スタジオライブで生配信!BUMP OF CHICKENの新曲「リボン」

結成20周年のアニバーサリーイヤーの最後の日である2017年2月10日に新曲「リボン」を生配信したBUMP OF CHICKEN (バンプ)。BUMP OF CHICKEN (バンプ)の20年の特別な思いが込められたファン感涙の新曲「リボン」をファンの声と共に徹底紹介していきます!

BUMP OF CHICKEN (バンプ)の新曲「リボン」


2016年2月11日、結成20周年というアニバーサリーイヤーの結成記念日であるこの日に、BUMP OF CHICKEN (バンプ)の地元である千葉県の幕張メッセで“BUMP OF CHICKEN (バンプ)結成20周年Special Live『20』”が開催され話題となりました。何かと話題が多かった結成20周年のアニバーサリーイヤー最後の日である2017年2月10日に新曲「リボン」のSTUDIO LIVEがAbema TV、スペシャルアプリ、YouTube Liveにて生配信されました。ファンにとって特別なプレゼントとなった新曲「リボン」について紹介していきます。

BUMP OF CHICKEN (バンプ)とは?プロフィールを紹介

ヴォーカル&ギター 藤原基央

BUMP OF CHICKEN (バンプ)におけるほぼすべての作詞・作曲を担当するバンドのフロントマンです。

サザン・ロックに影響を受けており、バンド内でギターだけでなく木琴、ピアノなど様々な楽器も使用しています。

ギター 増川弘明

「ヒロ」の愛称でファンから親しまれるギターリスト。

本来は左利きですが、右利き用のギターを使用しています。

ベース 直井由文

「チャマ」の愛称で、バンドのムードメーカー的存在です。

ドラムス 升秀夫

X JAPANのYOSHIKIに憧れてドラムを始め、好きなドラマーにYOSHIKIを挙げています。

隠しトラックの多くの作品でメインボーカルも務めています。

1994年にメンバーが当時中学3年生の頃、文化祭に向けてバンドを結成。

当時のメンバーは藤原基央、直井由文、升秀夫に別のギターを加えた4人編成で、増川弘明は裏方を担当していました。

 

そしてバンド活動が本格化し、オリジナル曲の制作やコンテストの出場などを経験する中、やる気のなかったギターが脱退します。

1996年2月11日にギターに増川弘明を迎え、現在のメンバー構成となります。

それに伴い、すでに完成していた楽曲である「BUMP OF CHICKEN (バンプ)」にバンド名を改名します。

由来はメンバーの造語である「臆病者の一撃」という意味です。

そこには「俺らみたいな臆病者でも何かできるんだ」という想いが込められています。

その為、正式な結成日が1996年2月11日となっています。

メンバーが全員が千葉県佐倉市生まれで、幼稚園からの幼馴染です。

2000年9月20日にシングル「ダイヤモンド」でメジャーデビュー。

2001年3月14日に発売された2枚目のシングル「天体観測」の大ヒット以降、発売するシングル、アルバムが軒並みヒットを記録し、2016年には結成20周年を迎えた日本を代表するロックバンドです。

新曲「リボン」とは?

BUMP OF CHICKEN (バンプ)にとっては勿論、ファンにとっても特別な思いで迎えた結成20周年のアニバーサリーイヤー。

BUMP OF CHICKEN (バンプ)の地元である千葉県の幕張メッセで2016年2月11日に行われた、BUMP OF CHICKEN (バンプ)結成20周年Special Live『20』を皮切りに盛り上がった一年でした。

そのアニバーサリーイヤーのラストを飾るべく、2017年2月9日に公式ホームページである発表がありました。

それが、結成20周年のアニバーサリーイヤー最終日である2017年2月10日に新曲「リボン」のSTUDIO LIVEがAbema TV、スペシャルアプリ、YouTube Liveにて生配信されるという発表でした。

突如発表されたBUMP OF CHICKEN (バンプ)からファンへのサプライズプレゼントであり、バンドを20年間支えてくれたファンへの最高の贈り物となりました。

「リボン」はどんな曲?

