムがおすすめか」という問いかけに対して、このアルバムをおすすめするファンも多い印象があります。ビートルズをめざして作られた楽曲として知られている、アルバムタイトルと同じ『X & Y』という曲もおすすめです。

収録曲

1 Square One / スクエア・ワン
2 What If / ホワット・イフ
3 White Shadows / ホワイト・シャドウズ
4 Fix You / フィックス・ユー
5 Talk / トーク
6 X & Y / エックス・アンド・ワイ
7 Speed Of Sound / スピード・オブ・サウンド
8 A Message / ア・メッセージ
9 Low / ロウ
10 The Hardest Part / ザ・ハーデスト・パート
11 Swallowed In The Sea / スワロード・イン・ザ・シー
12 Twisted Logic / トゥイステッド・ロジック
13 Til Kingdom Come / ティル・キングダム・カム

発売年月

2008年11月26日

コールドプレイのおすすめ・人気アルバムランキングTOP5:第2位

『Parachutes / パラシューツ』

(出典:Amazonより)

2000年に発売されたコールドプレイのファーストアルバム。リリースとともに全英チャートで1位に輝き、33週連続でトップ10入りを果たすなど彼らの「伝説のアルバム」として知られています。このアルバムをきっかけに、彼らはイギリス国内のみにとどまらず、世界中でその名をとどろかすこととなりました。

『Shiver』や『Sparks』といった名曲はもちろんですが、なかでも『Yellow』は、誰もが認めるコールドプレイの代表曲として今もなお愛され続けています。ここまでにご紹介したアルバムと比較すると、今とは少し印象の異なったコールドプレイサウンドに感じられるかもしれません。

収録曲

1 Don’t Panic / ドント・パニック
2 Shiver / シヴァー
3 Spies / スパイズ
4 Sparks / スパークス
5 Yellow / イエロー
6 Trouble / トラブル
7 Parachutes / パラシューツ
8 High Speed / ハイ・スピード
9 We Never Change / ウィ・ネヴァー・チェンジ
10 Everything’s Not Lost(Includes Hidden Track ‘Life Is For Living’) / エブリシングズ・ノット・ロスト~ライフ・イズ・フォー・リヴィング(シークレット・トラック)
11 Careful Where You Stand / ケアフル・ホウェア・ユー・スタンド
12 For You / フォー・ユー

発売年月

2000年8月9日

コールドプレイのおすすめ・人気アルバムランキングTOP5:第1位

『VIVA LA VIDA OR DEATH AND ALL HIS FRIENDS / 美しき生命』

美しき生命 【通常盤】をAmazonでチェック!

2008年にリリースされた4枚目のアルバム。原題は『VIVA LA VIDA OR DEATH AND ALL HIS FRIENDS(=人生万歳、もしくは、死と彼の全ての友人)』となっており、「生と死」をコンセプトとしていることがうかがえますが、日本では『美しき生命』と表現されています。

このアルバムの代表曲と言えば、やはり『Viva la Vida』を挙げる方が圧倒的に多いのではないでしょうか。iPodのCMに起用されたことで、幅広く認知されるようになった印象があります。

他のアルバムと比較すると、聴きやすく親しみやすい楽曲が多いため、コールドプレイの世界へ足を踏み入れたいと考えている方には、その入り口としてにおすすめしたいアルバムでもあります。

収録曲

1 Life In Technicolor / 天然色の人生
2 Cemeteries Of London / 哀しみのロンドン
3 Lost! / ロスト!
4 42 / 42
5 Lovers In Japan / ラヴァーズ・イン・ジャパン
6 Yes / Yes
7 Viva La Vida / 美しき生命
8 Violet Hill / ヴァイオレット・ヒル
9 Strawberry Swing / ストロベリー・スウィング
10 Death And All His Friends / 生命の幻影
11 Lost? / ロスト?

発売年月

2008年6月11日

Coldplayのその他おすすめ記事

アルバムによって表情を変えるコールドプレイの楽曲

今回は、コールドプレイのアルバムのなかから、人気・おすすめのものをランキングTOP5という形でご紹介してきました。アルバムによってコンセプトや見せる表情が異なるのも彼らの魅力の一つと言えるかもしれません。彼らの歴史や歩みと照らし合わせながら聴いてみるのもおすすめです。

今回ご紹介できなかった2枚のアルバムに関しても代表曲と呼ばれるものや、日本のファンに人気の高い楽曲が数多く収録されています。アルバムを通じて、コールドプレイが描き出す世界観に思い切り浸ってみてはいかがでしょうか。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。