新世代バンドとして大注目のandrop必聴アルバムベスト3!

その圧倒的クリエイティビティで、音楽にとどまらず映像作品としても評価の高いandrop(アンドロップ)の世界観...!!

バンドとしてブレイクする以前にも柴咲コウへの楽曲提供やプロデュースで、ロック通の注目を集めていた類まれな存在。

そんな彼らの完成度の高いアルバム(ミニアルバム含む)、ベスト3を選んでみました!

第3位 relight

relight (初回仕様)をAmazonでチェック!

この時点でのandropはまだまだ知名度が低い頃。もちろん各方面で高い評価は得ていたものの、一般的じゃ全然なかったし。

でもこのアルバムでわからせてくれたのは、彼らが光り輝く地点を必死に目指しているということ。初めてのフルアルバムなせいか、すごく力が入っていて、このアルバムが好きというコアなファンもたくさんいます。

収録曲の中できわめつけと言ったら、やっぱり「Bell」かな。

ゲームでありミュージックビデオでもあるみたいな仕掛けもあるけど、そんなのなくてもじゅうぶんに良曲。じわじわと焦らして最後に爆発する、この流れはやっぱりいいよね!

▶︎relight (初回仕様)をAmazonでチェック!

第2位 one and zero

one and zero(初回限定盤)をAmazonでチェック!

「period」が出来上がるまでは内澤自身が「今までで一番」と太鼓判を自ら押していたアルバム。「Boohoo」のような荒ぶる曲から新境地へ軽やかにチャレンジした「Human Factor」「Party」などなど、彼らのいろんな面が見られる作品。

先行シングルとして発表され、いわばとんがった音楽性で知られる彼らが生み出した泣かせるミディアム・バラードということで話題になった必聴のこの曲んも入ってます!

「Rainbows」

andropの持つ日常の感情を壮大に歌いあげるというコンセプトが、すっごく活きてる問答無用の良曲!

▶︎one and zero(初回限定盤)をAmazonでチェック!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。