美女が野獣のように吠える!ARCH ENEMYのプロフィールプロフィールを徹底解剖!

ただでさえヘヴィ・メタルシーンでは珍しいブロンド美女を中心に据え、さらにその美女がデスヴォイスで歌うという、反則技に近いキャラクターで絶大な人気を得たARCH ENEMY(アーチ・エネミー)。かつてはアーク・エネミーと表記されていた時期もあったけれど、今は”アーチ”が一般的です。

そんなARCH ENEMYだけど、実は初期は男声ヴォーカルの極一般的なスウェーデンのメロディックデスメタルバンドの一つでした。

しかし、2代目ヴォーカリストがヤバかった! アンジェラ・ゴソウというブロンド美女がヴォーカルとして抜擢されたのです。見た目はハイファッションブランドのモデルさんみたいなルックス。なのに歌い出すと、何と<span style="color: #FF6600; font-size: 20px;"野獣の唸り声のようなデスヴォイスを披露。このコントラストにはメタル・ファン一同、見事にヤラれてしまったわけです。

ブロンド美女のデスヴォイスで一世を風靡したARCH ENEMYだったが…

ところがそんな紅一点でバンドの顔だった今年の3月に<span style="color: #FF6600; font-size: 20px;"突然の脱退表明。これにはメタル・ファン一同腰を抜かしました。

突然だった上に、アンジェラ・ゴソウは何と今後はアーチ・エネミーのマネージャーになるんだとか。別にソロ活動をするわけでもなく、すっぱりと音楽活動は辞めてしまうとか。もうびっくりの一言。

さらにそんなアンジェラは、今後のヴォーカリストも自ら連れてきたのです。それが、ジ・アゴニストのアリッサ・ホワイト=グラズ。本人のお墨付きで後任ヴォーカルを決めるなんて…なかなかとんでもないです!

ARCH ENEMY、今度のデスヴォ歌姫に抜擢されたのは青髪の美女!

アリッサ・ホワイト=グラズの実力は、さすがアンジェラ・ゴソウが自ら連れてきただけあって、クオリティも迫力も満点。

金髪は青髪になったけれど、変わらず凶暴なデス系シャウト・ヴォーカルで見事にバンドの要を引き継いでいます。

もちろんまだARCH ENEMYのメンバーとしてのライブ・パフォーマンスは場数が少ないので不安がないわけではないですが、本国のライブではかなりの盛り上がりようで、いっさいの心配はない模様です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。