back number (バックナンバー) チケット
バックナンバーの花束 純粋な恋心をあなたは感じれるか?

back numberは群馬県で結成されたスリーピースロックバンド。2011年にメジャーデビューを果たしたロックバンドで、期待の新人として注目されています。

ラブソングに定評がある彼らですが、セカンドシングル「花束」は多くの人から愛されている名曲。そんな彼らの「花束」について、詳しくご紹介します!

back numberの珠玉のバラード「花束」

2011月6月にリリースされた「花束」はback numberの珠玉のバラード。メジャーデビューシングル「はなびら」から約2ヵ月のスパンでのリリースになりました。有線やラジオなどで頻繁に流されており、リリース前からかなりの期待が寄せられていました。

音楽番組「カウントダウンTV」のエンディングテーマとして起用されたこともあり、back numberの知名度をぐっと上げるきっかけになりました。

back numberのバラードの魅力

back numberというバンド名はボーカルの清水依与吏が付き合っていた彼女を奪われたことをきっかけに付けられました。

「back number」には「型遅れ」といった意味があります。清水や伝えられなかった思いや、彼女を失った時の感情を歌いたいという思いからバンドを結成しました。そのため結成当時の彼らの曲は失恋や叶わない思いがテーマになった曲が多く書かれていました。

「花束」はそれまでのback numberの曲とは打って変わって、これから続いていく2人の生活のこと歌った曲です。彼らの新境地を見せた楽曲として多くのファンの心を掴みました。

back numberの「花束」の歌詞に込められた世界

これから2人でやっていこうようという初々しさと、ありふれた幸せの感覚が会話調で綴られています。

男性的な情けない感じのする歌詞ですが、温かい幸福感に溢れた歌詞に多くの人が共感しています。

Cメロの部分にあたるこの歌詞で、それまでのback numberの楽曲との違いがはっきりと分ります。真っ直ぐこの人に向き合っていこうという気持ちが伝わりますね。

back number のおすすめ記事

back numberのライブはチケットキャンプで!

いかがでしたか?精力的な活動を続けているback numberの生のライブを見てみたくなった人も多いでしょう。チケットキャンプではback numberのライブチケットを取り扱っています。人気急上昇中の彼らの活躍をリアルタイムで感じてみましょう!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。