メッセージ性が高い安室奈美恵のPV! おすすめシーン別にご紹介

特に女性から圧倒的な支持を受け、デビュー以来日本のトップアーティストとして不動の地位を確立している安室奈美恵さん。安室奈美恵さんのPVでは曲ごとに違う魅力的な姿がみられます。ここでは、PVのなかから特に魅力が伝わるPVを厳選してご紹介します。

デビュー以来、常に日本のトップアーティストとして活躍し続ける安室奈美恵さん。歌にダンス、キュートな顔だちと完璧なスタイル、そして強い意志を感じさせる安室さんの生き方は女性ファンを中心に圧倒的支持を受け続けています。

また安室奈美恵さんの曲は、ダンサブルなものから幻想的な雰囲気のもの、愛をしっとりとバラード調にうたいあげたものなどさまざま。それぞれのPVではまったく違う魅力的な姿を見せてくれます。

ここでは、安室奈美恵さんのPVをおすすめシーン別にご紹介します。

女性の共感得られること間違いなし! 安室奈美恵PV「GIRL TALK/the SPEED STAR」

「GIRL TALK/the SPEED STAR」は、安室奈美恵さんの単独名義では28枚目のシングルで、2004年10月14日に発売されました。

「GIRL TALK/the SPEED STAR」のPVは、公開された翌年2005年にMTV Video Music Awards Japan 2005 Best R&B Videoを授賞したという栄光に輝いています。

このPVではなんとも可愛らしい安室奈美恵さんが楽しめます。女性バックダンサー陣とかっこよく踊る姿と、かわいらしい笑顔を浮かべてゆったりする姿が混ざったPVとなっていて、女性の強さと優しさを感じられるので、なにか辛いときなどの気分転換にはおすすめのPVです!

思いっきり泣きたいときに見たい! 安室奈美恵PV「Love Story」

「Love Story」は恋愛と自分の道どちらかを選択する際の女性の葛藤と決意を歌った歌です。このPVを見ると男性との別れを決断する切なさに自然と涙が出てしまうかもしれません。

この曲はかつて月9ドラマ『私が恋愛できない理由』の主題歌にもなっていて、この歌詞通りラストは好きな人を取らずに仕事を選ぶ主人公の姿に涙したという女性も少なくないはず。

こちらもMTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2012で「最優秀女性アーティストビデオ賞(Best Female Video)」を受賞しています。自分自身の選択に不安を持っているときなどに見ると不安を一色してくれるのでおすすめです。

人生の勝負のときに見たい! 安室奈美恵PV「BRIGHTER DAY」

「BRIGHTER DAY」は、沢尻エリカ主演のフジテレビ系ドラマ『ファーストクラス』の主題歌として使用されました。

PVでは楽曲に込められた思いをシンボリックに表現していて、安室奈美恵さんが指先で描いた道は、誰もが自由に進むべき道を描く(選ぶ)ことができるというメッセージを表現しています。

また描いた軌跡がゴールドに輝きながら残ることで、選んだ道はいつでも輝いていることも表現していて、様々な場面で戦っている女性を応援しています。

自分が決めた選択は常に正しいと勇気をもたせてくれるPVになので、なにか悩んでいて踏ん切りがつかない方におすすめです。

不安でうつむきそうになったときに見たい! 安室奈美恵PV「Baby Don’t Cry」

安室奈美恵さん32枚目のシングル。本作は、ドラマ『ヒミツの花園』の主題歌に起用され大ヒットを記録しました。また、JOYSOUND「ポケメロ」CMのタイアップを務めるなど安室奈美恵の人気を象徴する作品です。

PVのコンセプトは「前へ歩き続ける人への応援歌」。映像ではPVのコンセプトどおり、常に前に歩き続けながら歌う安室奈美恵さんが描かれています。

安室奈美恵さんの姿を見ることで、あきらめずに前を向いて進もうという気分になります。さすがはカリスマ的存在を誇る安室奈美恵さん。彼女のPVからたくさんのパワーを得ることができます。

あらゆる表情を見せる安室奈美恵 厳選おすすめPV

おすすめのPVを「○○なときに見たい!」シーンごとに厳選してご紹介しました。常にストイックにかっこよく自分の人生を貫いていけるような女性の応援歌が多い安室奈美恵さんの曲。

PVで見せる女性の強さや、ふとした弱さ、さまざまな表情につい虜になってしまいます。

これからも女性のオピニオンリーダーとして常に活躍し続ける、かっこいい安室奈美恵さんの姿に目が離せません。

安室奈美恵ほかの記事をチェック♩

安室奈美恵の情報をチェックしよう♩

いつまでたっても女性の憧れの安室奈美恵さん。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。