未知のコード感を持つBase Ball Bear(ベースボールベアー)のメンバープロフィール!

ポップなロックサウンドで人気のバンドBase Ball Bear(ベースボールベアー)。現在はニューアルバムを引っ提げたツアー「光源」が開催され、ますます勢いに乗っているバンドです。今回は、Base Ball Bear(ベースボールベアー)のメンバープロフィールや結成秘話などの情報をギュッとまとめてご紹介していきます。メンバーのプロフィールやバンドの結成秘話が気になるという方は、是非ご覧になって下さいね!

Base Ball Bear(ベースボールベアー)とは?

Base Ball Bear(ベースボールベアー)は、ポップなロックサウンドで若者を中心に人気を集めているロックバンドです。
2001年に同じ高校に通っていたメンバー同士で結成され、2006年にメジャーデビューを果たしました。
コード進行に特徴があることから「未知のコード感を持つバンド」として有名なほか、メジャーデビュー後からこれまでに2度にわたる日本武道館でのワンマンライブを成功させているなどの実力派バンドとしても知られています。
2016年3月に元ギター担当・湯浅将平さんの脱退があったものの人気は衰えることなく、2017年4月12日に新体制のメンバーで制作された7thアルバム「光源」はリリース後にオリコン週間チャート7位を記録しました。2017年6月から2018年1月21日にかけてはそのニューアルバムを引っ提げて行われるツアー「光源」が開催されています。
今回は、現在ツアー真っ只中の人気バンドBase Ball Bear(ベースボールベアー)のバンドメンバー一覧、プロフィール、結成秘話などバンドにまつわる情報をまとめてお伝えしていきます!

Base Ball Bear(ベースボールベアー)のメンバー一覧

Base Ball Bear(ベースボールベアー)の結成秘話ご紹介の前に、メンバーのプロフィールをご紹介していきます!

小出祐介(こいで ゆうすけ)

生年月日:1984年12月9日

血液型:A型

出身地: 東京都江戸川区

愛称: 「コイちゃん」、「こいちゃん」「こいさん」

Base Ball Bear(ベースボールベアー)のボーカル&ギター、作詞作曲を担当しており、バンドのフロントマンとなる小出祐介さん。
ギターとの出会いは中学1年生の時で、最初はフォークバンドを組んでいた父親のアコースティックギターを借りて弾いていました。
その後、父親から「ギターをやるならこれくらいできないと」と勧められたディープ・パープルのアルバム「ライヴ・イン・ジャパン」を聞いて影響を受け、エレキギターを購入したそうです。
現在ロックバンドのボーカル&ギターとして活躍している小出祐介さんですが、実は高校生の頃に「ラッパーになりたい」と思っていた時期があったそうで、Base Ball Bear(ベースボールベアー)としての活動の中で自身がリスペクトするヒップホップグループ・RHYMESTERとのコラボレーションも果たしています。
他にも、バカリズムの升野英知さんを中心とする「升野軍団」の一員であったり、かつて映画監督を目指していた程の映画好きであることからミュージシャン仲間と「映画部」活動を行っていたりなど、広い交友関係の持ち主であることが伺えます。
音楽に対してもとても勉強熱心な一面を持っており、現在師匠として尊敬しているミュージシャン・玉井健二さんに楽曲の構造についての指導やボイストレーニングを受けたり、プリプロに参加したりなどの活動をしていました。

関根史織(せきね しおり)

生年月日:1985年12月8日

血液型:B型

出身地: 埼玉県浦和市(現・さいたま市)

愛称: 「史織ちゃん」「関根嬢」

Base Ball Bear(ベースボールベアー)のベース&コーラス担当。

2012年2月14日に結婚を報告した、メンバー内唯一の既婚者です。

映画「リンダ リンダ リンダ」に出演したこともあり、その際ベーシストの女子高生役を演じていました。

可愛らしいルックスの持ち主で、チェコのアニメ作家・ズデネック・ミレルの大ファンでDVDボックスやマスコットなどのグッズを所有しているなど女性らしさに溢れる関根詩織さんですが、彼女の性格を知るメンバーからは「おじさん」扱いをされており、女性として見られることは少ないそうです。
ライブでは自身が大ファンというジェスロ・タルのイアン・アンダーソンの「フラミンゴ奏法」の影響を受けた、片足をあげて演奏する姿が定番となっています。

堀之内大介(ほりのうち だいすけ)

