ディズニーとコラボ!『ブラスト!』の魅力的な楽曲を紹介

アメリカ発のマーチングバンドをベースにしたパフォーマンスショー『ブラスト!』が、2016年夏に日本で公演されます!来日10回目となる今回は、ディズニーの曲を融合させた最新作の世界初演『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』。今回は、そんな大人気のエンターテイメントショーである『ブラスト!』楽曲を紹介します。

アメリカ発のマーチングバンドをベースにしたパフォーマンスショー『ブラスト!』が、2016年夏に日本で公演されます!なんと今回は来日10回目の公演であり、さらには誰もが知っている人気のディズニーの曲を融合させた最新作の世界初演『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』。ディズニーの名曲の数々が、『ブラスト!』によってどのように彩られるのでしょうか。

今回は、そんな大人気のエンターテイメントショーである『ブラスト!』について紹介します。

ブラストで披露される、多彩な曲たち

マーチングバンドをベースにしたパフォーマンスショーである『ブラスト!』は、60種類以上の金管楽器や打楽器を軽快に動き回りながら演奏するパフォーマーや、バトンやフラッグなどをたくみに操る華やかなダンサーたちがおりなす、目と耳で楽しむ究極のエンターテイメント!

これまでに、ブロードウェイをはじめ全米で人気を博し、アメリカの演劇・ミュージカルの賞であるトニー賞や、テレビに関する様々な業績を与えられるエニー賞も受賞しました。

そんなブラストで使用される楽曲たちは、じつに多彩です。クラシックの名曲から、ビッグバンドの名曲、ドラムビートを基調としたリズムメインの曲など…様々な楽曲があります。そして今回の公演では、なんとディズニーの楽曲ともコラボされるということで、楽曲面でも大人も子どもも楽しめることまちがいなしですね!

過去のブラスト公演で演奏された曲をチェックしてみよう!

『ブラスト!』のキャスト(出演者)には、日本人も多数参加しています。パーカッションの石川直さんや、ビジュアルアンサンブルを担当している和田拓也さん、トランペッターの米所裕夢さん、バトンを担当される本庄千穂さんと、日本のトップパフォーマーが参加しています。

なかでも、パーカッションの石川直さんは、初来日公演以降、全ての『ブラスト!』日本公演に参加し、リーダー役もつとめています。公式のPR動画では、ボレロをフォーメーションの中央で堂々と演奏される姿が映しているのが印象的です。

このボレロという楽曲は、ラヴェル作曲のバレエ音楽。同一のリズムが保持される中で、2種類のメロディーが繰り返されるという特徴的な構成をしています。現代でもバレエの世界にとどまらず、世界中で広く愛されている楽曲です。過去のブラスト公演の中でも何度も披露されていて、整列された美しいフォーメーションと美しいリズム・メロディーが、会場を圧巻させてきました。

ブラストとディズニー楽曲の、夢のコラボレーションが実現!

巨大なセットと鮮やかな照明演出も加わり、他では味わえないような壮大かつ唯一無二のエンターテイメントショーである今回の『ブラスト!』。日本公演では、誰もが知っている永遠のディズニー音楽とのコラボレーションということで、何が演奏されるのか気になるところだと思います。現在のところは、まだ予定の段階なので、曲目は変更になる可能性もありますが、公開されているプログラムを紹介しましょう!

  • 『美女と野獣』メドレー
  • 『ライオンキング』メドレー
  • 『アンダー・ザ・シー』(『リトル・マーメイド』より)
  • 『魔法使いの弟子』(『ファンタジア1940&2000』より)
  • 『ラプソディー・イン・ブルー』(『ファンタジア2000』より

誰もが知るディズニーの名曲ぞろいのラインナップを、『ブラスト!』の超絶技巧とステージングでどのように彩られるのか、期待が膨らみます。

ブラスト公演と曲の融合を体感しにいこう!

打楽器のリズム、金管楽器のシンフォニー、光と音と動きのおりなすパフォーマンス、言葉では伝えられない感動は、会場で味わいに行くしかありません。演奏をただ聴くだけではなく、目で、耳で、全身で曲を楽しむことができます。

今回の日本公演では、福生・東京公演、名古屋公演、大阪公演が決まっていて、すでにチケットも5月末から販売が開始されています。この機会にぜひ、『ブラスト!』とディズニーの楽曲コラボレーションを体感してみてくださいね!『ブラスト!』のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。