aikoのキラキラ ドラマの主題歌でも起用されたその魅力に迫る!

1998年のメジャーデビュー以降、「花火」「カブトムシ」「初恋」など数多くのヒット曲を送り届けてきたシンガーソングライター、aiko

彼女の人懐こい性格などもあり、多くのファンを獲得してきました。もちろんaikoの作る楽曲のセンスは抜群ですよね。

ここではそんなaikoのヒット曲の中から「キラキラ」に注目したいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

aikoのヒット曲「キラキラ」

aikoのヒット曲「キラキラ」は、2005年8月3日に発売されました。

ドラマ『がんばっていきまっしょい』の主題歌にも起用され、大ヒットを記録。aikoがイメージしたというだけあって、夏にぴったりの楽曲ですよね。

また、カップリングには「ある日のひまわり」「より道」の2曲を収録しています。いつもカップリング曲にも注目の集まるaiko。これはぜひチェックしておきたいところです。

aikoの「キラキラ」の歌詞を見てみよう

ここではaikoの「キラキラ」の歌詞を見ていきましょう。

恋人を想って待っている、ちょっぴり切ないそんな場面が描かれています。aikoの描く等身大の主人公は、若い女性を中心に支持されていますよね。

「分かる、分かる」、思わず頷いているファンの方も多いのではないでしょうか。

「キラキラ」

aikoの「キラキラ」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはaikoの「キラキラ」を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのはミュージックビデオです。aikoのピアノ演奏シーンから始まるのが印象的ですよね。

どこかジャジーな音使いも楽曲に彩りを与えています。単純に見えながら、細部まで拘りを見せるaikoの「キラキラ」、素敵です。

aikoの「キラキラ」のドラムカバー動画をチェック!

続いてご紹介するのは、aikoの「キラキラ」をドラムでカバーしたという動画。

ドラマ『がんばっていきましょい』の映像がオープニングに使うという演出にも愛情を感じます。YouTubeでも上位に出てくるだけあって、その腕前はお墨付き。

数少ないパーツでも、叩き方でダイナミクスなどの表情をつけるドラミングが魅力的です。aikoのコピーバンドをやっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

aikoのおすすめ記事

aikoのライブに行ってみよう!

aikoのヒット曲「キラキラ」のご紹介、いかがだったでしょうか。恋人を想うそんな主人公の姿が浮かんできたのではないでしょうか。チケットキャンプならaikoのライブチケットを取扱中です。いつまでも可愛らしいaikoのステージ、ぜひ行ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。