生年月日:1985年1月17日

血液型:A型

出身地: 東京都品川区

愛称: 「ホリくん」「堀之肉」「ホリ」「メッシュ」「ゴリラ」「ゴリ之内」

Base Ball Bear(ベースボールベアー)のドラム&コーラス担当であり、人懐こい性格の持ち主でバンドのムードメーカである堀之内大介さん。
イベントの打ち上げの最中にミュージシャンとして知られるエレファントカシマシのメンバー席に入って一緒に写真を撮るなど堂々とした行動を見せ、ロッキング・オンの山崎洋一郎さんを驚かせたというエピソードの持ち主です。
趣味は筋トレ・フットサル・プロレス観戦、高校生の頃には生徒会活動と共に応援団に入っていたなど熱血的な一面も。その姿から男性ファンを中心に人気があり、ライブでは堀之内大介さんの名前を呼ぶコールが起こります。
自身がラグランTシャツ好きであることから、ツアーグッズのラグランTシャツ制作も手掛けています。

元メンバー

  • 湯浅将平(ゆあさ しょうへい)

Base Ball Bear(ベースボールベアー)の元ギター担当。
2016年3月2日脱退。

バンド結成秘話・バンド名の由来


(出典:PAKUTASO)

人気バンド・Base Ball Bear(ベースボールベアー)はどのように結成されたのでしょうか?メンバープロフィールの次は、バンドの結成秘話とバンド名の由来をまとめてご紹介します。

バンド結成秘話

ボーカル&ギター担当・小出祐介さんは、中学3年生の頃に元ギター担当・湯浅将平さんと「THE MASTER PLAN」というバンドを組んでいました。当時は文化祭で演奏するなどの活動をしており、そこにはベース担当・関根史織さんも観客として訪れていたそうです。

文化祭の後、関根史織さんを含めたバンドが新しく結成されますが、当時のドラム担当のメンバーが「音楽性の違い」を理由に脱退してしまったことでこのバンドは無くなってしまいます。
その後高校1年生の時、ドラム担当・堀之内大介さんが所属していたバンドに他のメンバーと入れ替わる形で小出祐介さん、湯浅将平さん、関根史織さんという現在のメンバーが加入します。このバンドでは結成当初、文化祭へのライブ出演を目標にしていましたが、間近になって小出祐介さんと堀之内大介さんが衝突し、話し合いの末文化祭ライブで解散することが決定。

しかし2001年11月11日の文化祭当日に見事ライブを成功に収めた後、「このメンバーでバンドを続けたい」と考えた小出祐介さんが改めてメンバーを誘ったところ、メンバー全員のOKを受け「PLANET」というバンド名で活動がスタートします。
2002年、東芝EMIに送ったデモテープが当時ナンバーガールなどのスタッフを務めていた加茂啓太郎さんの耳に止まり、2003年11月26日にBase Ball Bear(ベースボールベアー)としてインディーズデビュー。
結成3年を目前とした2006年4月12日にはメジャーデビューを果たします。
メジャーデビュー以降は積極的なリリース活動やライブ活動を行い、定期的に日本武道館でのライブを行うまでの大物バンドとなったBase Ball Bear(ベースボールベアー)ですが、メジャーデビューから10周年にあたる2016年2月より突如湯浅将平さんと連絡が取れなくなってしまいます。
第三者を通じて本人の脱退意思を確認後、あらゆる方法でコンタクトを取ろうとしましたが叶わず、3月2日付で湯浅将平さんの脱退が発表されました。

湯浅将平さん脱退後3人となったBase Ball Bear(ベースボールベアー)ですがその人気は衰えることなく、2017年4月12日には新体制後初リリースとなった7thアルバム「光源」はオリコンチャート週間7位を記録、6月11日から2018年1月21日にはサポートギタリストに弓木英梨乃さんを迎えたツアー「光源」が開催されます。

バンド名の由来は?

インディーズデビュー前は「PLANET」というバンド名で活動していたメンバーですが、プロデューサーである加茂啓太郎さんに「バンド名はPLANETではダメだ。」と言われ改名することになります。
その際、小出祐介さんは歌手・Chocolat(ショコラ)の楽曲「ベースボルとエルビスプレスリー」という楽曲から「BASE BALL」というバンド名をつけたいと提案しますが、メンバーに猛反対され、湯浅将平さんに「BASE BALLにもう1つ単語をつけてくれ」と頼んだところ「BEAR」という単語が挙がったことから「Base Ball Bear」というバンド名に決定しました。
ファンの間では「ベボベ」「BBB」などの愛称で親しまれています。
馴染みが良く、覚えやすいバンド名ですね!

こちらの関連記事もおすすめです!

Base Ball Bear(ベースボールベアー)の今後の活動から目が離せない!

Base Ball Bear(ベースボールベアー)のメンバー一覧、プロフィール、結成秘話、バンド名の由来などバンドにまつわる情報をまとめてご紹介しました。
現在ツアー真っ只中であるBase Ball Bear(ベースボールベアー)。
2018年1月に予定されているファイナル公演まで、全力でツアーを突っ走っていってくれることでしょう!
彼らのライブが気になった方は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?
これからの活躍にも期待が高まりますね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。