「初恋」はaikoの異色ナンバー!切なく美しいブルージー・バラードを聞け

aikoの「初恋」は彼女としては異色なナンバー。

ブルースな泣きのギターソロで始まり、ドットタッタのリズムもまたブルース。なのに歌っているのはずばり「遠距離恋愛」。aikoが故郷に残してきた恋人のことを想って作った曲なのです。

普通だったら美しいピアノの伴奏に乗せて…といきそうなところをオッサン大好きなブルース系の曲調で作るなんてさすがaiko、一筋縄ではいきません!

aiko-hatsukoi05
(出典:音楽ナタリー)

「初恋」が描いたのはリアルな遠恋

初恋をAmazonでチェック

aikoの「初恋」についてご紹介していきます。

「初恋」は2001年に発表された楽曲で、aikoが上京してから間もないころに作られた曲。

彼女の地元にいる恋人への思いをつづっているロッカバラードで、泥臭いサウンドに繊細な彼女のメロディー、深みのある歌詞ということで遠恋中の女性のハートを直撃したナンバーです。

初恋をAmazonでチェック

遠恋のやるせなさをブルースに込めて

黒人奴隷という身分の中で満たされない思い、やるせない夢を描くために生まれたのがブルースという音楽。

遠距離恋愛というのもまた、手を伸ばして届くところにいない彼のことを思い、やるせない気持ちを持て余しているところは同じ。そうして見事にラブソングに昇華してしまっているところがaikoらしさ。

歌うときも決して笑顔の似合う曲ではないこの「初恋」、だからこそ同じ境遇の女子の胸を打つのかも知れません。

aikoの「初恋」の歌詞を見てみよう

aikoの「初恋」の歌詞を見ていきましょう。

まばたきをするのが惜しいな
今日もあなたを見つけるのに忙しい
悩んでるあたしはだらしないな
頭ん中妄想は思ったより大きい
胸をつく想いは絶えず絶えず絶えず
あたしはこれからもきっとあなたに焦がれる

これぞ遠恋中の女子の心の内を叫んでいると言って過言ではないでしょう。

aikoの「初恋」のミュージックビデオを見てみよう

aikoの「初恋」のミュージックビデオを見ていきましょう。

aikoが画面中央でシンプルに遠くにいる恋人のことを想って歌っていますね。

彼女の身を切るような辛い気持ちが伝わってきて、涙なしには見られないはず…。

aikoの他のオススメ記事

正直な女子の抱く気持ちが飛んでくるaikoのライブ

aiko-hatsukoi02
(出典:パンチャ男とドゥグン女のKな生活)

aikoの「初恋」のご紹介、いかがでしたでしょうか。aikoの楽曲の中では珍しいブルージーな曲。これはもうライブにいって実際に生バンドの演奏で楽曲を聞いてみることをオススメします。チケットキャンプでは、aikoのライブチケットを取扱い中です。ぜひ実際に足を運んでみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。