[Champagne] (シャンペイン) チケット
ChampagneのライブPV動画まとめ!シャンペインの魅力が伝わる厳選5選!

良質なロックサウンドを世に送り込み、音楽ファンを魅了し続けているロックバンド、[Champagne]。2001年に結成されてから地道なライブ活動を続け、2010年に待望のデビューを果たすという確かなキャリアがあり、実力はまさにお墨付きのバンドと言えます。

ここではそんなChampagneの魅力を動画と一緒にご紹介していきます。

Champagne「涙がこぼれそう」

最初にご紹介するのは2013年1月に発売されたシングル「涙がこぼれそう」。「starrrrrrr」と一緒に両A面シングルとして発売された作品です。

Aメロ部分のシンプルなアレンジ、サビで聴かせるギターの轟音が対比され曲にメリハリを生んでいます。間奏のブレイク前に一瞬登場するミュートによるハーモニクス音も絶妙なグルーヴです。

Champagne「For Freedom」

続いてご紹介するのは、2010年1月に発売されたアルバム『Where’s my potato?』に収録された「For Freedom」。Champagneにとって記念すべき初めての作品となりました。細かいキメが印象的な作品です。

左チャンネルの早いストローク、右チャンネルのディレイ、高フレットのベースなど綿密に計算されたアレンジが見事な作品と言えます。

Champagne「Waitress, Waitress!」

印象的な楽器のアタック音が数多く聞こえてくるのはこちら、2012年4月に発売されたアルバム『Schwarzenegger』に収録された「Waitress, Waitress!」。ブレイクのタイミングで聴かせるベースのスラップがとてもカッコ良いですよね。

Champagneの楽曲はどれもメロディが良いだけではなく、各楽器のアレンジも奥深いところに魅力があるのではないでしょうか。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。