往年のB’zを思わせるビートも見事なナンバーの決定版「ultra soul」

2人組モンスターロックユニット(実質はバンド)といえば、ヴォーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘からなるB’zです。

稲葉さんのシャープなイケメンぶりから女子ファンも多いけれど、松本さんのスーパーギターテクニックから男子からの支持も高い文字通りの国民的ロックユニット

音楽性は限りなくポップなハードロック。ブルージーな稲葉スタイルの歌と、グイーンと歪んだ松本さんのギターの音が特徴です。

テンションをMAXに持って行きたいときの最適ナンバー

彼らの数多いヒット曲の中でも、もっともわかりやすく、もっとも派手で、最もノリのいいのがこの「ultra soul」

2001年の作品でありながらビートは往年のデビュー当初を思わせるTM NETWORK譲りのデジタル度満点のテクノスタイル(本人たちも意識したと言ってます)。

そこに稲葉さんお得意の「♪○○しましょう〜」の歌詞が乗るんだから、かっこ良くないはずないです。

「ultra soul」


(出典:youtube)

ultra soulをAmazonでチェック!

▶︎ultra soulをAmazonでチェック!

何と言ってもサビのキメのフレーズこそが命

もはやB’zのものまねと言ったらこの「ultra soul」。そのくらい定番のヒット曲になっています。

実は他のロックバンドでここまでものまねに採用されるほどのヒット曲を持つバンドも少ないんですよね〜。

ちなみにこの曲サビのラストの「ウルトラソウル(ハイ!)」のフレーズ、松本が曲を作った段階では存在していなかったといういわくつきのフレーズ。そこがこの曲の一番のポイントになったんだから不思議なものです。

「ultra soul」スタジオライブ


(出典:youtube)

がっつりキャッチーなサビに込められたポジティブメッセージ

つまり、稲葉さんの発音的に言うと、♪『っひゅーめーじゃあーなっいー あっれもこんれもー』のサビの部分。実際の歌詞はこちら。

孤独に耐えて頑張るからこそ栄光がある、耐え忍ぶ時期の苦痛に苦しんでいる多くの人の胸に響きました。

B’zのオススメ記事はこちら

歌声に酔いしれよう!B’zのライブに行こう!

もちろんチケットキャンプではB’zのチケットを取扱中。B’zのナマの魅力に触れるために、ぜひ会場に行ってみよう!

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。