心に響く!back numberの人気おすすめ曲TOP15はコレだ!

「バクナン」ことback number(バックナンバー)。恋愛や人生など、若者の飾らない等身大の気持ちを歌うその歌詞は多くのファンの心をつかんでいます。本日はback numberの人気のおすすめ曲ランキングTOP15を動画やPV、ファンの感想などを交えてご紹介。

若者の心をつかむback number

メジャーデビューから5年、2016年末にはベストアルバム「アンコール」リリースも決まった「バクナン」ことback number(バックナンバー)。恋愛や人生など、若者の飾らない等身大の気持ちを歌うその歌詞は多くのファンの心をつかんでいます。

今回は、そんなback numberの人気のおすすめ曲ランキングTOP15を動画やPV、ファンの感想などを交えてお届けします!

back number人気曲ランキング第15位「思い出せなくなるその日まで」

(発売日:2011年10月)

「思い出せなくなるその日まで」はback numberの3枚目のシングルとして発売された曲で、大切な人がいなくなった悲しみを歌った歌です。

彼女が好きだった冬や雪の情景の歌詞が大切な人を失った寂しさを強めています。お互いがお互いの半分だと言うほどの彼女を失った、と歌う歌詞は彼女を失った辛さがどれだけ大きかったかが分かります。失恋したときに聞きたい、そんなファンの感想も多い切なさを歌った失恋ソングです。

back number人気曲ランキング第14位「日曜日」

(発売日:2012年5月)

「日曜日」はback numberの5枚目のシングルとして発売された曲で、TBSドラマ「スープカレー」の主題歌としても使われました。

この歌は恋人と過ごす幸せな日曜日を歌った曲です。昔はもっと大きい幸せや夢を持っていたのに、君と出会ったことで君がここにいること、君と美味しいものを食べることに変わったという歌詞がどれだけ「僕」が幸せに思っているかわかります。付き合い始めた恋人と二人きりで聞きたい、そんなファンの感想も多く聞かれる曲です。

back number人気曲ランキング第13位「黒い猫の歌」

(配信日:2016年8月)

「黒い猫の歌」はアニメ映画「ルドルフとイッパイアッテナ」の主題歌として使われた曲で、デジタルシングルとして配信リリースされた曲です。

いろいろな色を混ぜることで「黒」になる。いろいろな場所に行って、いろいろな人に出会って、いろいろな経験をして赤や黄色、青といった色を混ぜていくことでより自分らしさを作っていけるんだという歌詞の曲です。自分らしさってなんだろう?と悩んでいる人に聞いてほしいような、そんな曲です。

back number人気曲ランキング第12位「繋いだ手から」

(発売日:2014年3月)

「繋いだ手から」はback numberの10枚目のシングルとして発売された曲で、別れを告げる今になって「君」の大切さや一緒にいてくれる喜びに気づいたという歌です。

幸せな時はその幸せに気付かず、それを失って初めてその幸せや喜びに気付くことは良くあるでしょう。切ない失恋ソングですが、今の幸せを大切にしようと思わせてくれる曲です。

back number人気曲ランキング第11位「恋」

(発売日:2012年3月)

「恋」はback numberの4枚目のシングルとして発売された曲で、「Musicる TV」や「COUNT DOWN TV」のテーマとして使われたこともある曲です。PVにはモデルランナーとして知られている川口優菜さんが出演し、見どころのあるものになっています。

この曲は窓から片思いしている「君」を眺めている「僕」の想いを歌った曲です。君の好きなものも誕生日も知っているけど、君の想いも好きな人も知らない。好きだって早く言わないといけないのに結局今日も君と結ばれた妄想で終わってしまう・・・という、男性目線の片思いソングです。中学生や高校生の時にこんな片思いをしていた、と共感する男性のファンの感想も数多くある曲です。

back number人気曲ランキング第10位「幸せ」

nigehaji-koi-dance-choreo-pv02

(発売日:2011年4月)

「幸せ」はback numberのメジャーデビューファーストシングル「はなびら」の中の収録曲の1曲として発売された曲です。

密かに想いを寄せていた異性の友達。その友達は私ではなく他の人が好きで、想いもとどかない。でも、あなたの幸せを願っている。そんな切ない女心を歌った曲です。切ない片思いと失恋を歌った歌詞は「自分の恋愛と重ね合わせて泣いた」とのファンの感想も多い曲です。

back number人気曲ランキング第9位「青い春」

(発売日:2012年11月)

「青い春」はback numberの7枚目のシングルとして発売された曲で、フジテレビのドラマ「高校入試」の主題歌としても使われました。

思い悩んだり苦しんだり、葛藤しながら負けずに生きていくことを歌った歌詞の曲でまさに悩み多き「青春」の歌です。聞いていると現実や逆境に立ち向かう力が湧いてくる曲でもあります。

環境が変わったり、理想と現実の違いに苦しんだりしている人たちにぜひ聞いてほしい曲です。

back number人気曲ランキング第8位「SISTER」

(発売日:2015年5月)

「SISTER」はback numberの11枚目のシングルとして発売された曲で、「ポカリスエットイオンウォーター」のCMにも使われた曲です。

爽やかな曲調で、君が隠している痛みを知っているしそれがいつか力になるから負けないで、といった応援のメッセージが含まれている歌詞の曲です。傷つきながらも仕事に勉強に頑張るすべての人へ向けた応援歌になっています。聞いていると辛いことも乗り越えられるような曲です。

back number人気曲ランキング第7位「僕の名前を」

(発売日:2016年5月)

「僕の名前を」はback numberの15枚目のシングルとして発売された曲で、映画「オオカミ少女と黒王子」の主題歌としても使われた曲です。back numberの曲の中では「クリスマスソング」「ヒロイン」に次ぐ累計売上の人気曲でもあります。シングル初回盤にはPVやメイキング映像が特典として収録されています。

