安藤裕子 チケット
安藤裕子の海原の月から伝わる気持ちを感じてみよう!

その独特の雰囲気から多くの音楽ファンを獲得してきたシンガーソングライター、安藤裕子

アーティストとしてだけではなく、映画やテレビドラマに出演していることも話題になりますよね。

ここではそんな安藤裕子の人気作品の中から「海原の月」に注目したいと思います。彼女が織りなす不思議な世界、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

安藤裕子のヒット曲「海原の月」

海原の月 をAmazonでチェック!

安藤裕子の人気作品「海原の月」は、2007年10月17日に発売されました。

映画『自虐の詩』の主題歌に起用された本作は、表題曲に加えカップリングに「 Woman~Wの悲劇~」を収録しています。

安藤裕子の特有のゆっくりとしたひとつひとつの言葉を大切にして歌う歌唱法がとても素敵ですよね。

言葉数少なく丁寧に歌う、安藤裕子の「海原の月」の歌詞の世界を見てみよう

ここでは安藤裕子の人気曲「海原の月」の歌詞を見ていきましょう。言葉少なく綴るのが安藤裕子の歌詞の特徴ですよね。

「海原の月」も少ない言葉をメロディに乗せて届けてくれています。キスをしている時間を描いた「海原の月」。

こんな素敵な時間を味わってみたいものです。

「海原の月」

雰囲気たっぷり、安藤裕子の「海原の月」のミュージックビデオを見てみよう

ここからは安藤裕子の「海原の月」を動画と一緒に見ていきましょう。

ピアノの美しいアルペジオとシンセサイザーのパッド音で雰囲気たっぷりに始まります。

弦楽も入ることで楽曲により美しさが足されますよね。サビからはドラムなどの楽器が入り、バンドサウンドを形成します。少しずつ目が覚めていくように音が加わる編曲も絶品と言えるでしょう。

安藤裕子の「海原の月」を使った音楽フォト・スライドの動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、安藤裕子の「海原の月」を使って音楽フォト・スライドを作ったという動画です。

とても丁寧な動画に仕上がっていますよね。アーティストのことを本当に思っていなければ作ることのできない動画と言えるのではないでしょうか。

写真ひとつひとつの魅力が「海原の月」を通して伝わってきます。

海原の月 をAmazonでチェック!

安藤裕子のライブに行ってその空気を感じてみよう

安藤裕子の「海原の月」のご紹介、いかがだったでしょうか。彼女の作る独特の雰囲気が伝わってきたのでしょうか。ひとつひとつの音を大切に奏でる安藤裕子の姿勢はとても素敵ですよね。

チケットキャンプでは安藤裕子のチケットを取扱中です。ライブで見せる安藤裕子の雰囲気は実に魅力的です。彼女のライブに行ってぜひその空気を肌で感じてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。