BUCK-TICK (バクチク) チケットト
BUCK-TICKのメンバープロフィールを魅力と共にご紹介!

1987年のメジャーデビュー後、現在に至るまで活動を続けているロックバンド、BUCK-TICK。多くのバンドが出てきては消えていく中で、バンドブームを乗り越え、現在も残っている数少ないバンドのひとつになります。

バンドが長く機能するのは、音楽性はもちろんのこと、メンバーひとりひとりに魅力があるのも理由のひとつと言えるでしょう。ここではそんなBUCK-TICKのメンバーをご紹介していきます。

BUCK-TICKのボーカル、櫻井敦司

ボーカルを担当する櫻井敦司は、1966年3月7日生まれ。非常に整った顔立ちが特徴のため、デビュー前には氷室京介からボーカルを勧められたというエピソードがあります。

いつまでも衰えを知らないルックスがとても素敵ですよね。音源やライブで聴かせる低音、そして心地よいビブラートは多くのビジュアル系アーティストに影響を与えたと言えるでしょう。

BUCK-TICKのリードギター、今井寿

ギターを担当する今井寿は、1965年10月21日生まれ。妖艶でもあり美しくもあるBUCK-TICKの世界観は彼が作り上げたとも言っても過言ではないでしょう。

BUCK-TICKの楽曲のほとんどを担当しています。ギターだけにとどまらず、ギターシンセサイザー、テルミンなど楽曲を表現するために、様々な音色を操っては楽曲に色彩を与えています。

BUCK-TICKのサイドギター、星野英彦

ギターを担当する星野英彦は、1966年6月16日生まれ。BUCK-TICKでは、もうひとりのギタリスト、今井寿とは対をなし、主にリズムギターを担当しています。ライブにおいても動が今井だとすれば、星野は静。彼がいるからこそ、安心した土台を築けていると言えるのではないでしょうか。

BUCK-TICKのベース、樋口豊

ベースを担当する樋口豊は、1967年1月24日生まれ。BUCK-TICKのドラマー、ヤガミトールの実弟にあたります。

演奏スタイルはBUCK-TICKのロックサウンドを支える王道なものと言えるでしょう。初期は松井恒松の影響を受け、ダウンピッキング派でしたが、現在ではフィンガーピッキングを取り入れるなど、演奏性にも幅広さが出てきました。BUCK-TICKの縁の下の力持ちのひとりです。

BUCK-TICKのドラム、ヤガミトール

ドラムを担当するヤガミトールは、1962年8月19日生まれ。現在もメンバーの中で唯一髪を立てた派手な見た目が特徴と言えます。

大胆にデジタルを導入した時期も、ヤガミトールはその音楽性に適応したほど正確なリズム感を持っていることにも定評があります。打ち込みと生音の良さが共存するBUCK-TICKの魅力は彼が持っているのかもしれません。

BUCK-TICKのメンバーを覚えたらライブに行こう

BUCK-TICKのメンバー紹介いかがだったでしょうか。いつまでも果てしない魅力を放ち続ける櫻井、バンドのブレーンとも言える今井など5人の良さが分かったのではないでしょうか。

チケットキャンプではBUCK-TICKのチケットを取り扱い中です。長年に渡って活躍を続けるBUCK-TICKのライブ、ぜひ見てみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。