浜崎あゆみ チケット
アルバム売上枚数5000万枚!ランキング上位の名曲揃いの浜崎あゆみの名曲ピックアップ

浜崎あゆみは、珠玉の名曲たちが詰まったオリジナルアルバムをキャリア18年でこれまで17枚リリースしてきました。そこで本日は日本の歌姫・浜崎あゆみの今絶対聴いておきたいこのアルバム10枚と題し、彼女のキャリアを4つの時代に分類しながらご紹介していきます。

アルバムトータルセールス5,000万枚。常にオリコンのランキング上位に入ってきた浜崎あゆみですが実はこの売り上げ枚数、世界にも認められている歌姫 宇多田ヒカルも、幅広い世代から愛され続けるドリカムも、不動の人気を得ているサザンオールスターズでさえ成し遂げていないビッグ・レコードなのです。

つまり浜崎あゆみは「アルバム・アーティスト」といえるのではないでしょうか。自らアーティストイメージを作ってきた彼女は、アルバム1枚1枚のコンセプトから、収録する曲順まで細部にいたるまでプロデュースしてきました。

そんな珠玉の名曲たちが詰まったオリジナルアルバムをキャリア18年でこれまで17枚リリース。そこで今回は、日本を代表する歌姫・浜崎あゆみ今絶対聴いておきたいこのアルバム10枚と題し、彼女のキャリアを4つの時代に分類しながらご紹介。

ベストアルバムを聴けばもちろん彼女の魅力が丸わかりですが、それに頼らずじっくり彼女の音に耳を傾けてみませんか?

1999~2000年 浜崎あゆみ「創世期」 彼女を知る上でぜひ聴いてほしいアルバム3枚「A Song for ××」「LOVEppears」「Duty」

A Song for ××をAmazonでチェック!

1枚目のアルバムは歌手・浜崎あゆみの記念すべき第一作「A Song for ××」。アーティストデビューする前は、清純派女優として活動していた影響でしょうか、このアルバムもどこかアイドル的な要素が感じられます。

LoveppearsをAmazonでチェック!

そんな1stからわずか10ヶ月後の発売となったのが2枚目のアルバム「LOVEppears」。胸を隠すようにスーッと伸びる長い髪が印象的なジャケット写真も大いに話題となりました。

さてこのアルバムで特徴的なのが、前半が「疾走感」あふれる流れになっているということです。テクノサウンドにディスコ風なリズム、さらには民族音楽的な曲調のものまであらゆる歌が投下され、とにかくリスナーを圧倒し続けます。

その約30分間を聴くだけでも、手に取る価値はあるでしょう。「Fly high」「Boys & Girls」「TO BE」など全16曲が収録されてます。また「LOVE~refrain~」では音楽プロデューサー、つんく♂と共作したことでも知られます。

(出典:Amazonより)

続く3rdアルバムは2000年に発売された「Duty」。ここには、時代の寵児となった歌姫の孤独と葛藤が透けて見えます。それが如実に表れているのが同名の表題曲「Duty」の中の一節。 

……なんとも物悲しいリリックですが、若くしてカリスマ的存在となった彼女にとって、いつかはそのポジションが奪われてしまうのでは、という恐怖も人一倍感じているのかもしれません。

一方、9曲目に収録されている「SEASONS」は月9ドラマ『天気予報の恋人』の主題歌としても起用されました。王道とも呼べるコード進行に本格的なバラードが多くの共感を呼び、大ヒット。以上、浜崎あゆみを知る上でもぜひ聴いておきたい初期の3枚です。

2001~2003年 浜崎あゆみ「黄金期」 レコード大賞を3年連続で受賞していたときにリリースした2枚 「I am…」「RAINBOW」

さて、浜崎が打ち立てた数々の金字塔の中で今も燦然と輝くのが、「レコード大賞」3年連続受賞という快挙です。これは未だに破られていない大記録。

I am …をAmazonでチェック!

そんな絶頂期の2002年、浜崎は1月と12月にそれぞれアルバムをリリースしました。1枚目が4thアルバム「I am…」。そのイントロダクションでは表題曲が早速歌われるのですが、これがなんと浜崎のアカペラ。いきなり心をつかまされたあとも、これまた彼女の才能を感じさせる曲が続々と。

「UNITE!」「evolution」「NEVER EVER」「Daybreak」「M」…実はこれらいずれも彼女本人が初めて作曲を行った楽曲たちなのです。また、全曲通して聴いてみると、今も脈々と流れる「あゆロック」の原点を垣間見ることができます。

Rainbow (CCCD)をAmazonでチェック!

