20年以上前から輝きを失わない!B’zのバラード「ALONE」

何とかれこれこれが20年以上前の楽曲だから驚くバラード名曲の「ALONE」。しかし今聴いても一向に色あせて聞こえないのは、やはりデジタル面の音色が少なく、直球どまんなかのロックバラードとしてサウンドが構築されているからなのだろう。

何とかれこれこれが20年以上前の楽曲だから驚くB’zのバラード名曲の「ALONE」。

「LADY NAVIGATION」の次というから、ほとんど気が遠くなるほど大昔の作品である。

しかし今聴いても一向に色あせて聞こえないのは、やはりデジタル面の音色が少なく、直球どまんなかのロックバラードとしてサウンドが構築されているからなのだろう

GLAYのTAKUROさえ惚れ込んだ、哀愁バラードの大傑作

哀愁ロックソングの旗手・GLAYのリーダー・TAKUROもまたこの曲を愛する1人。他にもファン投票でも5位に選ばれたこともあるほど熱烈な支持を得ている名バラード。

なのになかなかライブでは披露してもらえない不遇の名曲としてファンの中で認知されている楽曲なのだ。

「ALONE」


(出典:YouTube)

活動初期の段階でこれほどの名バラードが生まれていたという事実

松本さんの泣きのギターのフレージング、稲葉さんの絞りだすようなロングトーン多用の熱唱、これを名曲としないでどうする!? とファンなら憤慨するほどのすばらしい楽曲。歌詞もまた、実に泣かせる仕上がりだ。

歌いだしも、

と実に哀感のみなぎる言葉選び。何も言っていないようでいて、そこから伝わるのはポッカリと穴の空いた喪失感。これがすでに活動初期の段階で書けていたんだからやはり稲葉さんは天才である。

なのに演奏してくれないんだよなあ、なかなか。

決して豊かじゃない若者の寂しさを極上のメロディーに乗せて

またこの曲は必要最低限に削ぎ落としたかのようなサビも印象的。

シンプルでありながら最高のサビ。テーマ的にはSMAPの「世界に一つだけの花」とかぶるが、こっちが先のリリースである。

感触としてはGLAYのTAKUROが生み出す楽曲に共通するフォークソング的世界。決して豊かだったりゴージャスだったりはしない、若い世代の抱く感情がせつせつとつづられているもの。ファンとしてはやはり、どんなに時がたったとしても、ライブの現場で体感したくなる究極で至高のバラードナンバーである。

B’zのオススメ記事はこちら

B’zの生歌を聞きたくなった方も多いのでは?

もちろんチケットキャンプではB’zのチケットを取扱中。B’zのナマの魅力に触れるために、ぜひ会場に行ってみよう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。