ASIAN KUNG-FU GENERATIONサウンドのキーマンはギターの喜多建介!

日本を代表するエモ・ロックバンドのASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)。今回は、アジカンならではのサウンドを担っているギターを担当、喜多健介(きた・けんすけ)のご紹介です。

日本を代表するエモ・ロックバンドのASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)。その音楽性は日本のロックシーンに大きな影響を与え続けています。

そしてそのサウンドメイキングの中核をなすのが、爆音中心に奏でられるギターサウンド。この音がなくては始まらないというアジカンならではのサウンドを担っているのが、アジカンのギターを担当する喜多建介(きた・けんすけ)です。

ASIAN KUNG-FU GENERATION・喜多建介はギタリスト兼バンドのリーダー

ASIAN KUNG-FU GENERATION「融雪」

アジカンのほとんどの楽曲はゴッチこと後藤正文が手がけているのですが、この曲のように作曲を後藤とともに共作したりもしている喜多建介。通称はケンちゃん。

フロントマンとしてゴッチの存在感が大きいアジカンだけれど、実はバンドのリーダーは彼です。

ちなみに使用ギターはギブソン社のレスポール・スタンダード。それも赤のサンバーストばかり。ハムパッキングならではの図太いサウンドでアジカンの屋台骨を支えているのです。

ASIAN KUNG-FU GENERATION、性格的には弱々だけどギターは爆音・喜多建介

性格的にはおとなしいタイプのケンちゃんこと喜多建介。言いたいことも言えなくて酔っぱらってしまい失態を演じるところに定評があるところもご愛嬌です。

そんな彼は初期、ASIAN KUNG-FU GENERATIONを脱退しようとしていたこともあるのです。ゴッチがあまりに目立ちすぎるために、どうやら自分の居場所を見つけられなくて…ということらしいのですが。

それでも「リライト」や「サイレン」、「ループ&ループ」の人気曲を生んだセカンドフルアルバムの「ソルファ」が出た時点で、そうした迷いも解消した模様。ファンにとってはひと安心といったところですね。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのギターサウンドを構築する喜多建介の機材へのこだわり

アジカン・サウンドはみんなのお気に入り。しかし若いバンドが真似しようとすると思いもかけず難しい。というのもけっこう高い機材を使っているんですね。

中でも喜多建介はギターももちろん高いんだけれど、アンプにもお金がかかっているのです。Bogner(ボグナー)社のEcstasyというモデルなのですが、ヘッド部分だけでも60万オーバーの予算がかかるシロモノです。他にもボグナー・ユーザーだとB’zの松本孝弘やスティーヴ・ヴァイが有名。一見メタラーご愛用のマーシャル・アンプに見えますが、実は違うのです。

ちなみに60万円かけなくても3万円くらいかければ、同様の音効果を得られるエフェクターも市販されています。

アジカンの他のオススメ記事

チケットキャンプではASIAN KUNG-FU GENERATIONのチケットを取扱中!

さて、いかがでしょう? ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブで、喜多建介のギターサウンドを感じたくなってきたのではないでしょうか? やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるもの。もちろんチケットキャンプではアジカンのチケットも取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。