そして年末に発表したのが5thアルバム「RAINBOW」。「Free&Easy」「HANABI」など全15曲が収録されています。

またその中の1曲、「Voyage」をモチーフに、「GO」「世界の中心で、愛を叫ぶ」などのヒット作で知られる名匠・行定勲監督が浜崎あゆみを主演とした短編映画『月に沈む』を製作したことも大きな話題を呼びました。

さらにこのアルバムの聴きどころとしては初めて浜崎本人が手がけた「英語歌詞」が登場していることでしょう。さらにファンの間で鮮烈な記憶を残しているのが、「Close to you」、「Dolls」といった今までになかった壮大なバラードに挑戦していること。

曲調もそれまでのものとは変わり、これから迎える新たな時代の幕開けを感じさせてくれるアルバムといえます。

2004~2009年 浜崎あゆみ「変革期」 これまでの自分を振り返り、次のあゆへとステップアップしていく時代の2枚「MY STORY」「NEXT LEVEL」

MY STORY (通常盤)をAmazonでチェック!

2004年に発表された6枚目のアルバム「MY STORY」はまさに彼女の「ストーリー」が凝縮された1枚です。4曲目の「my name’s WOMEN」では

と、アーティスト浜崎あゆみである前に人間でありたい思いを切々と歌いあげ、16曲目の「winding road」では、

と過去を振り返っています。 こうして今まで全力で走ってきた自分を客観視する余裕も出てきたのかもしれません。 一方、今作で特徴的なのは作曲陣を総入れ替えし、重厚なロックスタイルの曲も多いことです。

NEXT LEVEL【初回限定生産】(2CD+DVD)(ジャケットA)をAmazonでチェック!

次のステップに進むために試行錯誤している姿をとらえることができます。そして2009年リリースの「NEXT LEVEL」は彼女にとって記念すべきデビュー10周年の最後を飾る通算10枚目のオリジナルアルバム。

まず驚きなのが、通常のCDやDVDつきといった形に加え、国内初の試みとなる「USBメモリ」でのアルバムも発売していること。そんないわばタイトル通り「ネクストレベル」な試みは、収録曲にも……。

2曲目に入っているアルバム表題曲「NEXT LEVEL」で、11年目のスタートを切る晴れやかな気持ちを歌った後は、バラード、ヘビーなギターサウンドか響くロック、ポップな曲、さらにはゴスペル調の曲と、常に安定を求めず挑戦を続ける彼女の姿勢がメロディにも表れています。

またPVも1曲1曲こだわっているのでDVDがオススメです。

2010~2016年 浜崎あゆみ「円熟期」 さらなる可能性を感じさせる2枚「love songs」「M(A)DE IN JAPAN-」

Love songs(ジャケットA)(DVD付)をAmazonでチェック!

2010年にリリースした12枚目のアルバム「love songs」は、ヒットメーカー・小室哲哉さんとがっぷり四つに組んだ1枚。ボーナストラックを抜いた15曲中9曲が小室さんが手がけたものです。

往年の小室サウンドが、あゆならではの深みのある歌詞とマッチし、新境地を築いています。もちろん聴きやすさは完璧。

その中で、3曲目に入っている「MOON」は、最初のオリジナルアルバム「A Song for ××」でもタッグを組んでいた作曲家・星野靖彦氏によるメロディ。初期のまだ何の色もついていなかった頃の優しい、そして切ない浜崎あゆみが見て取れます。

M(A(ロゴ表記))DE IN JAPAN(CD+DVD+スマプラ)をAmazonでチェック!

そして2016年6月にリリースされたのが「M(A)DE IN JAPAN-」。7曲目の「TODAY」は新人の作曲家と初対面で作り上げたという、今までの彼女にはないメロディラインを持った曲です。

一方で、原点回帰を感じさせてくれる曲も多く、ファンならずとも必聴の1枚です。そしてアルバムのタイトル通り、「琴」の音色が曲から聞こえる、「和」な1枚でもあります。

浜崎あゆみに関するこちらの記事もチェック

名盤ぞろい 秋の夜長に浜崎あゆみを聞こう

#anationisland #14 #RYANCHAN

A photo posted by ayumi hamasaki (@a.you) on

さまざまな女性アーティストが台頭する中で約20年第一線をひた走る浜崎あゆみ。そのアルバム1枚1枚に、彼女の表現者としての姿が刻まれています。

苦悩や葛藤、喜び……。17枚のオリジナルアルバムの中で、あなただけのとっておきの名盤を見つけてみてください。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。