BUMP OF CHIKIENのかっこいいジャケット画像特集!

若い世代の音楽ファンに圧倒的な支持を得るロックバンド、BUMP OF CHICKEN

ボーカル・藤原基央の作る世界観は同じアーティストからも高く評価されています。そんなBUMP OF CHICKENの魅力のひとつと言えば、タイクーングラフィックスが手がけるCDジャケット。

ここではBUMP OF CHICKENのCDジャケットをまとめてご紹介します。気になったもの、ぜひチェックしてくださいね。

BUMP OF CHICKENのCDジャケット画像「LAMP」

1999年11月25日に発売されたシングル「LAMP」。

彼らのインディーズ1枚目のシングルです。ジャケットに描かれているのは、藤原基央が当時飼っていた猫。ファンなら誰もが知るトリビアですよね。

BUMP OF CHICKENのCDジャケット画像「ハルジオン」

2001年10月17日に発売されたシングル「ハルジオン」。

ジャケットを撮影したのは、ベースを担当している直井。ピントがずれたようなこのセンス、最高にカッコ良いですよね。

BUMP OF CHICKENのCDジャケット画像「ロストマン/sailing day」

2003年3月12日に発売されたシングル「ロストマン/sailing day」。

初の両A面曲、映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の主題歌にもなった「sailing day」は特に人気のナンバーです。

ジャケットのおしゃれな場所は真冬の深夜に中目黒駅で撮られたのだとか。飾っておきたいほどの作品ですよね。

BUMP OF CHICKENのCDジャケット画像「車輪の唄」

2004年12月1日に発売されたシングル「車輪の唄」。

アルバム『ユグドラシル』からのシングルカット曲です。

初めてジャケットにメンバー全員が登場した作品ということでおなじみですよね。

BUMP OF CHICKENのCDジャケット画像「プラネタリウム」

2005年7月21日に発売されたシングル「プラネタリウム」。

本作からデザイン事務所「タイクーングラフィックス」がジャケットを担当するようになります。

テイトウワなどおしゃれなアーティストを手がけるだけあって、そのセンスは抜群ですよね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。