名古屋発NEOかわいいバンド”CHAI(チャイ)”のメンバープロフィールに迫る!

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊という名古屋出身女子4人で編成されたバンドCHAI(チャイ)。ノンプロモーションにも関わらず、SpotifyのUKチャートTOP50に代表曲「ぎゃらんぶー」が突如チャートイン(最高位36位)。2017年にはSXSW出演と初の全米8都市ツアーを大成功に収め、その中毒性で日本の音楽シーンをざわつかせている“NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド”CHAI(チャイ)のメンバー一覧、結成秘話、プロフィールをまとめてご紹介します。個性溢れるCHAI(チャイ)のメンバープロフィールは必見です!

“NEOかわいいバンド”CHAI(チャイ)の結成秘話から現在まで

CHAIさん(@chai_official)がシェアした投稿

ミラクル双子のマナ・カナのツインボーカルに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊という名古屋出身の女子4人で編成されたバンドCHAI(チャイ)
ノンプロモーションにも関わらず、SpotifyのUKチャートTOP50に代表曲「ぎゃらんぶー」が突如チャートイン(最高位36位)。
2017年にはSXSW出演と初の全米8都市ツアーも大成功に収め、4月26日には2nd EP「ほめごろシリーズ」をリリース。
高い中毒性で日本の音楽シーンをざわつかせている“NEOかわいいバンド”、“NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド”CHAI(チャイ)のメンバー一覧、結成秘話、プロフィールをまとめてご紹介していきます。

CHAI(チャイ)のメンバー一覧

CHAIさん(@chai_official)がシェアした投稿

マナ

CHAIさん(@chai_official)がシェアした投稿

ボーカル、キーボード担当
カナと双子の姉妹。
だいたいの曲の作詞や作曲を務める。

カナ

CHAIさん(@chai_official)がシェアした投稿

ボーカル、ギター担当
マナが書いた曲のベースラインや基本的なコード付けを担う。

ユウキ

ベース、コーラス担当
CHAI(チャイ)加入で初めてベースを弾く。
イラストを書くのが趣味で、ジャケットのデザインも担当している。

ユナ

CHAIさん(@chai_official)がシェアした投稿

ドラム、コーラス担当
高校卒業後、音楽の専門学校に進学し、メンバーで唯一音楽を専門的に学ぶ。

CHAI(チャイ)の結成秘話~活動・経歴

高校時代、軽音楽部に所属していた双子のマナ、カナとユナでaikoや椎名林檎のコピー・バンドを組んでいたが、その部活でオリジナル曲を作ったことがきっかけで、マナが曲作りの面白さに目覚め、その後も曲を作り続ける。
高校卒業と同時にバンドは解散しましたが、音楽を諦めきれずに「またやりたい」と思ったマナが、大学時代にカナとユナを誘いバンドを結成。2012年の終わりとか、2013年頃のことらしい。
その頃、バンドをやりたがっているマナを応援するつもりだったユウキは、「ついでにユウキもやる? 」と誘われバンドはおろか楽器の経験も無いのにあっさり加入。余っていたベースを担当することになりました。

本気で職業として音楽をやろうと思ったのは以外と最近で2016年。
「本気でやるなら名古屋にいちゃダメだ」と上京し、「CHAI(チャイ)ハウス」と呼ぶ家に4人で暮らし始めました。

時をほぼ同じくしてジワジワといろんな人が「CHAI(チャイ)ヤバい」と韻を踏みながら口にし始める中、2016年8月、Spotify、Apple Music等のストリーミングサービスで『ほったらかシリーズ』を配信スタート。
するとある日突然、ノンプロモーションにも関わらず、代表曲『ぎゃらんぶー』がSpotify UKチャートTOP50に突如ランクイン!(最高位36位)。
しかし、CDの流通をし忘れてたことに気付き、12月7日より遅ればせながら初の流通作品として1st EP『ほったらかシリーズ』を全国のレコード店にて発売スタートしました。

