絢香「ブルーデイズ」はご等身大の女性をテーマにした曲

その和製ゴスペルともいうべき歌唱スタイルで絶大な人気を誇る絢香(あやか)

2010年にいったん活動休止したものの、今ではまた精力的な活動でファンを喜ばせています。そんな彼女のキャリア初期に発表されたセカンドシングル「melody〜SOUNDS REAL〜」を覚えていますか。

そこには表題曲の「melody」は当然ながら、今もライブでは人気の高いこのミディアムバラード「ブルーデイズ」が含まれていました。

アコギの音色の上に描き出した絢香だけの色「ブルーデイズ」

楽曲の作詞は絢香本人で、作曲は絢香の他にもYUI、家入レオなどの才能を見出しプロデュースした敏腕プロデューサーの西尾芳彦(にしお・よしひこ)。

基本のトラックはリズム隊を除くとほとんどがアコースティックのシンプルなもの。そこに絢香の歌声がどっしりとした存在感で乗り、知らない人がいたら必ずすすめたくなる魅力が溢れ出すのです。

ただ発表当時はこのシングル自体が5万枚限定生産ということで、ファン全員のもとに届いたわけではないと思います。

ゴスペル的高揚感をミディアムビートに乗せて〜絢香「ブルーデイズ」

当時の絢香はまだ「三日月」以前だったので、ほとんどの人が「I believe」での緊張感あふれるヴォーカルを武器にした女の子だと思っていた時代。

確かにギリギリまでピンと張った糸のような彼女のヴォーカルワークに惹かれた人もとても多かったのですが、実は彼女のスタイルはそれだけではありませんでした。

のちに「三日月」を筆頭に、ゆったりとした大ノリのヒット曲を生み出していく絢香。その萌芽はこの「ブルーデイズ」にあったといっても過言ではないでしょう。

絢香が描き出したリアルな喪失感に共鳴せざるを得ない「ブルーデイズ」

melody~SOUNDS REAL~をAmazonでチェック!

ロストラブソングとして実に等身大の歌詞を書いた絢香。誰もが実感してしまう、実感してもおかしくない、そんなリアルな魅力にあふれています。

そしてそんなごく普通の女の子の気持ちの代弁者としてのアイデンティティが、次第に育っていったのはこの曲がきっかけだったのではないでしょうか。

▶︎melody~SOUNDS REAL~をAmazonでチェック!

絢香の他のオススメ記事

チケットキャンプでは絢香のチケットを取扱中!

さて、いかがでしょうか? 絢香のライブを見たくなってきたのではないでしょうか。やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるもの。もちろんチケットキャンプでは絢香のチケットも取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。