中高生に大人気!back numberの人気PV・TOP15

中高生を中心に人気を博しているback number(バックナンバー)。2011年に「はなびら」でメジャーデビューを果たします。今や切ない歌詞を歌わせれば右に出るものがいないバンドです。今回はおすすめ人気PVの中でも、youtubeの動画再生回数を元にしたランキングTOP15をご紹介します。

中高生を中心に人気を博しているback number(バックナンバー)。その歌詞は切ない男性心理から、女性が思わず男性に言われたいものが詰まった曲がたくさんあります。

今回は、CDの売り上げではなくyoutubeにおいて、再生回数の多いback number(バックナンバー)の人気PVをご紹介します。

【大人気のback number(バックナンバー)の中でも、おすすめPVをご紹介します】

back number(バックナンバー)は3ピースバンドとして活動しており、2011年に「はなびら」でメジャーデビューを果たします。バンド名は、ボーカルの清水依与吏がバンドマンに振られたところから付けられています。振られた彼女から見れば、自分は「back number(型遅れ)」というのが由来です。

2005年からデモCDの発売や自主企画を開催し、2007年にはFM群馬主催の「ROCKERS2007」で100組以上の中から準ベストロッカー賞に輝きます。そこからミニアルバムの「逃した魚」を発表し、2011年にやっとメジャーデビューを果たすことになるのです。メジャーデビューした後は曲の売上を伸ばし、2013年に日本武道館でのワンマンライブも開催します。

徐々に人気を獲得してきたback number(バックナンバー)ですが、2015年には5thアルバム「シャンデリア」にてオリコンチャート1位を獲得しました。「シャンデリア」の中にはCMなどで使われたタイアップソングがたくさん収録され、特に「クリスマスソング」は月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の主題歌となってさらに注目を集めます。

今や切ない歌詞を歌わせれば右に出るものがいないバンドです。今回はおすすめ人気PVの中でも、youtubeの動画再生回数を元にしたランキングTOP15をご紹介します。

【back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVTOP15:ランク15位から11位まで一気に発表】

ここでは、back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVをランク15位から11位までを発表します。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク15位「日曜日」(2008年)

back number(バックナンバー)の5番目のシングル曲である「日曜日」です。オリコンチャートでは24位にランクインしました。PVに出てくる女性が魅力的で、歌詞も温かみのあるものになっています。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク14位「ハッピーエンド」(2016年)

16枚目にリリースされた「ハッピーエンド」は、2016年12月28日がベストアルバム「アンコール」にも収録される曲。映画の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の主題歌にもなっており、切ない原作にぴったりの歌詞となっています。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク13位「恋」(2012年)

4枚目のシングルとして発売された「恋」です。高校生の恋愛観がつづられた歌詞で、PVに流れる女子高生につい恋心を抱きそうになる1曲です。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク12位「高嶺の花子さん」(2013年)

8枚目のシングル「高嶺(たかね)の花子さん」です。タイトル通り、理想の女性を想う男性の思いが詰まった1曲です。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク11位「手紙」(2015年)

13枚目のシングル「手紙」です。大事な人へ直接言葉を伝えるのではなく、手紙を通して伝わることがあることを丁寧に歌った曲になっています。

【back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVTOP15:ランク10位から4位はこちら】

11位までも名曲が揃っていますが、ここからはさらに人気のあったback number(バックナンバー)のおすすめ人気曲をご紹介します。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク10位「思い出せなくなるその日まで」(2011年)

3枚目のシングルである「思い出せなくなるその日まで」です。元カノを忘れたくても忘れられない歌詞と共に、PVに出てくる女性が美しいためにより悲壮感が出ています。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク9位「stay with me」(2010年)

ファーストアルバム「あとのまつり」に収録された1曲。シーツや衣類をたたむ女性に対して、傍に居続けるという切ない歌詞がぴったりです。ストレートな歌詞はファンからの人気も高いものになっています。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク8位「SISTER」(2015年)

12枚目のシングルとして発売された「SISTER」です。ポカリスエットのCMにも使われた1曲で、自転車に乗る女性の爽やかなPVとマッチした曲になっています。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク7位「クリスマスソング」(2015年)

14枚目に発売されたシングル曲「クリスマスソング」です。会いたいけれど会えない切なさと共に、それをサンタの手を借りてでも叶えたいという曲に歌い上げています。ドラマ主題歌ということで売上も伸びた1曲です。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク6位「花束」(2011年)

2枚目のシングルとなる「花束」です。愛する女性を想って歌われた曲になっており、PVに出てくる女性も幸せな顔になっているのが印象的です。男性ならば大事な人、女性ならば大事に想ってほしい人をつい連想してしまう曲となっています。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク5位「わたがし」(2012年)

2012年の5月30日に発売された6枚目のシングル「わたがし」がランクイン。アップテンポながら、男性の切ない片思いが詰まっています。PVでは浴衣の女性が出てきますが、夏というシーズンもぴったりです。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVランク4位「繋いだ手から」(2014年)

記念すべき10枚目のシングルとなった「繋いだ手から」です。ジャケットに写る女性がPVにも出ており、歌詞も大事な人の存在を確かめる内容となっています。曲のテンポが良く、前向きになれる曲です。

【back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVTOP15:ランク3位】

ここからはback number(バックナンバー)の中でも、人気のあるおすすめ曲たちが登場します。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PV、3位「ヒロイン」(2015年)

11枚目のシングルとなった「ヒロイン」が3位です。youtubeでの再生回数と共に、back number(バックナンバー)の冬の時期を代表する曲です。歌詞の中にさらりと意中の人に刺さるフレーズがあるのも人気の秘密となっています。

【back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVTOP15:ランク2位】

youtubeの再生回数とファンの感想を総合的に見た2位はこちら!

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PV、2位「サイレン」(2015年)

2015年に発売したアルバム「シャンデリア」に収録された「サイレン」です。男女関係にヒビが入った状態を歌詞にしており、タイトルともマッチしています。PVもback number(バックナンバー)の演奏と共に、光が連続してフラッシュするかっこいいものに仕上がっています。

【back number(バックナンバー)のおすすめ人気PVTOP15:ランク1位】

back number(バックナンバー)の人気を押し上げたと言っても過言ではない曲、堂々の1位です。

back number(バックナンバー)のおすすめ人気PV、1位「青い春」(2012年)

7枚目のシングルである「青い春」です。「高校生」というドラマの主題歌に使われることで、back number(バックナンバー)の名前を一気に広めると共に売上数も伸びた曲となります。ドラマのタイトルにふさわしく、青春時代を生きる高校生の心情が見事に表現されているというファンの感想も多くなっています。

back number のおすすめ記事

【back number(バックナンバー)の人気は止まらない!】

大人気のback number(バックナンバー)の中でも、特におすすめしたい曲を1~15位までのランキング形式でご紹介しました。2016年12月28日発売日となっている「アンコール」は、back number(バックナンバー)初のベストアルバムになっています。今回のPVを確認して、1曲でも刺さるものがあればアルバム発売日に聞いてみることをおすすめします。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。