BUMP OF CHICKENの独特な世界観、忘れられないフレーズを集めてみた!

デビューしてから、独特の世界観と魅力的な楽曲で、たくさんの人の心を捉え続けているBUMP OF CHICKEN。芸能人やアーティストにもファンが多いことで知られていますよね。ここでは、そんなBUMP OF CHICKENの曲の中から、藤原基央の世界感が詰まった魅力溢れる、忘れられない名フレーズを紹介します!

デビューしてから、多くのファンの心を掴み続けているBUMP OF CHICKEN。地上波のテレビへの出演がほとんどないにもかかわらず、高い人気を保ち続けているのは、すごいことですよね。

バンプの歌詞は、独特の言い回しが多用されており、そんな歌詞も魅力の1つになっています。ストーリー性が深く、まるでその情景が目に浮かんできそうな美しい歌詞。時には勇気付けられたり、心温まったりと、心に響くフレーズがたくさんあります。

ここでは、BUMP OF CHICKENの歌詞の中から素敵なフレーズを集めて紹介したいと思います!これを読んで、一緒にバンプの世界観に浸りましょう♪

BUMP OF CHICKENの忘れられないフレーズ「花の名」より


2007年にリリースされた曲で、当時のオリコンチャートでも1位を獲得したヒット曲「花の名」。大ヒット映画「ALWAYS続・三丁目の夕日」の主題歌にもなりました。

たくさんの人の中から唯一無二の存在である「自分にとっての一人」を選んだという想いが、とても美しくストレートに伝わって来る詩ですね。恋愛だけではなく、自分にとって大切な人への気持ち、感謝の想いを感じさせてくれるような歌詞です。

BUMP OF CHICKENの忘れられないフレーズ「宇宙飛行士への手紙」


雨と晴れの隙間という表現から、どんな風景なのか、匂いさえもなんとなく想像できるような美しい歌詞です。また「過去」と表現せずに「今が未来だった頃のこと」と伝える表現方法も、ふっと、ただの過去ではない、人間は全て「今」の積み重ねを生きていることがうかがえるような表現です。
こちらも先ほど同様に感じるのは、とにかく「今」が大事であるということ。自分の大切なもののために、「今」のこの瞬間を大事にすることの大切さを伝えているように感じます。

BUMP OF CHICKENの歌詞は人によって捉え方が様々です。すべての曲を通じて、自分はその歌詞を読んで何をどう感じるのか。その解釈を議論できるような歌詞を生み出すのがBUMP OF CHICKENの魅力ですね。

「宇宙飛行士への手紙」は、なぜ宇宙飛行士への手紙なのか。そのあたりもいろいろな解釈があります。是非PVを観たり、改めて曲を聴いて感じてみてください。

BUMP OF CHICKENの忘れられないフレーズ「Stage of the ground」より


ぐっと胸に響くフレーズです。どんな局面においても、悩みも間違いも失敗も、たくさんあるかもしれないけれど、自分の目の前に広がる道の中から、自分が進む道を選んでいく姿に間違いはない、と勇気付けられる歌詞です。

また、360度、道は選びたい放題なんだから失敗があって当然。だけど、その先にまた道があるんだよ、ということをストレートに伝えてくれています。
実はこの曲、メンバーの友達にお子さんができた時に、その子どもさんに向けて作られた曲だそうです。子どもの持つ可能性や未来は無限大で、これから大きく人生を歩んでいってほしいという想いが伝わってくるとても美しい詩ですね。是非全てを通して聴いてほしい曲です。

BUMP OF CHICKENの忘れられないフレーズ「HAPPY」より


どの曲もそうですが、こちらの曲も最初から終わりまで本当に心に残る歌詞です。こちらの詩はポジティブな逆説がとても印象的です。

BUMP OF CHICKENの歌詞はただ前向きな表現で人を鼓舞するのではなく、人間が人生の中で経験していく心の中の弱さ、葛藤などがまず最初にあって初めて道は切り開かれていくような内容が多いような気がします。それがBUMP OF CHICKEN独特の、他の誰もできないような表現であらわされているので、たくさんの人から共感を得るのではないでしょうか。

この曲のタイトルがなぜ「HAPPY」なのかということも非常に考えさせられます。是非曲と合わせて聴いてみてください!

BUMP OF CHICKENの忘れられないフレーズ「sailing day」より


映画「ワンピース デッドエンドの冒険」の主題歌ともなった「sailing day」は知っている人も多い曲ではないでしょうか。メンバー全員がワンピースの大ファンということで、「ワンピース」と出会わなければ生まれてなかったフレーズもあるそう。

ただ、ワンピースのような「航海」に限らず、人が生を成して人生を歩んでいく上で大事なことを教えてくれる、そして一歩を踏み出させてくれる、そんな歌詞です。時には自分の選択に自信がなかったり、神頼みをしたくなるときもありますが、「精一杯、運命に抵抗」というフレーズがとてもかっこよく、心にスッと突き刺さってきますね。
こちらも上記からつながってきますが、自分が生きていく上で選んできた道、選択や判断が時に間違っていたりしても、それは自分の歴史となり、財産になっていくんだと前向きな勇気を与えてくれる歌詞です。

自分に対して100%自信を持つことは難しいですが、自分のやってきたことは全て自分「存在の証明」であること、そこに「精一杯」という言葉がついていることで、誰もががむしゃらに「自分」という存在を手探りで探しながら生きているんだと、励まされます。

BUMP OF CHICKENの忘れられないフレーズ「ランプ」より


まるで物語のような構成で歌は進行し、僕とランプの精が登場します。ランプの精は、自分自身に勇気を与えてくれる、支えてくれる存在。ですが、ランプの精とは本当は自分の心だったのです。

自分の心に灯をともすこと=ランプであり、おそらく「やる気」のようなものを伝えているのだと思います。自分自身を動かすのは、内なる自分であるということ。それを「やる気」とかそういった表現を用いずに、ランプと人間とのやりとりでそれを表現する部分に、BUMP OF CHICKENの世界観を感じます。そしてより心に響く歌詞となるのだなと思います。

BUMP OF CHICKENの世界観を是非感じ取ってみて!

BUMP OF CHICKENの心に残るフレーズを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。どの曲もしっかりと歌詞を見ながら聴きたい曲ばかり。そして一度聴けば、BUMP OF CHICKENの世界にどっぷり浸かってしまうことでしょう。是非たくさんの曲を聴いてみてくださいね!ライブに行けばBUMP OF CHICKENの魅力をもっと感じること間違いなしです!

BUMP OF CHICKENのオススメ記事はこちら!

BUMP OF CHICKENを観に行こう!

現在予定しているツアー情報などは公開されていないBUMP OF CHICKEN。次回、彼らのライブを観れるのはいつになるのか楽しみで仕方ありませんね!チケットキャンプでは様々なチケットを取り扱っておりますので是非チェックしてみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。