blast(ブラスト)追加公演決定!ミュージック・オブ・ディズニー

トニー賞&エミー賞を受賞した大ヒットパフォーマンスショー「ブラスト!」が、この夏「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」というタイトルでディズニーと夢の共演を果たします!本日は追加公演が発表されましたので会場や日程などをご紹介します。

アメリカ発のマーチングバンドをベースにしたパフォーマンスショー『blast(ブラスト)』は、ブロードウェイをはじめ全米で人気を博し、日本には2003年に初上陸。以来、実に9回の来日公演が実施されており、のべ100万人以上を動員している大人気のショーです。

打楽器や管楽器を動き回りながら演奏するパフォーマーと、バトンやフラッグなど大小様々な道具を操るダンサーたちが、ときに幻想的に、ときに超絶技巧を駆使しながら多彩な世界をつくりあげていくblast(ブラスト)ですが、2016年夏の公演ではなんとディズニーとの融合を果たし、『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』というタイトルで上演されます。

ただでさえ大人気のblast(ブラスト)に加え、ディズニーという要素も加わったことで、あっという間にチケット完売公演が続出。先日、各地での追加公演が発表されました。会場や日程などをご紹介します。

blast(ブラスト)追加公演<東京公演>

『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』の東京公演は、東京国際フォーラム ホールCで上演されます。2016年8月23日(火)~9月6日(火)の期間で貸切公演も含めて21公演が発売されましたが、完売公演続出のために2公演が追加され、全23公演での上演となっています。

東京国際フォーラムはJR有楽町駅からすぐの場所にある公的総合文化施設です。2つのコンサートホールや巨大な展示スペース、各種会議室などを備えた巨大施設で、国際コンベンションセンターとしての機能も有しています。blast(ブラスト)が上演されるのはホールCで、総収容人数は約1500名。3階構造になっており、最新の音響設備を誇る都内有数の劇場です。

blast(ブラスト)は毎回このホールで公演を行っているため、ファンもにとっても馴染み深い会場だといえます。blast(ブラスト)にとっても、ファンにとっても”ホーム”感のある東京国際フォーラム。まだチケットを確保していない方は、ぜひ追加公演にトライしてみてください。

blast(ブラスト)追加公演<大阪公演>

『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』の大阪公演は、オリックス劇場で上演されます。2016年9月8日(木) と9日(金) の2日間で3公演を予定していましたが、1公演が追加となり全4公演で上演されます。

オリックス劇場は、大阪府大阪市西区にある劇場です。総収容人数は約2,400席で、2012年にリニューアルして最新鋭の設備やバリアフリー対応など、隅々まで考えられた劇場として数々の公演を行っています。

大阪市営地下鉄四つ橋線四ツ橋駅をはじめ、複数の地下鉄の駅から徒歩圏内にあり、その好立地も魅力的な劇場です。

blast(ブラスト)追加公演<滋賀公演>

『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』のチケット券売好調を受け、2016年9月11日(日)の滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールが追加となりました。

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールは、滋賀県が245億円を出資して建設した本格的な劇場です。設備や音響の素晴らしさは国内有数と言われており、さらに琵琶湖のほとりという抜群のロケーションは他のホールの追随を許さぬ魅力があります。

blast(ブラスト)が上演されるのは総収容人数約1800名の大ホールで、世界に名だたる巨匠たちが指揮棒を振るい、数々のオペラが上演されてきた素晴らしいホールです。

ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニーのオススメ記事はこちら

『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』の追加公演をいますぐチェック!

blast(ブラスト)とディズニーの融合という夢のような公演『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』ですが、公演情報をいま知ったというあなたも決して遅くはありません。東京と関西で行われる追加公演のチケットをぜひチェックしてみてください。今年の夏もblast(ブラスト)と一緒に盛り上がりましょう!ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニーのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。