back number(バックナンバー)のオールナイトニッポンが終了!意外な理由とは…

back number(バックナンバー)がレギュラーパーソナリティを務めるニッポン放送「back numberのオールナイトニッポン」が、今年2017年3月28日の放送分を持って終了することになりました。1時から3時という深夜帯の放送時間にもかかわらず、赤裸々なトーク満載で数多くのファンがいた「back numberのオールナイトニッポン」。その終了の理由と新パーソナリティとなる星野源さんの情報をお伝えします!

back number(バックナンバー)のオールナイトニッポンが終了!意外な理由とは…



【画像:ニコニコ静画

初のベストアルバム『アンコール』が2017年の第31回ゴールドディスク賞・ベスト5アルバムに選ばれたback number(バックナンバー)。彼らが作り出す身近で誰もが共感できる恋のときめきや切なさを描いた楽曲たちは、多くの人々から支持されています。

そんなback number(バックナンバー)がレギュラーパーソナリティを務めるニッポン放送「back numberのオールナイトニッポン」が、今年2017年3月28日の放送分を持って終了することになりました。

1時から3時という深夜帯の放送時間にもかかわらず、人気番組だった「back numberのオールナイトニッポン」はなぜ終了するのでしょうか?

今回は放送中にメンバーが語った意外な番組終了の理由や、ファンの声をまとめてみました。

「このままじゃback number(バックナンバー)はダメになる」発言の意図は…?



【画像:GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0

2月28日(火)の「back numberのオールナイトニッポン」番組内で発表された番組終了のお知らせ。番組終了についてボーカルの清水さんは以下のように語りました。

「一言で言うと、このままだとback numberというバンドはダメなんじゃないかと思っている。もっと音楽に費やさなきゃいけないんじゃないかと思って。ひとりの男としても胸を張ってカッコいいでしょって言えるために、時間は必要だと思ったので、音楽により集中できる環境を作るために」

「もっともっといいback numberを聴かせるために、自分たちで決めました」

「普通に考えたらすごくバンドの状況もいいですし、恵まれた環境でやっているんですけども、ある意味俺はバンドにとって今がピンチだと思っていて。ある程度いろんな人が聴いてくれているという自覚が芽生えてしまったので、今までやってきたことをそのままやったら、古いものになってホントの“back number”になってしまう。自分たちのままで新しいback numberになるために、今のままじゃいけない。もっと音楽に費やさなきゃいけないんじゃないかと思った」

2月28日 ニッポン放送「back numberのオールナイトニッポン」より

音楽に集中し、さらに良い作品づくりができる環境を整えたいというback number(バックナンバー)のメンバーの想いからの決断だったようです。

清水さんの言葉からは、back number(バックナンバー)というバンドに対しての前向きな気持ちや、もっともっと良いものをリスナー、ファンに届けたいという気持ちが伝わってきますね。

毎回メンバーが身近に感じられるトークを楽しみにしていたファンも多いでしょう。しかし、こういったポジティブな気持ちが根底にあり、バンドをステップアップさせるための終了なら、back number(バックナンバー)がまた一回り大きくなってラジオリスナーのもとへ帰ってきてくれる日を待ちたいと思える人も多いのではないでしょうか。

また、番組は3月28日まで残り2回の放送を残していますので、聞き逃さないようにしたいですね!

放送終了にあたってのファンの声は…


【画像:GATAG|フリー画像・写真素材集 4.0

back number(バックナンバー)の次の火曜担当パーソナリティは星野源さんに!

3月7日放送の「back numberのオールナイトニッポン」では、番組の放送終了を知らせるとともに火曜日のパーソナリティが星野源さんになることを伝えました。

清水さんは番組を「少し前まで付き合っていた女の子」に例え、「気にならないと言いつつ、ちょっと前まで付き合ってた女の子の彼氏は気になるじゃん。しかも好きな女の子が心奪われてる感じの存在だから、事前に聴いちゃう感じがするね…月曜日を(笑)」と語りました。恋愛ソングの帝王と言われるback number(バックナンバー)らしい比喩で、可愛らしい印象のコメントですね。

星野源さんは以前からオールナイトニッポンのパーソナリティとして月曜日を担当。back number(バックナンバー)が卒業したあとは星野源さんが火曜日に引っ越しをし、新たなパーソナリティとして菅田将暉さんが月曜日担当となることが決定しました。

back number(バックナンバー)はラジオ内で以前にも星野源さんに対して親しみを込めた妬みコメントをするとともに「やっぱすげーな」など、アーティストとして実力を認めている発言をしていることもあり、「気になる」存在ではありながらも安心して番組を任せられるのではないでしょうか。

back number(バックナンバー)の他のオススメ記事

オールナイトニッポン終了後のback number(バックナンバー)の活動は?

2月25日の千葉県幕張イベントホールでの公演を皮切りに「All Our Yesterdays Tour 2017」をスタートしたback number(バックナンバー)。back number(バックナンバー)史上最大の規模となる今回のツアーは6月11日の沖縄コンベンションセンターを最終日とし、15会場30公演を予定しています。ラジオでback number(バックナンバー)の声を聴けなくなってしまったぶん、ライブに行ってback number(バックナンバー)を身近に感じたいものです。

また、今回「レギュラーパーソナリティ」というかたちでの出演は終了するものの、親交の深いアーティストの番組へのゲスト出演などは今後も期待できます。3人の和気あいあいとしたトークを聴けることを楽しみに待ちたいですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。