過去の辛いことのあった「僕」の名前を何度も呼んでくれたことで、「君」を好きになり僕は君のものだと言うまで好きになってしまったといった歌詞の曲です。過去に何か辛いことがあったけれど、それを癒やしてくれる相手が現れたといった歌詞はこういう運命の相手が欲しくなることでしょう。

back number人気曲ランキング第6位「わたがし」

(発売日:2012年7月)

「わたがし」はback numberの6枚目のシングルとして発売された曲で、「COUNT DOWN TV」のオープニングテーマとしても使われたことがある曲です。

好きな女の子をお祭りに誘えたのはいいけれど、手のつなぎ方も分からないし気を引ける話題もなくなってきたし見つめ方もわからない、そんなことにデート中に思い悩んでいるといった歌詞の曲です。

僕は君が食べているわたがしになりたいくらい君が好き、という表現が独特で素敵なこの歌。初めてのデートでこの歌のようにどうすればいいかをあれこれ考えた男性も多いのではないでしょうか?まさに青春といった初々しい雰囲気の曲です。

back number人気曲ランキング第5位「僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい」

(発売日:2015年12月)

「僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい」はback numberの5枚目のアルバム「シャンデリア」の収録曲の中の1曲で、back numberの曲の中で一番長い曲名の歌です。

この曲は片思い相手にフラれた「僕」が何でダメだったんだろうな、君のためなら全部捧げてもいいのにな、彼氏もいないはずなのにな等とあれこれ思い悩む歌詞の歌です。フラれた失恋ソングですが、最後は「また言ってみようかな?」と前向きな姿勢も見せていて、ちょっと元気が出る曲でもあります。フラれた人が聞けばちょっと前向きになれるかもしれない、そんな曲です。

back number人気曲ランキング第4位「高嶺の花子さん」

(発売日:2013年6月)

「高嶺の花子さん」はback numberの8枚目のシングルとして発売された曲です。PVは台湾撮影され、シングル初回版には見どころのあるメイキング動画が収録されました。

曲名通り「高嶺の花」である彼女のことを片思いする男性目線の曲です。あまりにも自分と釣り合いの取れない人を好きになったら「君の恋人になるような人は年上で背が高くてモデルみたいな素敵な人なんだろうな、自分なんて誘う勇気もなければ海に連れていく車もない」なんて自虐的に思ってしまうことは片思いをしてしまった男性ならばきっと共感できるはず。

偶然幸運が舞い込んで彼女が僕のものにならないかな、なんて結局都合の良い妄想だけで終わってしまう歌詞は他の恋愛を歌った歌詞ではあまり見られない歌詞です。ここまで男子の臆病な恋愛心理を描いた歌はない!というファンの声も聞かれる曲で、男子に贈りたい歌です。

back number人気曲ランキング 第3位「クリスマスソング」

(発売日:2015年11月)

「クリスマスソング」はback numberの14枚目のシングルとして発売された曲でフジの月9ドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』の主題歌としても使われた曲です。この曲でback numberのシングルでは最高のオリコン週間2位売上を記録しました。シングル初回盤にはPVやそのメイキング動画が特典として収録され、そちらも見どころのあるものになっています。

クリスマスに喜ぶ町や恋人たちの情景をバックに、彼女に好きだと伝えたいけど伝わらないと考える、そんな男性目線のもどかしい片思いを歌った歌詞の曲です。会いたい、横にいてほしい、どこにも行ってほしくない、自分のことだけを考えていてほしい、でもその思いは伝わらない、君は他の誰かと笑ってるのかなと考えて苦しくなるという切なさ。

片思いの経験のある人や現在片思い中の人にはこの切なさがわかることでしょう。冬に恋がしたくなるというファンの感想も多く聞かれる曲です。

back number人気曲ランキング第2位「花束」

(発売日:2011年6月)

「花束」はback numberの2枚目のシングルとして発売された曲で、TBS系の「COUNT DOWN TV」のエンディングテーマとしても使われていた曲です。

この曲はちょうど付き合い始めた頃を歌ったような、これから喧嘩したり色々あるだろうけど素敵な思い出を作りながら二人で一緒に笑いながら歩いていこうという男性目線での愛情を彼女に向けて歌ったラブソングです。

最近誰かと付き合い始めた人なら、この曲のような幸せな気持ちがわかるのではないでしょうか。聞いていると幸せな気分になれる曲です。

back number人気曲ランキング第1位「ヒロイン」

(発売日:2015年1月)

「ヒロイン」はback numberの11番目のシングルとして発売された曲で、JR東日本のCMソングとしても使われた曲です。back numberとしては最高のオリコン週間1位の売上を記録したアルバム「シャンデリア」の収録曲の1曲でもあります。

この曲は冬の情景の中で片思いの相手に踏み出せない臆病な恋愛を描いた歌詞の曲で、自分が相手に釣り合うとは思えず自信がなかったり、メール一つ送るのも勇気が出なかったり、映画や本を楽しんでいてもその中のヒロインに相手をいつも重ねてしまったり。

それでも君がいい、と純粋な恋心を歌っています。片思いをしている人なら「あるある!」と共感できそうな、愛しい相手に勇気を出せない切ない片思いの歌です。

back number のおすすめ記事

back numberの曲は魅力的なものばかり!

今回はback numberの人気のおすすめ曲ランキングTOP15を動画やPV、ファンの感想などを交えてお届けしました。

back numberの楽曲には誰もが思わず共感してしまうような等身大な恋心や思いを歌った歌詞の素敵な曲が数多くあります。是非ファンになってLIVEなどにも足を運んでみてください!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。