ギタリスト兼MC!?andropを支える佐藤拓也の魅力に迫る!

集客力のある実力派バンドとして知られるandrop。メンバーの中でも、ギターの佐藤拓也さんの存在感は絶大です。ときにはボーカルの内澤崇仁以上にその存在が光るMCの面白さ、ギターを弾く姿が楽しそうで印象的であることなど、記憶に残る個性が人気です。今回は佐藤拓也さんについて掘り下げていきます。

音楽フェスでは全てのオーディエンスを巻き込むほどの圧倒的なパフォーマンス。ワンマンライブでは音楽と映像が融合した見事な演出。andropは、邦楽ロック界においてますますその存在感を高めています。2009年のサマーソニックで彗星の如く現れたバンドは、多くを語らず、メディアへの露出も控え、ただただ音楽と真摯に向き合ってきました。ボーカルであり、作詞・作曲を手掛ける内澤崇仁が中心となって結成されたこのandropというバンドは、実はギタリストである佐藤拓也の存在が大変重要でもあるのです。今回はandropのギタリスト 佐藤拓也のエピソードをいくつかご紹介していきましょう。

andropを支えるギタリスト、佐藤拓也、そのサービス精神溢れるMC

guitar-1180744_640

バンドのギタリストといえば、どちらかというと寡黙で、黙々とギターを弾いているというイメージの方も多いのではないでしょうか。ライブでMCをするのはボーカルが定番で、時々ドラムがツッコミを入れる…。というパターンも多いと思います。
andropというバンドは、もちろんボーカルの内澤崇仁がMCを務めますが、それと同じくらいにMCで活躍するのがギタリストである佐藤拓也です。
主にメンバー紹介を担当することが多く、それぞれのエピソードなんかも織り交ぜてくれることもあります。その他にも、そのツアーで起こった出来事や、過去にはバンド結成時のエピソードなども披露してくれたこともありました。
andropというバンドはベールに包まれた部分も多く、まだまだファンも知らないことが多いため、佐藤拓也のMCはファンにとって聞き逃すことのできない情報でもあるのです。

androp佐藤拓也、ギタリストとしての確かな表現力

ボーカル 内澤崇仁はandrop結成のいきさつについて以下のように述べています。

「ギターの佐藤(拓也)君とは前のバンドをやっていた頃に対バンしたことがあったんです。
ものすごく楽しそうにギターを弾く人で、ずっと印象に残っていたんですね。
プレイヤーとしてのスキルも高いし、曲作りもできるということで、まず佐藤君を誘いました。
その後、知り合いにベースの前田(恭介)君を紹介してもらったところ、前田君がドラムの伊藤(彬彦)君も連れてきてくれたんです。」
(引用:BARKS

ギター 佐藤拓也のことを「ものすごく楽しそうにギターを弾く人」だったと表現しています。
アーティストにとって、演奏が上手いか下手か、ということはもちろん大切ですが
それ以上に、印象に残る人、個性のある人であるということが非常に重要です。
確かに、音楽を聴いているリスナーの立場から見ても、印象に残るアーティストは
もう一度見たくなるし、何よりも心を動かされるような気がします。
実際にandropのライブを見ても、佐藤拓也がギターを弾く姿は非常に楽しそうで
どこか童心に帰ったような純粋さをも感じさせてくれます。
guitar-1396766_960_720
アーティストとは、音楽を通して多くの人の心を動かすものです。
それは想像以上に大変なことで、日々の練習や勉強のみによって上達するものではありません。
間違えずに上手く弾きたい、歌いたい、ただそれだけなら練習によって解決できるかもしれません。
しかし、人を感動させ、人の心を動かすための演奏の方法や歌い方は、誰に聞いてもはっきりとした答えを導き出すことはできないでしょう。

人を感動させるためには、まずは自分が心の底から「思いを伝えたい」、「分かって欲しい」、「楽しんでほしい」といったことを感じていなければリスナーには全く伝わらないものです。
andropのギタリスト 佐藤拓也は、演奏や作曲といったスキルはもちろん、ギターを弾く姿そのものが一つの表現となっていて、見る側をハッピーな気持ちにさせてくれます。

androp 佐藤拓也というギタリスト

ライブで見せる佐藤拓也のギターは、表現力豊かで多くのオーディエンスを熱狂させます。andropの命ともいえるメロディラインを支える彼のギターは、メンバーから絶大な信頼を得ているように、佐藤拓也でなければ表現できない唯一無二のものです。
2016年、アルバム「period」をリリースしたandrop。
「anew」、「note」、「door」、「relight」、「one and zero」、そして今回の「period」。
それぞれの頭文字を並べると「androp」となり、文字通り今回のアルバムは一つのピリオドとなる区切りの作品となりました。
しかしandropの4人にとって、これは1つの通過点に過ぎません。音楽に真摯に向き合ってきた彼らは、これからも日本のロックシーンにおいて
ますます進化し続けていくことでしょう。

andropのほかのオススメ記事

androp one-man live tour 2016やJ-WAVE THE KINGS PLACE LIVEのチケット取り扱い中!チケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。