絢香「Jewelry day」美しいメロディーラインの秘密

絢香(あやか)が「三日月」という楽曲でオリコンチャートを制し、見事に押しも押されもしない人気女性ヴォーカリストとして開花した2006年。その翌年に、この美しいメロディーラインを穏やかなサウンドに乗せた「Jewelry day」は発表されました。

ここで描かれているのは、幸せのかたち。

多くの彼女の人気楽曲のように人生との必死な闘いを綴ったものではなく、あたたかくリラックスしたムードで穏やかで幸せに満ちている楽曲で、これもまた彼女の歴史を語る上での重要曲となりました。

Jewelry dayをAmazonでチェック!

▶︎Jewelry dayをAmazonでチェック!

絢香の声の魅力を全面に押し出したレコーディング手法を採用した「Jewelry day」

作詞は絢香本人、作曲はプロデューサーとしてともに「I believe」や「三日月」などのヒット曲を生み出した西尾芳彦(にしお・よしひこ)。

心あたたまるアコースティックギターの音色がバッキングの中心にあり、絢香の声の魅力を最大限に前に押し出したサウンドメイキングになっています。

録音自体もヴォーカルに対するエフェクトはきわめて少なめ。リバーブでさえ控えめにレコーディングすることによって、ヘッドホンで聴いた時に耳元で歌われているように感じる、体温の伝わる作品になっています。

さながら洋楽スタンダード的な完成したメロディーが武器の絢香「Jewelry day」

この冒頭のさり気なさが、実に名曲の予感を与えてくれるのです。

そして幸せを描くために設定されたのは、幸せを失ってしまったあとの情景。その宝物のような日々を振り返ることによって、単なる幸せバンザイソングになることを防いでいるのですね。

幸せは、振り返ることによって初めて知ることが出来るもの……絢香「Jewelry day」

あくまで語られるのは幸せだった日々の幻影。失ってしまった状態を描いているのに、実に穏やかで幸せに聞こえるのは、絢香の声・歌いまわしが実にしっかりと前を向いているから。

たとえ今現在が不幸でも、過去に幸せがあり、この前にきっとまた幸せが訪れることを示唆してくれるところがこの楽曲のツボ。絢香の送ってくれるメッセージは失恋ソングでもこうしてハッピーさにあふれているのです。

絢香の他のオススメ記事

チケットキャンプでは絢香のチケットを取扱中!

さて、いかがでしょうか? 絢香のライブを見たくなってきたのではないでしょうか。やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるもの。もちろんチケットキャンプでは絢香のチケットも取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。