新曲「リボン」について詳しい概要を紹介します。

この結成20周年のアニバーサリーイヤーの期間中にできた最後の曲ということで演奏されました。

これまでのBUMP OF CHICKEN (バンプ)の軌跡をたくさん詰め込んで、バンドのこれまでの歩み、そしてこれからのことを歌った曲でした。

BUMP OF CHICKEN (バンプ)が好きなら誰もが「あっ!」となるようなキーワードをたくさん歌詞に散りばめながら、結成21年以降の活動を期待させてくれるような曲でした。

生配信を通して「リボン」を聴いていたファンは自分の好きな曲、思い入れのある曲の歌詞やキーワードを見つけて思わず笑顔になったファンも多いはずです。

メンバーたちの絆を深く再確認し、ファーストアルバムからずっと使用しているロゴにある「赤い星」が「リボン」という形でメンバーは勿論、メンバーとファンも繋がっているということを感じられる名曲です。

このスタジオライブで改めてメンバーが「4人で20年」という想いを感じ、またファンも「自分の歴史と照らし合わせて聴いてほしい」という藤原基央の言葉通り、大きな節目である結成20周年のラストを飾るにふさわしい曲でした。

そして気になる発売日ですが、現在のところは詳しい概要などはアナウンスはされていません。

「結成20周年の最後にこのような曲が出来たので、いち早く聴いてほしい」という思いを藤原基央がインタビューで語っているので、近いうちに発売となる可能性があります。

期待して待ちたいですね。

ファンの声をピックアップ!

ここからは喜びに沸くファンの声、感想をお伝えしていきます。

急なサプライズ企画にファンも驚きを隠せなかったようです。

やはりはやく発売してほしい、発売日が待てないという声が上がっています。

配信は深夜だったにもかかわらず、多くのファンが視聴していました。

歌詞の中に散りばめられたBUMP OF CHICKEN (バンプ)の今迄の名曲たちのキーワードを見つけるというのも、今回の新曲「リボン」の楽しみ方の一つだったようです。

BUMP OF CHICKEN (バンプ)からの温かいメッセージが、ファンの心に届いたようです。

早く生で聴きたい、発売してほしいという切実な思いが伝わってきます。

BUMP OF CHICKEN (バンプ)は今迄に歌詞の中に様々なメッセージや想いを詰め込んできました。

その歌詞から様々なメッセージや想いを自分なりに解釈し、受け取っていくというのもBUMP OF CHICKEN (バンプ)の音楽の楽しみ方の一つだったので、新曲を聴いたファンも様々な解釈、受け取り方をしているようです。

昨今のBUMP OF CHICKEN (バンプ)の音楽性よりも、昔のBUMP OF CHICKEN (バンプ)に近いという喜びのファンの声もありました。

最近はBUMP OF CHICKEN (バンプ)の曲をあんまり聞いていない、昔のBUMP OF CHICKEN (バンプ)の曲が好きという人にも聞いてもらいたいですね。

結成記念日を「誕生日」と表記するところにBUMP OF CHICKEN (バンプ)への深い愛を感じます。

この配信から日が明け結成21周年となったBUMP OF CHICKEN (バンプ)への熱いメッセージもいいです。

本当にファンにとっても特別な一日、そしてこれからもこの曲は特別な曲としてファンから愛されていくんだろうなと深く感じました。

ファンとBUMP OF CHICKEN (バンプ)の絆の深さを感じます。

BUMP OF CHICKEN (バンプ)の集大成となった曲である「リボン」の詳しい概要を待つ声が上がっています。

これからの更なる活躍に期待したいです。

結成21周年以降も目が離せない!


(出典:PAKUTASOより)
 

結成からファンと共に歩み、結成20周年のアニバーサリーイヤーの最後に生配信されたBUMP OF CHICKEN (バンプ)の「リボン」について紹介しました

新曲「リボン」の発売日が気になります。

結成21周年以降も更なる飛躍、活躍に期待したいですね。

BUMP OF CHICKEN (バンプ)のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。