2017年3月1日、OTOTOY×東洋化成コラボレーベル“TOYOTOY”からの第一弾流通作品として、アナログ7inch『Sound & Stomach / ボーイズ・セコ・メン』をリリース(ハイレゾ配信も同時配信)。
同じく3月、アメリカのテキサス州オースティンで毎年3月に行なわれる、音楽祭・映画祭・インタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」内で開催されるJapan Niteに出演。
続いて、ニューヨーク、シカゴ、シアトル、ポートランド、サンディエゴ、ロサンゼルズ、サンフランシスコと回る、初めてのUSツアーを成功させました。
4月26日、2nd EP『ほめごろシリーズ』リリース。
7月、FUJI ROCK FESTIVAL’17のROOKIE A GO-GOに出演。
9月8日、USレーベル、@BurgerRecords (バーガーレコード)の”Burger World Japan”コンピレーションに参加。
10月25日には待望の1stアルバム『PINK』のリリースが決定。その発売記念ツアー『やっぱり育ちたいトゥアー』が11月からスタートします。

多くの著名人もCHAI(チャイ)に注目!

CHAIさん(@chai_official)がシェアした投稿

くるりの岸田繁やAIAN KUNG-FU GENERATIONのGotch、RIP SLYMEのDJ FUMIYA、ヒャダインなど、多くの著名人が早くからCHAI(チャイ)に注目しています。
その一部をご紹介しましょう。

めっちゃかっこいい。
いや、かっこいいのか?わからないけど
ずっとCHAIばっかり聴いて観てるから
かっこいいんだろうな。
(出典:CHAI | ヒャダインオフィシャルブログ「ヒャダインのチョベリグ⭐︎エブリデイ」より

CHAIは本当の意味でダンサブルだったし、他のバンドとは圧倒的に違うんだなと思いました。しかも踊れつつ、歌詞も耳に残る。僕もいろいろな要素を詰め込みたいタイプなのでシンパシーを感じたし、それをちゃんと形にできているのが凄いなって
(出典:CHAIは「バッド・フェミニスト」時代のポップたりえるか? 2017年の〈ガール〉更新する噂のバンドにHelsinki Lambda Club橋本と迫る | Mikikiより)

コンプレックスはアートなり〜〜!CHAI(チャイ)の今後、まとめ


(出典:pakutasoより)

誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドとも評されるCHAI(チャイ)
ノリや流れで動いているわけではなく、女の子なら誰もが抱える劣等感を全面的に肯定し、“コンプレックスはアートなり〜〜”という価値観の元で音楽を表現し、“NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド”と称するように、女の子バンドであることにはかなり強いこだわりを持っています。

女って軽い音を出すイメージがあるじゃないですか。しっかりやらなくても可愛くて評価される感じ。「いやいや、私たちはそんな音楽じゃねえよ」って思うし、女だからって舐められたくないの。しっかりした音を、女が出すっていうのが一番かっこいいと思う。
(出典:NEOかわいいバンドCHAIがOTOTOYのテーマ・ソングをリリース?!──彼女たちの結成話やルーツを訊いた | OTOTOYより)

男でも出せないような、重い音・本物の音でちゃんと評価を受けたいという彼女たちの夢は、「バンドでグラミーを受賞して、アジア代表になりたい。」「世界ツアー行きたい。」「“可愛い”を変えたい。」「『アジアと言ったらCHAI(チャイ)』みたいな存在になりたい。」「Billboard Rankingに入りたい。3位に入りたい。」とどんどん広がっていきます。
軽やかに世界の壁を越えていく世界基準の音楽を武器に快進撃を続ける“NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド”CHAI(チャイ)を取り巻く環境は、ますます騒がしくなっていくことでしょう。
10月25日には待望の1stアルバム『PINK』のリリースを控えたCHAI(チャイ)の音楽にぜひとも巻き込まれてみてください。

その他の関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。