B’zのいぶし銀の名曲「HOME」に込められた強いメッセージとは?

HOME」は、1998年にリリースされたB’zの25作目のシングル曲です。

B面は「The Wild Wind」ですが、オリコンで両A面扱いされたり、松本さん自身が両A面だとインタビューで答えたり、事実上の両A面シングルとなっています。

「HOME」は初動売上50万枚を超える大ヒット作となりました。しかし、そのわりには、他の名曲たちに隠れてあまり目立たないような一曲でもあります。しかも、オリジナルアルバムには未収録の一曲です。

今回は、B’zのいぶし銀の名曲「HOME」の魅力をご紹介いたします!

B'z 1
(出典 : エンタメニュース)

YouTubeでB’z「HOME」のプロモーションビデオを見てみよう♪

まずは「HOME」のプロモーションビデオをご覧ください。YouTubeにアップロードされています。

ビルの屋上のようなところで演奏する松本さんに、商店街や交差点などの街中で歌う稲葉さん。

ちなみに、このプロモーションビデオは香港で撮影されました。日本ではなく異国で歌っている様子は、なんとなく自分探しの旅に出ているような雰囲気がしませんか?そこへ

「さあ見つけるんだ 僕たちのHOME」

とサビが響くと、この曲のテーマがぐっと深まるんです。

B’zが「HOME」というタイトルに込めた想いとは?

HOMEをAmazonでチェック!

この曲のタイトル「HOME」は、「自分の中のよりどころ、ゆるぎないもの」を表しています。人にとっての“居場所”のような意味合いなのかもしれませんね。そして、「それがあれば当面何がおきても大丈夫」という強い気持ちを表した一曲なのです。

2011年には、東日本大震災の支援を目的としたコンピレーションアルバム『ダウンロード・トゥ・ドネート・フォー・ジャパン』に「HOME」が収録されました。このアルバムに収録されている「HOME」は、英語で歌われています。

「HOME」は、復興へ向かう強い気持ちにぴったりの曲なのです。

HOMEをAmazonでチェック!

B’zの「HOME」はコーラスにも遊び心がある!

「HOME」のコーラスですが、よく聞くと「テクマクマヤコン」と言っているのが聞こえますか?

「テクマクマヤコン」は、赤塚不二夫の少女漫画『ひみつのアッコちゃん』に登場する魔法の呪文。ものスゴくカッコいい曲なのに、こんな遊び心をさらっと入れちゃうのが、B’zのニクいところなんです!

B’zに関するこちらの記事もチェック!

B’zのライブに行ったら「HOME」も生で聴けるかも!?

B'z 2
(出典 : Amazon)

B’zの「HOME」いかがでしたか?B’zのライブに行けば、「HOME」に込められた強いメッセージを生で感じることができるかもしれません!B’zのライブのチケットはお持ちでしょうか?

持っていない方は、チケットキャンプを使って手に入れるという方法がありますよ!チケットキャンプではB’zのライブのチケットを取り扱っています。ぜひ、チケットを手に入れて、稲葉さんの歌と松本さんの演奏を生で聴いてくださいね♪

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。